Employee

仕事辞めたい、行きたくない時に励まされる本21選

Aさん
Aさん

仕事行きたくなくて辛い。もはや辞めたい。少しでも元気になれて、気持ちを切り替えられる本ないかなー?

こんな方向けの記事です。

本記事の内容
  • 仕事辞めたい、行きたくない時に励まされる本21選
  • 仕事がつまらない→仕事最高!に変えるテクニック

どうも、miyanoです。

  • 仕事に行きたくなさ過ぎて、布団から起き上がる気力も湧かないくらい辛い
  • もはや仕事辞めたい
  • でもどうにか気持ちを切り替えたい

この記事にたどり着いたということは、あなたはこんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

miyano
miyano

めっちゃわかります。

現実逃避して、夜眠るのも遅くなりますし、毎日朝起きるだけで『ああ、今日も仕事だよ(絶望)』とテンション下がりますよね。

ということで今回は、そんな時に気持ちを切り替えるために、励まされる本をアンケートを取ってまとめてみました。

ちなみに僕の場合・・・

会社員時代は『仕事行きたくねぇ・・・』が口癖でした。

一時期は心療内科にも行きましたし、難病も発症したりと、一通り悪いことは経験してきています。

どうにか今ではフリーランスとして、毎日楽しく仕事できるまでになりました。(詳細はプロフィールにも書いていますので良かったらご覧ください)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

仕事辞めたい、行きたくない時に励まされる本21選【体験談アリ】

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由

働きすぎると正常な思考が出来なくなるという事を、教えてくれたので、そういった意味で励まされました。

残業と休日出勤をたくさんしていた時、仕事のために全てを捧げなくてもいいと思ったら、少し楽に考えられるようになりました。

今は仕事も大事だけど自分も大事にしようというスタンスで生活しています。

miyano
miyano

一時期Twitterでも話題になったので、知っている方も多いかもしれません。

働きたくないけどお金は欲しい

人間だれしも働きたくないと思う瞬間はあると思います。

特に人間関係や、上司部下との関係から仕事へ行きたくないと思う事も多いはずです。

しかし、日々生きていくためには絶対にお金が必要です。

どのようにして対価を得つつ、働きたくない気持ちを変えていくかが書かれた本で、参考になるとともに、励まされました。

7つの習慣

スティーブン・R・コヴィーによって書かれ1996年に出版された書籍です。

自分自身の考え方や、上手くいかなかった時の行動について、振り返ったり、今後についても考えることができます。

なので私は、気持ちの切り替えをする時に役にたっています。

バカと付き合うな

堀江貴文氏の著書は、何度も読ませて頂いております。

その中で、「バカと付き合うな」は読みやすく、自分が周りの人間よりも優越的な人間に思えるので勇気を頂ける一冊です。

夢をかなえるゾウ

何に対してもやる気がなくなった時に、この本を読みました。

読んでいるうちに、だんだん自分の悩みなんて小さいものなんだなーと思えてきました。

この本に書いてあることを私も実践してみようかなーと思うと、一つ一つクリアしていくのがだんだん楽しくなってきました。

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

実話で、最初の話では非常に熱心で親切な駐車場の警備員さんが登場します。

駐車場の警備なんて、やりがいのある仕事だとは思わない人もいるかもしれませんが、彼が退職する際には大勢の人々がプレゼントや花束を持って労いに訪れます。

仕事の価値や意味を決めるのは自分自身だと感じ、明日からまた頑張ろうと思うことができました。

嫌われる勇気

この本はアドラー心理学を元にした本です。

私には難しいように感じましたが、頑張って読みきりました。

今までの概念を全て覆すような内容でした。

「他人のために生きてるわけでもない」と言った教えは心が軽くなりました。

この本の内容を全て理解しているわけではないので、何度も読み直してさらに熟読していきたいと思っています。

7日間で身につける! アドラー心理学ワークブック

この本でアドラー心理学の「課題の分離」という考え方を学びました。

「自分がコントロールできる課題」と「他人にしかコントロールできない課題」をしっかりと分けて考えよう。

という内容なのですが、これを学ぶことで、無駄にストレスを抱えることが減りましたし、「もっと自分勝手に生きてもいいんだよ!」と励まされた気持ちになりました。

私の嫌いな10の言葉

仕事をしているとよく言われるような10個の言葉が「嫌いな言葉」として挙げられています。

なぜ嫌いなのかが書かれていますが、著者がバッサリと切ってくれているので、読むとスカッとします。

また、「嫌いでもいいんだ、周りと同じじゃなくていいんだ」と感じられ、励まされました。

スティーブ・ジョブズ名語録

スティーブ・ジョブズの言葉の中にあった「前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたからだ。」との名語録です。

人は他人と自分を比較するものです。

その中で苦悩や絶望を感じるものです。

けれどもこの言葉に出会って、他人ではなく自分を愛する事が前に進む原動力となりました。

幸福の一手

「努力が実る瞬間は絶対くる」、「自信のなさからくる謙遜は必要ない」 などの言葉が収録されています。

プロ棋士時代の最大のスランプを乗り切った人だからこその説得力があり、自分を信じる気持ちを強く持つ事ができ、また頑張ろう!という気持ちになりました。

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

仕事でミスをして、危うく大きな失態に繋がるところだった時、

上司に『君はメンタルが弱すぎる。そんなんじゃ社会でやっていけない』と言われ半泣きで帰宅。

私って本当にダメだという時この本を開いて読みます。

中にはよくわからない言葉もありますが「自分の弱さを認めた時人は前進する勇気が湧いてくる」等励まされます。

人間失格

太宰治さんが手掛けた本で、仕事に行きたくない時に私が読むようにしている本です。

人間失格と私は思っていたけど、読んでいて人間失格では無いと感じて、励まされた本になります。

先生に向いていないかもしれないと思ったときに読む本

大学のえらい先生でなく、現役教員の方々が書かれたものということで手にとりました。

全体を通してどの先生も繰り返されていたのが、「自分は先生に向いていないかもしれないと思える先生の方が、先生に向いている」という言葉でした。

完璧主義で、ひとつでも粗が見えると途端に精神的に崩れてしまう自分には、すごく暖かくしみる本でした。

12番目の天使

前を向いて諦めずに進んでいくことの大切さが心に響きました。

絶対あきらめたらダメ、前を向き、明るく日々を過ごす。

本当に強いとは、どんな事があっても、へこたれそうになって、もうダメと思う気持ちになったとしても、前を向き続ける力が、本当に強いと言えると思います。

ときどき意味もなくずんずん歩く

この本だけに限られたことではありませんが、宮田珠己さんの本はどの作品もアホ要素がちりばめられています。

ちなみに「アホ」はものすごく良い意味でです。

この作品は旅行や日常のことを書いたエッセイですが、一般的なそれと違い絶対退屈はしません。

笑って読んでいるうちに、こんな生き方もあるのか、と思えてきます。

ときめかない日記

恋愛に奥手すぎる主人公の頑張りを見て、現状をなんとかしたいと思ったら、実際に行動を起こさなくてはならないということを思い出します。

出会い系を試したりして四苦八苦している主人公を見て、やる気を出そうと思いました。

逃北 つかれたときは北へ逃げます

疲れてしまったら、一度気分転換するのが良い場合もあります。

普段生活している環境とは違う場所へ旅行に行くのも、良いかなと思えます。

私自身も最果て感のある場所が好きなので、実際旅行に行かなくても読んでいるだけですっきりしました。

ちょっとした異世界へ行くことができます。

ガール

30代の働く女性がテーマの短編小説集です。

年上だけど自分の部下になった男性に嫌がらせをされたり、シングルマザーだからと遠慮されたり、何かと戦う女性がリアルに描かれています。

感情移入して、一緒に腹が立ったり悔しくなったりしますが、最後は必ずスカッとする展開になっているので、「私も頑張ろう」と励まされます。

ハチミツとクローバー

それぞれのキャラクターが自由に行動し、仕事を本気で頑張っている姿を見ていると、自分もとりあえず外に出て楽しいことを見つけてみよう、と思えるようになります。

頑張りすぎてしまうあなたへ

結構前に読んだ本ですが、心をほぐしてくれる優しい言葉が書いてあり、無理やり自分を頑張らせなくていいんだなと思える内容でした。

表紙の字も柔らかいほっこりする字体で可愛らしかったので、それも癒されます。

【悲報】残念ながら仕事行きたくない、辞めたい時に本を読んでも意味ないです。

『本を読んで気持ちを切り替える』という対処法って基本的に「自分を騙してどうにか乗り切ろう」という方法ですよね。

それってすごく短期的な方法だと思うんです。

確かに『ちょっと行きたくないなぁー』くらいだったら、本に励まされて気持ちを切り替えることができるかもしれません。

でも、

miyano
miyano

朝起きた瞬間、これから仕事に行かなきゃいけないと思うと、絶望で起き上がる気力すら湧かない。

みたいな昔の僕のような方は、例え今日、短期的な対処方法で自分を騙して会社に行けたとしても、

明日以降も自分を騙して、この先ずっとそれを続けられるのか?

と言われると無理だと思うんです。

行きたくなる仕事ってなんだろう?

長期的に見たら、対処法を試すよりも根本的に行きたくなる仕事をすればいいですよね。

そうすれば、毎日モチベーションを保って楽しく仕事できると思うんです。

ただ当時の僕には、そもそも「自分がやる気を持てて、ワクワクしながら取り組める仕事って何だろう?」ということが分かりませんでした。

恥ずかしながら僕は今まで、「何も考えずにレールの上を歩いてきた」ので、どんな仕事に興味が持てるのか全くわからなかったんですね。

そんな状態で仮に転職を進めたとしても、いい結果にならないのは目に見えています。

ただ、『仕事に行きたくない』生活が続くのは絶対に嫌だったので、僕はどうにか解決できる方法を模索しました。

そしてどうにか今では、

miyano
miyano

働くってマジで楽しい!

と思えるようになりました。

Aさん
Aさん

じゃあ、俺はどうすればいいのよ?

という方もいると思いますので、ここからは、そんな僕がどうやって楽しく仕事をできるようになったかを紹介していきます。

僕が『仕事行きたくない!』から『仕事最高!』に変えた方法と体験談

僕が実際にやったのは、これです。

仕事に行きたくないと感じる原因を全て潰す

シンプルですね。

仕事に行きたくない原因が全て無くなれば、むしろ『仕事最高!』状態になれると思ったんですね。

ということでまずは、今の仕事に行きたくないと感じる原因や、仕事に対する不満などを全て具体的に書き出してみることにしました。

僕が『仕事に行きたくない』と感じていた原因

  • 仕事内容が好きではない=仕事内容に対する不満
  • 上司との人間関係に対する不満

こんな感じですね。

書き出してみると分かりますが、仕事に対する不満って結構シンプルなんですよね。

そして、これらを全て潰していけば、働くことに対する不満がなくなって『仕事最高!』状態になれるわけです。

これらの原因を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

仕事内容に対する不満を解決した方法

僕は元々、適当に仕事を選んだお陰で、仕事の内容が好きではない、興味が湧かない、という不満がありました。

僕が仕事内容に対する不満を解決した方法

自分の強みや得意なことを知る→それを活かせる仕事をする

miyano
miyano

いくら考えても仕事にしたいほど好きなことが思いつかなかったので、せめて自分の得意なことや強みを活かせる仕事をしよう、というアプローチですね。

今思い返すと、これはマジでやってよかったと思います。

というのも、自分の強みや得意なことを活かせない仕事では、イキイキと働くのは難しいんです。

例えば、自分が『初対面の人と話すのが苦手』なのに、飛び込み営業の仕事をしていたら、絶対に続かないです。

あとは、『物事を深く掘り下げるのが苦手』な人が研究職をしても、力は発揮できないはずです。

このように、自分に向いていないことを無理やりやろうとしても苦しいだけなんですよね。

そんな状態で、転職エージェントに登録して転職活動を進めたり、求人に応募したとしても、いい結果にならないことは目に見えています。

例えば僕の場合はこんな感じでした

例えば、僕は元々”プラントエンジニア”という、工場を建てる理系のブルーカラー職だったんですね。

この職業では特に大きなコミュニケーション能力が求められます。

社内の関係者はもちろんですが、

  • 機器メーカーの人
  • エンジニア
  • 職人さん
  • 外国人スタッフ
  • 百人規模のの外国人のワーカー

など、文化も人柄も異なるような人たちと、初対面でもコミュニケーションを取って動かして仕事を進めさせなければいけない職種なんです。

しかし、自分の強みや得意なことを診断してみたところ

僕は、交際範囲を大きく広げることは得意ではなく、初めての相手とは距離感をとって徐々に親密になっていくタイプ。

ということが分かりました。

miyano
miyano

薄々気づいてはいましたが、診断結果として出ると、やっぱりかー!と言う感じです。

つまり、当時の仕事は自分の得意なことをあまり活かせず、割と無理をして周りに合わせて仕事していたということですね。

『そりゃ不満を抱えていても仕方ないよね』って感じです。

僕も自分と向き合えたおかげで、今ではこんな感じでブログを書いて生活する働き方に移行することができました。(このブログも仕事の一環です)

なので、あなたにも強みや得意なことを活かしてイキイキ働ける仕事があるはずです。

『俺って今の仕事向いていないんじゃないか?』って方は、まずは自分の強みを見つけることから始めてみましょう。

自分の強みを見つけるための本

人間関係に対する不満を解決した方法

カフェで仕事カフェのテラス席でドヤ顔で仕事する僕(笑)。

前職では、職人気質の人が多い職場だったので、そういった人たちと合わなかったのも不満の原因でした。

僕が人間関係に対する不満を解決した方法

環境を変える

他人は変わらないので、自分で環境を変えるしかないと思ったんですね。

例えば、『昨日までクソだった上司が、今日突然いい人になっていた!』なんてことはあり得ないですから、自分で動くしかないんですよね。

ただ、”環境を変える”といっても、いろいろなパターンがあります。

  • 部署を変える
  • 会社を変える
  • フリーランスになる

などなど。

ただ、僕は『上司も嫌、会社も仕事も嫌い、そもそも人に雇われるのが嫌。』というわがままな希望があったので(笑)、会社員を辞めてフリーランスとして独立しました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

ちなみに、僕がやっているのは具体的にはこんな感じです。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

最初は副業として始めて、たくさん苦労もしましたが、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールにも書いていますのでよかったらご覧下さい)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

ここで重要なのは、

自分が何をしたいか、どうなりたいか→そのためにはこういった環境に変える必要がある

というロジックで考えることです。

『とりあえず転職すればどうにかなる』と思っている人も多いんですが、そうではないんですね。

まず自分がどうしたいか、がハッキリしていないとまた同じことを繰り返すことになりかねませんので、ぜひ参考にしてみて下さい。

僕のようにフリーランスを目指したい方向けのリンク

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、環境を変えるキッカケにしてみてください。

≫やらされない働き方実現のための初心者用教科書

1度きりの人生、後悔しない選択を

本記事でお伝えしたこと

  • 仕事辞めたい、行きたくない時に励まされる本21選
  • 仕事に行きたくない原因を全て潰そう

こんな感じですね。

ちなみに、『仕事に行きたくない原因』を全て潰した今では、無駄な仕事や人間関係に悩まされることもなく、『働くのマジで楽しい!』と思えるようになりました。

”原因を潰していく”にはたくさんエネルギーが必要ですが、1度きりの人生、あなたもぜひ後悔のない選択をしていってください。

僕のようにフリーランスを目指したい方向けのリンク

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、環境を変えるキッカケにしてみてください。

≫やらされない働き方実現のための初心者用教科書

miyanoって普段どんな生活してんのよ?という方向けのリンク

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら