business trip

海外勤務・赴任がしたくない!拒否した体験談まとめ

Aさん
Aさん

海外勤務がしたくないんだけど、もし赴任を命じられたら拒否できるんだろうか?体験談があれば知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 海外勤務・赴任がしたくない!拒否した体験談まとめ
  • 会社都合に振り回されない働き方のポイント

どうも、miyanoです。

海外勤務や海外赴任ってしたくないですよねぇ。

学生の頃は何故か海外で仕事することに憧れて、

miyano
miyano

俺、海外で働いているんだよねー。(キリッ)

って言ってるところを妄想していた頃もありましたけど、

1年の半年以上を海外で働くようなグローバル社畜になって、いざ海外で働いてみると、出張ですら行きたくない!って思うようになるわけですよ。

ましてや、いつ日本に戻れるか分からないような駐在や赴任なんて死んでも行きたくないわけですよね。

Aさん
Aさん

そうそう、辛い思いをする割には対してメリットもないし、独身で赴任になったら結婚できないかもしれないっていう不安もあるし、嫌なんだよねぇ・・・

miyano
miyano

めっちゃ分かります(笑)。

僕は今でこそ、起業キッカケで今の”誰にもやらされない働き方”に出会って、海外勤務とは無縁になることができましたが、

昔の僕のように、海外勤務したくなくて、もし会社に命じれらたら拒否したい!と思っている人も多いはず。

そこで今回は、そんな海外勤務したくないという人に、海外赴任を拒否した体験談をアンケートをとってまとめてみましたので紹介していきます。

出張ならまだしも、海外赴任だけはしたくない件。

上司
上司

miyano!ちょっとアメリカ行ってこい!

miyano
miyano

!?

当時、新卒でエンジニアとして入社して1年も経っていないにも関わらず、僕は突然の海外出張を言い渡されていました。

まあ海外勤務が多い会社だとは聞いていたし、それまで海外に行ったこともなかったので最初は結構楽しみだったんですよね。

英語力とか不安はありましたが、海外勤務は出世コースとも言われていたので、

miyano
miyano

海外で働けて、しかも出世コース。まあ不安もあるけどどうにかなるっしょ!

と、割と軽い気持ちで出張に行ったわけですよ。

しかし現実は、、、

仕事の拘束時間が長いのは日本と変わらず、

周りの環境が不便だったり、治安が悪いのでほとんど出歩けず、部屋に帰っても疲れているので食事をして寝るだけで日々が過ぎていく。。

一言で表すならば社畜(ハードモード)でした(笑)。

その後、どうにか半年くらいで日本に帰ってくることができましたが、もし将来的にあそこに駐在しろと言われたら、

miyano
miyano

あそこに駐在するくらいだったら、退職します。

って言ったと思います。

確かに、出張手当が出たのでそこそこ儲かりました。

でも、出張中にやったストレスチェックでは最悪の点数をたたき出しましたし、半年以上の長期になったら耐えられないだろうと思ったんですよね。

まあ今でこそ、プロフィールで紹介しているように、海外勤務とは無縁の”誰からもやらされない働き方”でお金を稼ぐことができて、退職に向けて動いていますが、

昔の僕と同じように、海外勤務や赴任を命じられたら拒否したい!って思っている人も多いと思います。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

ということでまずは、海外勤務や赴任がしたくなくて拒否した体験談をアンケートをとってまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

海外勤務・赴任がしたくない!拒否した体験談まとめ

5年間の海外勤務辞令が出ましたが、家族と親の介護を理由に断りました。

上司に話に行き、転職も覚悟している旨を話しました。結局は別の独身社員が行くこととなりました。

私は次の年に違う部署へ移動となりましたが、待遇はさほど変わらなかったです。前より少し残業が増えました。

ただクビにはならなかったものの、居づらかったため翌年自ら転職しました。

タイにある下請け工場への出向を命じられれましたが断固拒否した経験があります。

私は英語が苦手ですし、何よりお腹が弱いのです。海外先進国でも旅行先で水を飲むだけで腹痛を起こしてしまうほどです。

というわけで、身体が無理だと上司に訴え続けタイに行く危機を脱しました。

結局、この件がきっかけで上司との仲がこじれ退職。しかし、海外に飛ばされるよりマシなので一片の後悔もございません。

最初部署内の上司から呼び出され、アメリカ行きの打診があり3日間考えた末、上司に体調面で行く事が出来ないと拒否しました。

そして1ヶ月経って忘れた頃、今度は本部の別の上司に呼び出され、再度アメリカ行きの打診があり、同じように3日間考え、

その本部の上司にも体調面から行くことができないと伝えたのですが、既にもう決まっている、サラリーマンだから拒否できないと言われ、

これ以上拒否した場合、職場にいにくくなると思い仕方なく駐在先に行きました。結果やはり体調面から続けられず赴任後1年で仕事を辞めました。

テレビ関係の仕事をしていて、外国に研修に行くように言われました。絶対に嫌でした。

まず飛行機が怖い、そして私には生活を助けなくてはいけない祖母がいます。一週間以上は国を離れることはできません。

二つの理由を素直に話して上司に納得してもらえました。その後も首になるなんてことはなく、普通に業務を続けていました。

社長が勤務で外国に行くことになり、私は研修を兼ねた付き人を任命されました。

しかし、正直腰掛け程度にしかはたらいてない会社でそんな面倒は勘弁してもらいたいと想っていました。

拒否の理由は、実家の妹が子供を産んで、そのため家族のサポートがいることになったので兄の私が離れるわけにはいかないと丁寧に話しました。

それで納得してもらい、交代の人を立てただけで私の立場が悪くなることはありませんでした。

会社に中国の赴任を持ちかけられました。断ることにしたのですが、大きな理由は健康の面を考えて断りました。

中国に行くと健康被害料という手当が出るのですが、空気が悪いから先にお金を渡すというシステムでした。

よって私は健康を害するリスクが高いところで仕事をしろというのはパワハラでもなく殺人だと会社に訴えて赴任を拒否することができました。

中国にある子会社への出向を命じられました。前任者が定年退職を迎えることが要因です。

中国には行きたくないかったので、もうすぐ結婚すると嘘をついて拒否しました。

その後、数ヶ月で本当に結婚することなり嘘が本当になりました。

異動などもありませんでしたし、待遇も変わることはありませんでした。嘘から出たまこととはこのことでしょう。

数年前にとある発展途上国への海外赴任の要請がありました。

TOEICの点数など語学力が一定レベルを超えていたので、声がかかったわけです。

他方、当時、肝臓の持病がまだ改善していませんでした。発展途上国への赴任の是非について主治医に相談したところ、肝機能の数値が下がるまではダメだと言われました。

そのことを人事部局に話すと、そらそうだと、赴任後に何か生じた場合に会社側にも責任が生じることになるので、見送ろうとなりました。

その後の社内での待遇が悪くなるとか意地悪はありませんでした。

私の勤める会社が中国に新たな工場を作るということで、現地での教育係りとして1年間の海外赴任を命じられました。

しかし私は元々お腹が弱く、中国の食がどうしても体に合わず、赴任を拒否しました。

待遇は特に変わらなかったものの、代わりに中国赴任を任された後輩が、日本に戻ると同時に昇進し、今では私の上司となってしまいました。

タイにある子会社に海外赴任を命じられました。タイでの業務量が多くなることに備えての補助要員として私に白羽の矢が立ちました。

私は正直に行きたくないと言い、拒否をしました。海外赴任には興味がないこともありませんでしたが、タイはあまり行きたくなかったので拒否をしました。

その後、代わりに私の同期社員が海外赴任し、私はその同期が所属していた部署へ異動となりました。

海外の事業所で経験を積んできてくださいと言われた(2年ほど)。

最初は、「まじですか・・・わかりました」と言ったが、家に帰ってよく考えてみたら別に海外行かなくても経験積めることに気づいて、やっぱり嫌になったので、両親に相談。

翌日、上司に「家庭の事情で・・・」と、行けないことを伝える。会社の規定で正当な理由がないと断れないぞと言われる。

「もし、海外行くなら辞めることになります」と伝える。結局、上司は部長に相談し他の人に行かせることになりました。

とはいえ、そんな簡単に海外赴任の会社命令は拒否できない件。

海外勤務・赴任したくなくて拒否した人達の体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介された方はうまいこと対処されていますね。

とはいえ、いくら海外赴任したくなくても、いざ行きたくない!という意志を伝えようとすると、なんだかやっぱり言い出せない、という人も少なくないと思います。

Aさん
Aさん
そうそう、転勤って命令だし、それなりの理由がないと拒否できないんだよねー。
miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

会社命令を拒否したら転職するしかないし、我慢するしかないよな、、、

という感じで、自分の気持ちを押し殺してきましたが、今では「海外転勤したくねぇ。」という本音に素直になって退職の意向を伝えることができています。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

海外勤務したくなさ過ぎて起業したmiyanoの場合

僕は前述のとおり、新卒でエンジニアとして入社して1年も経っていないにも関わらず、突然の海外出張を言い渡され、理想とは全く逆の海外勤務を経験しました。

そして、

miyano
miyano

もうあんなところで勤務したくない!

と強く思うことになります。

もしかしたら中には、

Aさん
Aさん
嫌だとしても、仕事だから仕方ないよ。
Bさん
Bさん
苦痛を感じているのは自分だけではないし、仕事ってそういうもんだろ。
Cさん
Cさん
働けるだけでありがたいから、文句なんて言えないし。

と割り切って仕事をしている人も多いかもしれません。

でも僕は嫌でした。

会社都合で振り回されて、その時はどうにか割り切って続けたとしても、いずれ耐えられなくなる時が来るだろうと思ったからですね。

そして、

miyano
miyano

働き方を変えるしかないな、そしてそのためにはとりあえず今の会社を辞めないと。

と決意しました。極端ですね(笑)。

もしあなたが、同じような不満や苦痛を抱いているのであれば、一旦目を閉じて、この先ずっと割り切って仕事を続けていけるかどうか考えてみてください。

続けられないと思ったのであれば、どこかで今の働き方を変えていかなければなりませんね。

ただ、そんな不満だけでパッと仕事を辞められるほどハートが強くなかったんで、

まずは今の仕事を続けなければいけない理由を全て潰していこう思ったんですね。

そうすれば、『辞めない理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

・世間体

・転職しても会社の都合に振り回されない仕事に就けるか不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、不安なく辞めることができるわけです。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、ブログを始めてみることにしました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

具体的にはこんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は結構世間体を気にしてしまいました。

でも、これは上で書いたブログをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があります。

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみるといいですね。

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

転職しても会社の都合で振り回されない仕事に就けるか不安

最後に、「別の会社に転職しても、結局、会社の都合で振り回されてしまうんじゃないか?」という不安です。

正直なところ、この不安は最後まで付きまとっていたんですが、ブログで稼げるようになって、会社に依存せずに生きていけそうになったことで解決しました。

まあ今になって考えてみると、会社員として雇われている以上、大なり小なり振り回されることになりますよね。

なので、それがどうしても嫌だったら独立して生きていく以外の選択肢はないんですけどね。

でも当時はそんなこと全く意識していなくて、

会社から速足で帰ってきて、カップラーメンをすすりながら必死でブログを更新していたら、いつの間にか独立できるだけの収入になっていた感じです。

ちなみにブログは、別に誰かにやらされているわけではないので、おのずと主体的に取り組むことができます。

主体的に取り組めることを見つければ、「今までやりたいことなんて考えもしなかった僕」ですらワクワクしながら仕事に取り組むことができたので、「やりたいことが分からない」という人は参考にしてみてくださいね。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で仕事を辞める不安を解消し、海外勤務と無縁の働き方にシフトすることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、働き方を変えるキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら