WordPressサイトをSSL化する方法(Xサーバー編)

Xサーバー, WordPress, SSL化, HTTPS

 

どうも、miyanoです。

 

今回は、ワードプレスブログを

SSL化する方法についてお伝えしていきます。

 

ブログの記事数が増えてからやると、手順が増えて若干面倒になるので、

できればブログ構築初期段階で設定してしまいましょう。

 

慣れない人には難しく聞こえるかもしれませんが、

やってみれば案外簡単にできるので、動画を見ながらやってみてください。

 

解説動画では、エックスサーバーを利用している場合の方法を説明しています。

他のサーバーを利用していても、ブログ側の設定は共通ですので参考にしてみてくださいね。

 

 

 

WordPressサイトをSSL化する方法(Xサーバー編)【動画講義】

 

 

 

SSL化とは?

Xサーバー, WordPress, SSL化, HTTPS

 

まず、SSL化について軽く説明していきます。

 

SSLというのは、「Secure Sockets Layer」の略で、

インターネット上でデータを暗号化して通信する通信手段です。

 

SSL化すると、サイトのURLがhttp→httpsに代わります。

(このサイトもSSL化してます。)

 

Xサーバー, WordPress, SSL化, HTTPS

 

SSL化をすることによって、サイトの安全性や信頼性が向上するというのもありますが、

ネットビジネスをやるうえでは特に「SEO対策、サイトの表示」の部分でメリットがあります。

 

SEO対策に関しては、

GoogleがHTTPSをランキングシグナルに取り入れると表明していて、

現状SSL化しただけで劇的に変わるというわけではないんですが、

やらないよりはやっておいた方がいいですね。

 

また、Googleのクロームでは、

将来的にSSL化されていないサイトを「安全ではない接続」のような感じで表示しようとしているので、

ユーザーから見た信頼性の向上という意味でもメリットがあります。

 

デメリットとしては、基本的にサイト内の全てのURLをhttpsに置き換えるので、

サイトのコンテンツが増えてきてからだと修正にすこし手間がかかるということですね。

 

あとは、手順を間違えるとサイトにアクセスできないレベルの不具合になる可能性もあるので、

1つ1つ確実にやっていきましょう。

 

SSL化の手順

手順としては、以下のステップです。

 

(0. バックアップを取る)

1.エックスサーバー側での設定

2.WordPress側での設定

(サイトに反映されるまで1時間ほど待つ)

3.リダイレクト設定

4.ミックスドコンテンツの修正

(5.各種サービスの登録URL変更)

 

作業としては10~20分程度でできますが、

2と3の間に1時間ほど待ち時間があるので、

ある程度時間のとれるときにやった方がいいと思います。

 

1 エックスサーバー側での設定

まずはサーバー側で設定を行いましょう。

動画の通りに進めて頂ければ大丈夫です。

 

設定自体はすぐ終わりますが、サイトに反映されるまで

最大1時間程度待ち時間がでます。

 

2 WordPress側での設定

ワードプレスサイト側で行う設定は2つです。

 

2.1 サイトアドレスの変更

管理画面の「設定→一般」から

サイトアドレスとワードプレスアドレスを「https」に変更しましょう。

なお、ここで間違えると最悪サイトにアクセス出来なくなったりしますので慎重に行ってください。

sを大文字にしたりしてもアウトなので
しっかり確認しましょう。

 

2.2 記事内のhttpの置き換え

既にサイトに記事を投稿してある場合、

記事内のリンクや、画像のURLも「https」に置き換える必要があります。

 

手動でやってもいいのですが、数が多いと面倒なので

下記のプラグインを使います。

Xサーバー, WordPress, SSL化, HTTPS

プラグイン名:Search Regex

 

使い方は動画で解説してますのでご覧ください。

これを使えば、記事内の「http」は全て置き換えることができます。

 

3 リダイレクト設定

次に、「http」で入ってきたアクセスを

「https」に強制的に流す設定を行います。

 

真面目にやるのであれば、FTPに入って、

「.htaccess」というファイルにコードを追加する必要があるんですが、

私は面倒くさかったのでプラグインで設定しました(笑)。

Xサーバー, WordPress, SSL化, HTTPS

プラグイン名:Simple 301 Redirects

 

動画の通りに設定すれば、リダイレクト設定は完了です。

 

4 ミックスドコンテンツの修正

Xサーバー, WordPress, SSL化, HTTPS

先程の「Search Regex」というプラグインは、

記事・固定ページ中のアドレスを置き換えるもので、それ以外はまだ置き換わっていません。

 

特に、サイドバー、グローバルメニュー、ヘッダー、フッターなど

ウィジェットで編集している部分は

「http」のままになっているので、手作業で置き換える必要があります。

 

動画で解説している手順で置き換えていって、ページ内が全て「https」に置き換わっていると、

Chromeの場合、「保護された通信」ということで緑色で表示されます。

 

ちなみに、ミックスドコンテンツかどうかはページ単位で判断されます。

例えば、トップページが緑色になっていても、

ある記事のページに「http」のリンクとかが残っていたら、その記事のページはエラー表示されます。

 

なので、こだわりたい人はトップページだけでなく、

全記事のページをチェックする必要があります。

(これが面倒くさい(笑))

 

5 各種サービスの登録URL変更

基本的にここまででSSL化は完了なんですが、

もし既に、Googleアナリティクスや、サーチコンソール等に

サイトのアドレスを登録してある場合は、URLを更新しておきましょう。

 

Googleアナリティクスの場合、「管理」⇒「ビュー設定」から

「http」⇒「https」に変更すればOKです。

サーチコンソールの場合は、プロパティから、新規でサイトを登録しなおす必要があります。

 

WordPressブログのSSL化まとめ

いかがでしたでしょうか。

サイトのコンテンツが増えてきてからだと、エラーが起きても怖いし、

重い腰が上がらなくなるので(笑)

早めに設定しておくことをお勧めします。

 

【初心者向けアフィリエイト教科書を期間限定で無料プレゼント中!】