Employee

仕事行きたくない三年目ができる12の対処法と体験談まとめ

Aさん
Aさん

入社三年目で、最近仕事に行きたくなくて辞めたいんだけど、これって俺だけ?いい対処方法ないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 仕事に行きたくない三年目ができる対処方法と体験談まとめ
  • 仕事に行きたくないならまず自分と向き合うべき
  • 仕事に行きたくないのであれば選択肢は3つしかない

どうも、miyanoです。

  • 仕事がしんどくて会社に行きたくない
  • 人間関係が嫌でもはや辞めたい
  • やっぱ公務員にしておけばよかった…

この記事にたどり着いたということは、あなたはこんな疑問や悩みを抱えているのではないでしょうか?

miyano
miyano
めっちゃわかります笑。

僕も3年目の頃は、仕事に全く興味が持てなくなって、ひたすら時間が過ぎるのを耐えるような過ごし方をしていました。

ということで今回は、入社3年目で仕事に行きたくなくなった時の、原因や体験談とその対処方法をまとめてみました。

ただし、万人に効果がある対処方法なんてありません。

できるだけ多く紹介しますが、所詮一時しのぎです。

結論から言いますが、仕事に行きたくなかったら一旦休みましょう

無理をして仕事に行っても、何もプラスになりません。

休むためのコツ、自分と向き合うコツはこちらの記事でまとめていますので、手っ取り早く解決したい方はこちらをご覧下さい。

仕事に行きたくないなら休むべき理由【対処法は意味ありません】仕事に行きたくなくて、休みたいけど休めない人向け。本記事では、『仕事に行きたくない』ことに対する根本的な解決方法と、今休むべき理由を紹介していきます。...

ちなみに僕の場合・・・

会社員時代は『仕事行きたくねぇ・・・』が口癖でした。

一時期は心療内科にも行きましたし、難病も発症したりと、一通り悪いことは経験してきています。

入社4年目で退職し、今ではフリーランスとして、毎日楽しく仕事できるまでになりました。(詳細はプロフィールにも書いていますので良かったらご覧ください)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

入社三年目で仕事に行きたくない・辞めたいのはなぜか?

新卒1年目は新鮮なことが多くて、2年目でどうにか慣れてきてやってきたけれど、3年目になって何だか仕事がつまらなく感じてきてしまう。

僕もそんな経験があるのでよくわかります。

原因は人それぞれだと思いますが、僕の場合は、将来に希望が持てなくなったからということが原因でした。

3年目になると、節目感なのかわかりませんが「もう3年目かー」と、これから先のことを思わず振り返ったり、想像してしまいますよね。

僕の場合は、アメリカ出張中に、残業100時間ペースのなかで真夜中に帰宅途中、ふと広大な夜空を見上げた時に思わず、

miyano
miyano
俺はこんなところで何をやってるんだろう

とつぶやいた記憶があります。

これから先、何十年もこの仕事を続けていくことを想像したとき「ちょっと無理だなー」と思ってしまったんですね。

最初はそんな些細なきっかけですが、一度考えてしまったことはなかなかぬぐえないものです。

なんとなく将来に期待が持てなくなると、

miyano
miyano
今の仕事をやっていても意味があるのか?

と自問自答し始め、「今の仕事はつまらない」という思いが強くなってきました。

まあ僕はそもそも、やりたいことがなくて、とりあえずよさそうな企業に就職しておけばいいやと安易に仕事を選んだおかげで、仕事の内容には最初から興味がなかったんですがね(笑)。

結局、それも耐えられなくなって4年目で退職してしまいました。

今ではフリーランスとして充実した働き方ができていますので、後半でそのポイントもお伝えしていきますね

さて今回は、そんな三年目で仕事に行きたくなくなった時の体験談と対処方法をアンケートをとってまとめてみました。

三年目で仕事に行きたくない時の体験談と対処方法まとめ

言われたことをメモする

入社3年目で配置された部署の雰囲気になじめず、会社に行きたくなくなった事がありました。

何かトラブルがあるたびに、部署の経験が浅い自分が真っ先に疑われ、他の人のミスまで自分の責任にされた事もあります。

ある時、この理不尽な状況から抜け出そうと決意し、上司や先輩からの指示を毎日徹底的に記録する事にしました。

何か言われても手元に記録があるので「その業務は指示されていません」と毅然と返す事ができます。

すると疑われる回数も次第に減り、反対に「指示を絶対に忘れない人」として上司から信頼されるようになりました。

旅行に行く

証券会社に入社し、3年目に同じ業務の中で同じことばかりを行っている自分に飽きていました。

空虚で虚しさややりがいの無さを感じていました。

そんな時、友人から「旅行に行くけど、一緒にどう?」という誘いがあり、同行することになりました。

初めのうちは旅行には興味がありませんでしたが、非日常を体験するうちにやる気が湧いてきました

それからは「何の為に?」よりも、「どうしたいか?」を想うことにし、いろんな時間を楽しみに過ごすことができています。

miyano
miyano

非日常を体験するとストレスもリセットされますよね。

僕もこの前、起業家仲間と山中湖に行ったんですが、いい気分転換になりました。


空気が澄んでいて富士山もよく見えました。

お世話になった人を思いだす

入社3年目ともなると後輩も入ってくる頃です。

ただ、自分のことで手いっぱいだった私は、後輩の面倒を見ることになり、心身ともに疲れ果て、次第に仕事に行きたくなくなってしまいました。

でも自分も新人だった頃、諸先輩方に親切にしてもらって今があることを思い出し、目の前の事柄を一つずつ解決していくことで乗り越えることが出来ました。

将来のためのスキルを磨く

日常業務にすっかり慣れた入社3年目、業務のマンネリ化に飽き飽きしていました。

重い腰を上げ職場に行くも、一日が永遠のように感じられる日々でした。

もともと海外で働いてみたいと思っていたため、退勤後英会話学校に行くことにしました。

美男美女で優しい外国人講師に恵まれ、仕事後の1時間がとても楽しみになりました。

そして仕事は海外に向けた資金調達と割り切ることで行きたくない病からも抜けられ、翌年無事にアメリカで働くチャンスを得ることができました。

miyano
miyano

ポジティブでいいですね。僕は行きたくもないのに海外に飛ばされた側なので、もう海外で仕事したいとは思わないですが(笑)。

海外出張ってカッコイイ!と思っているあなたに現実を突きつける記事 という幻想をぶち壊す記事です。笑 どうも、miyanoです。 なんだか物々しいタイトルになってしまいました。 ...

お気に入りの音楽を聴く

新人があまりも使い物にならなく、それを指導するのが馬鹿らしく思えてきました。

それがちょうど三年目のことです。それでも行かないといけません。

その時は気分を明るくするために、お気に入りの長渕剛の曲を聞いて自分の中の情熱を燃やしました。

精神面の鼓舞が大事です。

miyano
miyano

たかが音楽、と思われるかもしれませんが、結構モチベーション変わってきます。ちなみに僕は今、あいみょんさんのマリーゴールドを聴きながらこの記事をバリバリ書いています。

仕事終わりの楽しみを見つける

単調な会社生活に飽きて行く気が失せていました。

そこで気分転換に会社終わりに社交ダンスに行くようになりました。

疲れるけどよく眠れて、次の日はさっと起きれるようになりました。

会社終わりの楽しみが出来たので、その後は仕事も頑張れるようになりました。

3年目になるとある程度仕事にも慣れ、後輩も入社して少しは責任感を持たないといけず、それがプレッシャーになって出社が億劫になっていました。

ストレスを発散すればいいと思い、仕事終わりにボルダリングを始めました。

無心で夢中になれるし、頭の回転力も備わるし、とにかく達成感でスッキリします。

何か習い事を始めるのも気分転換になるのでお勧めです。

miyano
miyano

楽しみが1つあるだけでも違いますよね。

こちらの記事に、仕事終わりのおすすめの過ごし方をまとめているので、もっと知りたい方はご覧ください。

独身男性に送る平日仕事終わりのただ2つの過ごし方平日仕事終わりを有意義に過ごしたい独身男性社会人向け。本記事では、有意義な平日の過ごし方のパターンや具体例、ポイントについても紹介しています。...
独身女性に送る平日仕事終わりのただ2つの過ごし方平日仕事終わりを有意義に過ごしたい独身女性社会人向け。本記事では、有意義な平日の過ごし方のパターンや具体例、ポイントについても紹介しています。...

副業

会社経営が傾き、ここい勤めても未来がないと思い、それで行きたくなくなりました。

それでもせっかく就職したので辞めずに、暇な時間で出来るパソコンでの副業をはじめました。

するとこれが案外稼げて、本職の会社にいる時でも気分がいくぶんか楽になりました。

miyano
miyano

実は僕もこのパターンで辛い時期を乗り切っていました。詳細は後半でお伝えしますね。

継続可能:副業歴2年半の僕がおすすめするサラリーマン向け副業まとめサラリーマンが継続できるおすすめの副業や注意点が知りたい人向け。本記事では継続しやすい副業の基準とおすすめの副業をまとめました。副業を継続したい方はぜひお読みください。...

考え方を変える

入社三年目くらいで課長がなにやらいつも不機嫌で、周りにも喚き散らすので不快になり、会社をサボりたくなりました。

その時、とある本を読んでいると、

【誰でも自分より下、なんならアリくらいに思えばいい。そうすれば何を言われても気分が楽】と書いてありました。

そうしようと想い、それ以来は課長がアリのごとく小さな者と想って仕事しています。

すると気分はいつでも楽でした。

転職サイトを眺める

入社3年目の私に突如として起こった部署移動。

自宅から車通勤で15分で通っていた私は、1時間半もかけて通うことに嫌気がさし、仕事に行きたくなくなってしまいました。

しかし、転職サイトの求人情報を閲覧しているうちに、やりたい仕事に打ち込めているだけ恵まれているという現状に気付きました。

そして、移動中は趣味の音楽を流すなど、楽しみを見つけて乗り越えることが出来ました。

miyano
miyano

確かに、転職サイトの募集とか見ていると、案外うちの会社って悪くないのかもな、と思い直すこともありますよね。

信頼できる人に相談する

私が入社三年目で仕事に行きたくなくなった原因は、仕事の役職が変わったからです。

それでも行かなくてはならないので、毎朝行く前に実家の母親に電話をかけて、言葉をかけてもらうようになりました。

そうすると気持ちが落ち着いて、どうにか仕事に行けるようになりました。

入社から3年経つと、仕事内容や環境に慣れ、日によっては退屈な日もありました。

若い時は、もっとやりがいのある、お給料や待遇の良い職場に憧れる時期がありました。

その時は、当時交際していた彼女に相談し、やりたいことがあるなら転職もいいんじゃないかと背中を押してもらました。

今はまた違う安定した職に就いています。

入社したばかりの時は、頑張ろうとやる気を持って働いていましたが、パワハラ上司の下で働くことになり、3年目で会社に行くのが本当に嫌になりました。

始めの頃は、指導の一環だと思いながらも我慢していましたが、周りを罵倒し、弱いものに対する威圧的な姿勢にうんざりしてしまいました。

嫌で仕方なかった毎日でしたが、若い仲間で集まって飲み会で相談しあったり、悪口を言いまくり発散。

上司のおかげで、周りとの結束か強くなり、上司の異動が出て乗り越えました。

miyano
miyano

デキる上司、年の近い先輩、同僚、総務や人事など、相談できる人はたくさんいます。

まずはそういった人たちに話を聞いてみるといいですね。

ズル休みして一旦仕事から離れる

仕事にも慣れてきた頃で、変化のない環境に嫌気がさしてきたことが原因でした。

ちょうどインフルエンザが流行っていた季節で、社内でも数名がインフルで休んでいたので、自分も仮病でインフルと偽って一週間ほど休みました。

同じ部署の方々が心配してメールや電話をくれて、その優しさに感動しました。

一週間休んで仕事から離れたことと、会社の人の優しさに触れてすごくリフレッシュ出来ました。

そして、仕事がある有り難みを実感できて、その後は気持ちよく仕事に復活出来ました。

miyano
miyano

僕もこれは大賛成です。一旦仕事から離れて自分の価値観と向き合うことで、モチベーションが復活することもありますので。

転職する

人間関係がこじれすぎて嫌悪なムードの会社になってしまったので行きたくなくりました。

そこで退職願を出し、そこよりも遥かに給料の良い会社に転職することにしました。

それ以降は仕事に行くのが嫌だということもなく平和な日々を送っています。

miyano
miyano

転職すること自体はいいんですが、僕は、転職する前に”自分と向き合って価値観を明確にする”ということをお勧めしています。

スポンサーリンク

三年目で仕事に行きたくない・辞めたいなら、まず自分と向き合うべきです。

三年目で仕事に行きたくないのであれば、まずやるべきは『自分と向き合うこと』です。

この手の話題になると、

  • 転職するのは普通ですよ
  • 今転職しないと後悔しますよ

いきなり転職サイトやエージェント、退職サービスを進めるクソサイトがあふれていますが騙されないでください。

確かに、最終的に”転職が最善の選択肢”になることもあります。

しかし、自分と向き合って価値観を明確にせずに転職しても、結局同じことを繰り返します。

例えば、”今すぐ転職活動をしましょう”となったときに、

  • どんな会社や仕事が自分にとって最善なのか?

その理由まで確信をもって答えられますか?

1度地獄を見たあなたなら『知名度があって、給料が良くて、仕事が楽な会社行きたい!』みたいな就活生みたいな答えは出てこないはずです。

この問いに対してパッと答えられないのであれば、

あなたが今すべきなのは、転職サイトに登録することではなく、一旦休んで自分と向き合うことです。

Aさん
Aさん

でも、なかなか休みが取れないです。

Aさん
Aさん

休んだとして、どうやって自分と向き合えばいいか分からないです。

という方は、こちらの記事に答えが書いてありますのでご覧ください。

仕事に行きたくないなら休むべき理由【対処法は意味ありません】仕事に行きたくなくて、休みたいけど休めない人向け。本記事では、『仕事に行きたくない』ことに対する根本的な解決方法と、今休むべき理由を紹介していきます。...

ここから下は、自分と向き合って、なぜ仕事に行きたくないか、が分かってから見ることをお勧めします。

【結論】三年目で仕事に行きたくないのであれば取る道は3つしかない

僕の場合は前述のとおり、将来に希望が持てない環境だったので、仕事に興味が持てなくて、ひたすら耐え忍びながらすごしていました。

でも、こんな過ごし方じゃダメになるのも時間の問題だという危機感もあったので、自分と向き合った上で、この先の身の振り方を考えてみました。

3つ紹介していきますね。

1:考え方を変えて、積極的に仕事を極める

1つ目は、つまらない仕事をするのはしょうがないと諦めたり考え方を変えて、せめてやるのであれば積極的に頑張ろうと前向きになる、という道です。

嫌いな仕事を、だらだら努力もせず惰性でやり続けるのが一番よくないですよね。

いざリストラに合ったり、病気やけがで働けなくなった時に、今まで積み上げてきたものがないと、どうにもならなくなってしまいます。

なので、もし今の仕事を続けるのであれば、つまらないのは諦めて、積極的に上を目指す方がいいと思います。

出世を目指す際の参考書籍

ただ、僕の場合は絶望的に仕事に興味が持てなかったので、このパターンは最初からボツとなりました(笑)。

2:転職する

自分の価値観が明確になって『今の会社や職場では価値観に沿わないな』と思ったら、転職もありです。

転職するにも2パターンあります。

■盗めるだけスキルを盗んでから転職する

同じ業界に転職したいと思った場合は、今の会社で盗めるだけスキルや経験を盗んでから、ステップアップとして転職するのがいいですよね。

■さっさと転職する

仕事内容が嫌で、全く違う業界に転職したい場合は、さっさと転職してしまった方が、時間が無駄にならないですよね。

すぐ転職するつもりがなくても、とりあえず転職サイトに登録しておくとプラスになることが沢山あるのでおすすめです。

すぐ転職する気がなくても”今”転職サイトに登録すべき3つの理由 今の仕事に対して、何となく不満を持っている この先ずっとこの仕事をするのは無理 今すぐに会社を辞めたいわけではな...

僕の場合は、転職するほどの気力もないし、そもそも

miyano
miyano
俺の好きなこととかやりたいことって何?・・・

ってな感じで、転職してもまたやる気が出なくなって同じことを繰り返してしまう気がして、転職するという選択肢もボツになりました(笑)。

3:自分でやりたいことをやる

miyano
miyano
今の仕事はつまらないし続けられそうにない、でも転職するほどの気力もない。

という僕のようなわがままな人(笑)は、枠にとらわれずに、主体的になれることでお金を稼いでいくしかありません。

例えば、自分でビジネスを始めて、起業してみる、とかですね。

起業って言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、インターネットが普及してきている今、会社に勤めながらでも出来ることってたくさんあります。

当時の僕は、そんなに深いことも考えず

miyano
miyano
とにかく現状を脱して、主体的にやりたいことをやりたい!

という思いだけでWebビジネスを始めてみることにしました。

具体的に言うと、このように記事を書いて情報を発信したりしています。

あとは、メルマガの読者さんに対して発信したり、他にブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスを行っています。

そういったスキルを身に付ければ、もし転職してもプラスアルファの収入になりますし、伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていけると思ったんです。

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、本業でつまらない仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

2019年4月会社員卒業しました。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

自分でやりたいことをやる。

という方法で現状から踏み出すことができました。

現状を変えていくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のように”とりあえず会社に勤めながら、自分でビジネスをやっていきたい“と考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、自分を変えるキッカケにしてみてください。

About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール