Boss

上司に「自分で考えろ!」と言われた時の対処法10選

Aさん
Aさん

上司に『自分で考えろ!』と言われて、どうすればいいかわからないんだけど、いい対処法が知りたいなー。

できればこんな上司ともう関わりたくないんだけど、いい方法ないかな?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容

・上司に「自分で考えろ!」と言われた時の対処法まとめ

・こんな上司ともう関わらないためのコツ

どうも、miyanoです。

やったこともない仕事なのに、上司から『自分で考えろ!』とか言われることありますよね。

そんな時、どう思いますか?

Aさん
Aさん
『自分で考えろ』って言われてもぶっちゃけ困る。
Bさん
Bさん
自分が教えられないからって逆ギレしてるだけじゃん、って思う。
miyano
miyano
めっちゃ分かります笑。

自分で考えて達成すれば確かに力になりますが、正直困りますよね。

ということで今回は、上司に『自分で考えろ!』と言われた時の対処法を体験談と共にまとめてみました。

ちなみに

今では、僕はそんな上司と関わらない働き方にシフトできたので、イライラすることも少なくなりました。

その辺のコツも後半でお伝えしていきますね。(詳細はプロフィールにも書いていますので良かったらご覧ください)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

上司に「自分で考えろ!」と言われた時の対処法と体験談まとめ

過去の経験を思い出す

自分で考えろ。と言うことは、何度か同じようなことを説明されているからだと思います。

だからその様に言われたときは、もう一度思い出してみます。

類似の仕事を一度ならずは経験しているはず。

また、その仕事は何のために必要なのか。というところまで考えるとヒントになると思います。

仕事の目的を考える

まったく初めての事に対して、自分で考えろ!という上司はいないと思います。

上司は、あなたなら出来ると思って依頼してきたはずでs。

そんな時は、その仕事の目的を考えると良いです

それでも分からなければ、いつどんな時にやったのか、なにを参考にしたら良いのかを聞くしかないと思います。

質問ではなく提案する

上司との会話を工夫するようにしています。

上司に対して質問形式で話すのではなく、提案形式で話すようにしています。

提案形式だと、自分で考えていることの証であるため、上司から叱責されるリスクは最小限となります。

出来る限り自分でやる

そう言われたからには、自分で考えて自分なりの答えを出すしかないので、

報告書なり、コピー取りなり、とりあえずやってみて、提出します。

その後のその上司が何と言うか、賭けに出るしかないと思います。

その時は機嫌がよさそうな時に提出します。

一度は自分で考えろと言われたら、最初から上司に聞きに行くのは難しいです。

ある程度自分で限界まで詰めて、どうしてもところまで持っていきます。

単に機嫌が悪いからそういう発言かもしれないので、聞きに行くときは向こうの様子や状態を確認しつつ、最後教えてほしいところのみ教えてもらえるように努力します。

何もしないより何かして聞いた方が、上司の反応は良かったです。

途中経過を報告する

自分で考えたところまでやった時点で、仕事を上司に見せます。

具体的には、まずは自分で考えて仕事を進めました。

その後は仕事の進捗状況を説明し、今後仕事を進めていく上でのヒントをもらえるように丁寧にお願いしました。

すると、ヒントは何とか教えてもらえました。

先輩に相談する

その上司から同じようなことをされた人がいないかどうか、同僚や先輩をランチに誘って相談しました。

幸い同じ状況になった人がいて、その上司への対処法のアドバイスをいただきました。

大変ですがリサーチは大事です。

上司に質問する

上司に自分で考えろと言われた時は素直に引き下がってはいけません。

上司や他の人に質問や相談をしてできるだけ責任を分散させるのです。

うまくいけば上司が『こいつはめんどくさい奴だ』と考えてくれ、次回からは指示をしてくれるようになるでしょう。

部下に”自分で考えろ”と言ってくる上司は、『どうせ分からないのだから、俺に聞きにくるだろう』と部下を試していることがあります。

上司が怖いからと言って質問にいかないのはまずいです。

自分でちょっと考えた後に、間違えていてもいいので上司に相談しましょう。

ストレートに言う

私が言われたわけではないですが、そんなようなことを言う上司がいました。

私から見れば、上司の対応は余計な手を掛けさせるな!と言わんばかりのように見えてしまい、人ごとながらにイラッとしてしまいました。

部下にも努力はもちろん必要です。

ですが、部下が満足に仕事をこなせるように指導するのは、上司、先輩の責任だと思いますよ!とつい、言ってしまいました。

自分で考えて堂々とやる

自分で考えろといわれたら、自分なりに考えた結果を堂々と示せば良いとおもいます。

私も転勤で職場が変わったころにそれなりの年齢なのに仕事ができないことがあり、良く言われましたが、自分で考えたことをそのまま実行していました。

問題となったこともありましたが、それは言った上司に責任ありと言うことになりました。

スポンサーリンク

【結論】こんな上司と関りたくないなら、自分で環境を変えるしかありません。

いかがでしたでしょうか?

体験談を紹介した方々はうまく対処されていますね。

とは言え、これらの対処方法は所詮、一時しのぎです。

人はそう簡単に変わらないので、こんな上司ともう関わりたくないのであれば、自分で環境を変えていくしかありません。

『昨日までクソだった上司が、突然理想の上司になった!』なんてことはあり得ないですよね笑。

Aさん
Aさん
まあ、現実的に考えたらそうだよねー。

まあ、一生このまま『自分で考えろ!』と言われ続けることに耐えられるなら問題ないです。

でも、いずれ耐えられなくなるなら、今から行動を起こした方がいいですよね。

Aさん
Aさん
確かに、今はまだ耐えられるけど、これがずっと続くと思うと無理かも。

余裕がなくなってくるほど、取れる選択肢は限られてきます。

本当に追い詰められてからでは、手遅れなことも多いです。

Aさん
Aさん
じゃあ、どうすればいいのよ?

ということで、今のうちに取れる選択肢を2つ紹介します。

1:自分の強みを見つけて転職活動をする

部署異動だけでは”上司から逃げる”ことしか達成できません。

転職なら嫌な上司から逃げつつ、自分のやりたい仕事も見つけることができますよね。

その際におすすめなのがこの2ステップです。

  1. 自分の強みを見つける
  2. 強みを活かせる仕事に転職する

というのも、自分の強みや得意なことを活かせない仕事に転職しても、今度は仕事への不満で転職を繰り返してしまうからですね。

例えば、自分が『初対面の人と話すのが苦手』なのに、飛び込み営業の仕事をしていたら、絶対に続かないです。

あとは、『物事を深く掘り下げるのが苦手』な人が研究職をしても、力は発揮できないはずです。

このように、自分に向いていないことを無理やりやろうとしても苦しいだけなので、自分の強みは把握しておくといいですよ。

カフェで仕事カフェのテラス席でドヤ顔で仕事する僕(笑)。

僕も、自分と向き合えたおかげで、こんな感じでブログを書いて生活する働き方に移行することができました。(このブログも仕事の一環です)

なので、あなたにも強みや得意なことを活かしてイキイキ働ける仕事があるはずです。

ならばあなたが今すべきなのは、自分と向き合って自分の強みを知ることです

『俺って今の仕事向いていないんじゃないか?俺って何で今の会社で働いんているんだろう?俺はどんな仕事が向いているんだろう?』

って悩んでいる時間は結構もったいないので、今すぐ強みだけでも診断してしまいましょう。

僕が使った診断を貼っておきますね。

≫自分の強みを無料診断してみる【グッドポイント診断】

診断の受け方や体験談は、こちらの記事でも紹介しているのでご覧下さい。

https://miyano39.com/good-point-5677nge-4956

2:副業をして独立する

僕の場合は2年半くらいかかったので、それくらいは耐えられる前提です。

でも、嫌な上司だけでなく、嫌いな仕事や満員電車での通勤など、嫌なこと全てひっくるめて変えるならこちらを選んだ方がいいです。

Aさん
Aさん
でも、どうやってやるのか全然イメージできないんですが。

という声も聞こえてきそうなので、ここからは僕の体験談をお伝えしていきます。

僕が会社を辞めた話。

上司「俺が若いころなんてもっと厳しかったんだぞ!」

miyano
miyano
終わらねええええ!!

当時、部署を異動してデスクワーカーになった僕は、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事でイライラしていました。

イライラの1番の原因は、文句やダメ出しはしてくるくせに、肝心なところだけ『自分で考えろ!』と言ってくる上司でした。

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業でした。

でも、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

上司
上司
俺が若いころなんてもっと厳しかったんだぞ。
上司
上司
大学出てるのにこんなこともわからんのか?

といった発言が多い職場だったんです。気持ち悪くないですか!?

”そんな古い価値観を持った人”というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけです。

でも、仕事について聞かないと進まないし、悶々とする日々を送っていました。

辞めたいけど辞められない現実。

さてここで、

Aさん
Aさん
そんなに嫌なら、さっさと会社辞めればいいじゃん。

と言う人もいるでしょう。

確かに、「やーめた!」とパッと会社を辞めることができれば一番楽です。

でも僕の場合は、

  • 転職できなかったらどうしよう、とか
  • 友人に変な目で見られないか、とか

いろんな事を気にして、会社を辞めることに対してメンタルブロックがかかっていたんですね。

とは言え、行動しなければ現状は変わりません。

なので、どうにか解決しようといろいろ考えた結果、僕はある1つの方法にたどり着きました。

辞められない理由を潰せばいいのでは?

僕が実際にたどり着いた方法はとてもシンプルでした。

今の仕事を続けなければいけない理由を全て潰せばいいと思ったんですね。

そうすれば、『辞めない理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

世間体

・転職しても、また上司の都合で振り回される不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、不安なく辞めることができるわけです。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

①給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、

スキルを身に付けて自分の市場価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろう

と思ったんです。

とは言え、資格を取るのも面倒だったので、遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、Webビジネスを始めてみることにしました。

そういったスキルを身に付けていれば、転職してもプラスアルファの収入になりますし、もっと伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていくこともできると思ったんです。

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

②世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は世間体を気にしてしまいました。

「せっかく入社した大企業なのに、もったいない」とか思われないか不安だったんですね。

これは上で書いたWebビジネスをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達に出会う機会があります。

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

例えば、もしあなたが転職したいけど不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみるといいです。

そうすると転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

③転職しても、また上司の都合で振り回される不安

最後に、「別の会社に転職しても、結局また上司の都合で振り回されてしまうんじゃないか?」という不安です。

正直なところ、この不安は最後まで付きまとっていました。

でも、自分のビジネスで稼げるようになって、会社に依存せずに生きていけるようになったことで解決しました。

まあ今になって考えてみると、会社員として雇われている以上、大なり小なり会社の都合で振り回されるわけです。

なので、それがどうしても嫌だったら独立して生きていく以外の選択肢はないんですけどね。

でも当時はそんなこと全く意識していなくて、

会社から速足で帰ってきて、カップラーメンをすすりながら必死でブログを更新していたら、いつの間にか独立できるだけの収入になっていた感じです。

ちなみに、僕のやっているwebビジネスは、別に誰かにやらされているわけではないので、おのずと主体的に取り組むことができます。

主体的に取り組めることを見つければ、「今までやりたいことなんて考えもしなかった僕」ですらワクワクしながら仕事に取り組むことができました。

なので「やりたいことが分からない」という人は参考にしてみてくださいね。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で仕事を辞める不安を解消し、上司に振り回されない働き方になることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、会社を辞められない理由をつぶすキッカケにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら