定時で帰るのは悪い事!?怒られない言い訳と10の体験談まとめ

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談

 

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
Aさん

普通に定時で帰りたいんだけど、これって悪いことなんかな?怒られない言い訳も知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

 

この記事でわかること

・定時で帰るのは悪いことなのか?

・定時で帰っても怒られない言い訳と体験談

・言い訳しなくても定時で帰るためのポイント

 

どうも、miyanoです。

 

社会人の方だったら、1度は「どうしても定時で帰りたい!」と思ったことがありますよね。僕は毎日思っています笑。

でも現実は、急な客先からの依頼、上司からの仕事の押し付け、単純に仕事量が多い、しかも仕事終わっても飲み会と、理想とはかけ離れている・・・

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
めっちゃわかります。笑

 

僕も昔は無意味な残業が蔓延している職場にいたので、むしろ「残業しないとやる気のないダメな奴」という環境の中にいたのですが、起業をきっかけに毎日定時ダッシュをかまして、カフェで自分のビジネスやって楽しんでいます。

 

それでもやっぱり、ブラック企業だったり、ブラックでなくても場合によっては定時で帰ると怒られたり、冷たい目で見られることもありますよね。

そこで今回は、定時で帰っても怒られない言い訳や体験談についてまとめてみました。

 

 

定時で帰るのは悪いことなのか?

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談

そもそも定時で帰ることは悪いことなんでしょうか?

 

法律的なことを調べてみると、労働基準法第36条に定められている通り、いわゆる「三六協定」を行政官庁に届け出ている場合、会社はその範囲内で残業や休日出勤を従業員にさせることができます。

ただ、定時で帰るのが悪いかどうかはケースバイケースだそうです

 

例えば、この仕事を今日終わらせないと、会社に重大な損失がでるような案件があったのにもかかわらず、その仕事を残して定時で帰ってしまえば、悪いと言われても仕方ありませんね。

逆に、それ以外のケースであれば悪い事は一切ないわけです。

 

でも、業務上問題ないペースなのにも関わらず、「定時で帰る」ということをしただけで怒ったり、冷たい目で見てくる人も中にはいますよね(;´・ω・)

 

僕がいくら本心で

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
定時で帰って何が悪いんだ!?

と思っていても、現実問題、チクチク嫌味を言ったり、怒ったりする人がいました。

なので、そういう上司が多い環境の人は、定時で帰っても怒られないような言い訳を身に付けておく方が、穏便に済ませることができますね。

 

ということで、定時で帰っても怒られなかった・嫌味を言われなかった言い訳と体験談をまとめてみました。

 

定時で帰っても怒られない言い訳と10の体験談まとめ

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談

体験談1:祖父が入院中で・・・

その日は、友達との飲み会がありました。しかし、そんな理由を上司に言える訳もありませんでした。

その時の言い訳は至ってシンプルで、祖父が入院中で、面会時間が17時半までなので、帰らせて下さいでした。

職場が病院ということもあり、面会という言葉には敏感だったらしく、しかも、上司の祖父が最近なくなったということもあり、思っていたよりもあっさりと帰らせてもらえました。

その上司は、普段から話しかけづらい雰囲気を持っており、いつもは定時で帰ることに対して、残業しないやつは出来ないやつ。という考え方があるため、みんなもなかなか言い出せないそうです。

弱みではないですが、その上司が何に対してなら感情がブレるか。ということを予めリサーチしておくことは必要だと思います。

 

体験談2:カラ電話

私がどうしても定時で帰りたい時に使っていた手段はずばり”カラ電話”です。

カラ電話とは、誰からも電話がかかってきていないのに、誰かと喋っている風にする事です。

いつも使っていた理由ですが、母の具合が悪いという理由でした。定時の2時間くらい前にカラ電話作戦を開始するんです。

設定は妹からの電話という設定が多かったですね。妹から電話がかかってきて母の容態を聞いているように電話で話していました。一人芝居なので、結構難しかったです。でも、凄く効果がありましたよ。

どんなに酷い上司でも親は存在するので、親が具合悪いと言って「はいそうですか」で終わらせる上司は滅多にいないと思います。何度も使える方法だと思うので参考にしてください。

 

体験談3:母親の上京

私が以前勤めていた職場は、とにかく上司が長々と残業しているので、なかなか部下は定時で帰れない状況でした。

とはいえ、部下である私も毎日毎日意味のない残業に付き合わされるのは嫌でたまりませんでした。そして年の瀬も迫った12月がきました。

私はどうしても6時半から友達と合コンにいく約束をしていて、残業はしたくありませんでした。とはいえ、いつものように上司は定時を過ぎても仕事をしていて、その他の社員も同様に帰れそうな雰囲気がありませんでした。

そこでどうしても合コンに遅れたくなかった私は、咄嗟に上司に対して、嘘をついてしまいました。

遠く離れて住んでいる実家の母が5年ぶりに上京してくるので、帰ります!と言ってしまいました。かなり嘘の言い訳でしたが、そのときはそういうしか他ありませんでした。

 

体験談4:仮病(初級編)

定時で帰りづらい職場で、定時に帰るのって至難の技ですよね。私も以前働いていた職場がそうでした。

ストレスで限界!一刻も早く帰りたいと思った時に、私が使った言い訳はずばり仮病です。

定時にいきなり病気だと言っても信じてくれませんので、それなりに段階が必要です。

この方法を成功させる為には、病気だけど頑張って仕事をしている感じを上司に見せる事がポイントになってきます。

ただし、しつこくアピールしてしまっては逆効果です。2回程度上司に間接的にわかるように病気だという事をアピールしましょう。

アピールする時間帯ですが、昼休みが最高のタイミングだと思います。昼休みの時に、何度もトイレに行く事でアピールは出来ると思いますよ。

トイレの行く場合、必ず上司が見えるような感じで行きましょう。それじゃないと意味がありません。

 

体験談5:仮病(上級編)

「今日は定時で帰りたい!」私もありました。

彼女とデートの時なんか定時で帰りたくてしょうがなかったです。そんな時に使った技が、朝からマスクをして体調不良アピールをします。

マスクをしてるだけで、周りに「ん?体調悪い?」と先ず知らせる事が出来ますので、誰かからもし聞かれたら「昨日から体調悪いんだ?」と言います。

ここで重要なのが「朝」では無く「昨日」と言いましょう。私の経験上「昨日」の方だと、受ける側が重く感じてくれるようなんです。

ここまで出来たら、昼にビタミン剤かなんかを小さい袋に入れて薬を飲んでるフリをしましょう。

ここでもう一つ重要なのは、お昼は少食にし必ず残すです。

ここまで来たら絶対に大丈夫!定時で堂々と帰っても「早く帰った方がいいよ」と言う雰囲気が出来上がるので、すんなり帰れます。たまにはゆっくり休むなり、遊びに行ってストレス発散も大事ですよね♪

 

体験談6:病院に行かなければ・・・

怒られず、冷たい目で見られず定時で帰る為には、同情されるのが一番簡単だし、適切な作戦です。

同情と言っても色々な同情があると思います。身内の不幸であったり、自分が病気になっているであったり、犯罪に巻き込まれたであったり、色んなパターンがあると思いますが、私が一番使った言い訳は、病院に行かないといけないとよく言ってました。

上司に帰ると言うと必ず理由を訊ねられる職場だったので、毎回理由を言わなければなりませんでした。

病院に行くと言っても何科に行くんだと聞かれました。そこまで聞かれるのかと少しイライラしたんですが、歯医者に行くと言ったり、皮膚科に行くと言ったりしていました。

頻繁に使える方法ではありませんがある意味定番の方法だと思います。

 

体験談7:強気に挨拶

私の勤める会社全体の雰囲気としては、あまり残業をしない風潮があります。

ですが、一部の上司や同僚は残業をしています。どんな会社にもそのような方はいらっしゃると思います。そんな人を目の前に「おつかれさまです!」と爽やかに帰るのは理想ですね。

しかし、周りによく思われていないのではないかと疑心暗鬼なったり、実際に何かイヤミを言われてしまうこともあるかもしれません。

私自身、定時で帰ったある日、「準備はやいね」などとイヤミ風に言われたことがあります。その時は悔しいと思い、咄嗟に「今日できる仕事は終わりましたので」と返しました。

残業を良しとする風潮はよくないと常々感じています。そういった風潮をなくしていくためにも、

言い訳を考えるのではなく、毅然とした態度で「お疲れ様です。」と言うことが、残業万歳の風潮をなくしていくのかもしれないと思っています。

 

体験談8:上司を立てて快く帰してもらう

仕事があろうが無かろうが、遅くまで会社にいる事が大切と考えるような固い頭の上司がいました。

その為どうしても定時で帰りたいと思っていた日は、朝から自分なりの対策をしていました。

まず上司によく話しかけ、「明日は大切な仕事があるから緊張します。」や「気合いを入れてやらなければ、」というような事を話してアドバイスを求めておきます。

その後もよく話しかけて、お昼ぐらいから少し体調が優れない様子を見せて口でも伝えます。

そのような行動をとっておいて、定時の前の段階で上司に「体調が少し悪いので、明日教えて頂いたアドバイス通りに頑張れるように、今日は定時に帰宅して休ませて頂いて良いですか。」と聞きます。

そうすると、今までたいていの上司は快く帰してもらえました。毎日は厳しいですが、ここぞという日には効果があります。ポイントは上司に相談をするという姿勢で上司を立てる事です。

 

体験談9:仕事に影響が出るので、、

私が以前に働いていた会社は残業がとても多い会社でした。

定時になると上司に「残業大丈夫か?」と聞かれるのが当たり前の会社で、私的には早く帰りたかったのですが、

ほとんどの社員が残業をしている中、自分だけが定時で帰るのは難しかったので、いやいや残業をしていました。

しかし、ある日、彼女とのデートにどうしても遅れたくなくて、定時に帰る事にしました。

上司には「デートで帰ります」と正直に言ったら怒られると感じたので腰痛の検査があるので先あがりますと言いました。

もし検査をサボって腰痛を野放しにしたら仕事にも影響が出ると言って私はそそくさと定時に会社から出る事が出来ました。ここでのコツは「仕事に影響が出る」という事です。

 

体験談10:仕事がなければ帰りますが、、

定時で帰りたいのにそれを許さない雰囲気の時がありますよね。

私もそのような経験がありましたが、何度か定時で帰ることができました。

何回も通用はしないと思いますが、たまにその部署の責任者に対して自分の仕事が終わったので、手伝える仕事はありますかと聞きます。

この質問の意図としては、仕事が山ほどあって帰れない状況なのか、または仕事が無いのに社員が無駄に残っているのかを判断するためです。

「もし仕事が残っていれば手伝いますよ」という前向きな質問ともとれますし、仕事の有無を当たり障りのないように確認できるのです。

この質問は気難しい上司に特に有効で、私も「仕事が無ければ終業しますがよろしいでしょうか」と自然なリズムで言うことができ、上司や周りの人間も「仕事がないのなら仕方がない」と思われました。

 

それでも定時に帰りづらい、というあなたへ。

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談

10の体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ここで紹介した方々は、上司の感情も考えてうまく対応されていますね。

 

とはいえ、定時に帰りたいと思っていても、嘘の言い訳なんて言えない!という人も少なくないと思います。

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
Aさん
そうそう、だからやっぱり帰りづらいんだよねー。
理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
めっちゃわかります。(笑)

 

僕も最初はそういう帰りづらさを感じていましたが、今では無意味な残業を断ち切り、残業100時間⇒残業10時間以内にすることができています。

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
Aさん

じゃあ、どうすりゃいいのよ!?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

 

言い訳せずとも定時で帰れるようになったmiyanoの場合

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談

僕の職場は、

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
Aさん
俺が若いころは苦しい思いをしてきたんだから、お前も同じ苦しみを味わって当然だ!

という上司ばかりの工場で、ひたすら工場の掃除をしたり、雑務をさせられたり、無意味な残業をし続けてきました。

 

でも、その現状を諦めて何も考えずに、長い物には巻かれろ主義で上司に従って残業していれば、それはそれで少しは楽になったのかもしれませんが、人生をあきらめた気がしてそれだけは絶対に嫌だと思いました。

そこで僕は、どうにか無意味な残業をしなくて済む解決策を模索していました。

 

そして、最終的に僕がたどり着いた方法はとってもシンプルでした。

残業しなければいけない理由を全て潰せばいいと思ったんですね。

言い訳やテクニックだけ身につけてもその場限りですし、理由を全て潰してしまえば、『残業する理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

 

ということでまずは、今の仕事で残業しなければいけない理由を全て具体的に書き出してみましょう。

 

僕の場合は、

・上司に罵倒される、嫌がらせを受けるかもしれない=人間関係に対する不安

・評価を下げられる・クビになるかもしれない=お金に対する不安

という2つの不安がありました。

 

書き出してみるとわかると思いますが、案外残業をしなければなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

 

人間関係に対する不安

人間関係に対する不安を解決して、人間関係を良好にしておけば、

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
今日はすいません、帰ります!

と言っても、快く

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
Aさん
おう、お疲れ!

と言ってもらえると思ったんですね。

ただ、実際のところ職場の人間関係は絶望的だったのと、僕がクソ上司に歩み寄るのがどうしてもできなかったので、人間関係に関しては諦めることにしました笑。

 

お金に対する不安

お金に対する不安をなくして、クビになっても問題ない状況であれば、

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
うるせぇ!俺は帰る!(クビにしたけりゃしてみろ!)

と強気の態度をとることができると思ったんですね。

 

人間関係が絶望的だった分、

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
自分で稼ぐ力を身に付けて、最悪クビになっても問題ない状況をつくるしかない!

と決意して、Webビジネスを始めてみることにしました。

 

具体的に言うと、このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、メルマガの読者さんに対して発信したり、他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

そういったスキルを身に付けていれば、もし転職してもプラスアルファの収入になりますし、もっと伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていくこともできると思ったんです。

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談

 

Yahoo知恵袋とか見ていると、「副業で稼げる人なんてごく少数派だろ」という意見も結構見かけますけど、知識も経験もなく、しかも海外で長時間労働という条件の僕でもビジネスをやることができたので、そんなことはないと思ってます。

 

ただ同時に、『独学でやってたら絶対続かなかったな。』とも思っています。

受験勉強するのにも、塾に入って指導者から学ぶ方が効率がいいように、ビジネスでも人から学んだ方が遥かに効率がいいので、興味のある人は頭の片隅に入れておくといいと思います。

 

稼げるようになってくると、どんなにつらい仕事をしていても、

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談
miyano
クビになっても大丈夫だし、残業なんてしたくない!

と強気になれるようになって、上司の目も気にせず残業を断ることができるようになりました。

 

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、こんな無駄な残業がはびこっている職場で仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです(笑)。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

 

1度きりの人生、後悔しない選択を

理由, 悪い, 怒られる, 帰る, 定時, 体験談カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

残業をしなくてはならない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で無意味な残業を解消することができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

 

もし、僕のように”とりあえず会社に勤めながら、お金の不安を潰したい“と考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(動画講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、残業の理由をつぶすキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、こんな働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

【無料:miyano公式メール講座登録で今なら初心者用教科書プレゼント】

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。