Employee

仕事行きたくない二年目のための12の対処法と体験談まとめ

Aさん
Aさん

入社二年目で、最近仕事に行きたくなくて辞めたいんだけど、これって俺だけ?いい対処方法ないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 仕事に行きたくない二年目ができる対処方法と体験談まとめ
  • 仕事に行きたくないならまず自分と向き合うべき
  • 仕事に行きたくないのであれば選択肢は3つしかない

どうも、miyanoです。

  • 仕事がしんどくて会社に行きたくない
  • 人間関係が嫌でもはや辞めたい
  • やっぱ公務員にしておけばよかった…

この記事にたどり着いたということは、あなたはこんな疑問や悩みを抱えているのではないでしょうか?

miyano
miyano
めっちゃわかります笑。

僕も2年目の頃は、仕事に全く興味が持てなくて、ひたすら時間が過ぎるのを耐えるような過ごし方をしていました。

ということで今回は、入社2年目で仕事に行きたくなくなった時の、原因や体験談とその対処方法をまとめてみました。

ただし、万人に効果がある対処方法なんてありません。

できるだけ多く紹介しますが、所詮一時しのぎです。

結論から言いますが、仕事に行きたくなかったら一旦休みましょう

無理をして仕事に行っても、何もプラスになりません。

休むためのコツ、自分と向き合うコツはこちらの記事でまとめていますので、手っ取り早く解決したい方はこちらをご覧下さい。

仕事に行きたくないなら休むべき理由【対処法は意味ありません】仕事に行きたくなくて、休みたいけど休めない人向け。本記事では、『仕事に行きたくない』ことに対する根本的な解決方法と、今休むべき理由を紹介していきます。...

ちなみに僕の場合・・・

会社員時代は『仕事行きたくねぇ・・・』が口癖でした。

一時期は心療内科にも行きましたし、難病も発症したりと、一通り悪いことは経験してきています。

入社4年目で退職し、今ではフリーランスとして、毎日楽しく仕事できるまでになりました。(詳細はプロフィールにも書いていますので良かったらご覧ください)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

入社二年目で仕事に行きたくない・辞めたいのはなぜか?

新卒1年目の時は、新鮮なことも多くてどうにかやってきたけれど、2年目になって何だか仕事に行きたくなくなってきてしまう。

僕もそんな経験があるのでよくわかります。

原因は人それぞれだと思いますが、僕の場合は、将来に希望が持てなくなったからということが原因でした。

2年目ともなってくると、少しづつ責任のある仕事も任されるようになってきますよね。

それに伴って多くの先輩社員と関わる機会も増えてきます。

特に僕のような技術系のエンジニアだったりすると、「企業の最前線で活躍している人と一緒に仕事ができる機会も少しづつ出てくる」時期だと思います。

こう書くと聞こえはいいですが、

要するに、「自分が一生懸命、何十年と頑張った先の姿」がなんとなく見えてきてしまう

時期でもあります。

もちろん、イキイキと楽しそうに仕事をしていて、年収も高くて、自分もこうなりたい!と思える先輩社員がいれば何も言うことはありません。

しかし、日ごろから「もうやりたくない」とか、「早く引退したい」みたいな愚痴ばかりの先輩や、いつもイライラしていたり、高圧的な態度しかとれないような先輩社員ばかりの職場では、将来に希望なんて持てませんよね(笑)。

僕の職場では、

  • 「俺はもう引退したいよー(;´・ω・)」が口癖の先輩(2人以上)
  • 結婚式を挙げた翌日に、遠くを見つめながら半年間の海外出張に旅立っていった先輩

などなど。

こんな姿を見せられて、

miyano
miyano
俺も将来こうなってしまうのか・・・

と想像すると、正直、将来に希望なんて持てないですよね。

希望が持てなくなると、こんな仕事やっていても意味ない→ 仕事に行きたくない!と感じてしまいます。

それでも僕の場合は、自分で現状を変える気力もなかったので、2年目はどうにか惰性で仕事を続けていました。

結局、それも耐えられなくなって4年目で退職してしまいました。

今ではフリーランスとして充実した働き方ができていますので、後半でそのポイントもお伝えしていきますね。

さて今回は、そんな2年目で仕事に行きたくなくなった時の体験談と対処方法をアンケートをとってまとめてみました。

二年目で仕事に行きたくない時の体験談と対処方法まとめ

スキルを磨く

2年目は業務を一通り覚えて、仕事のルーティンがわかってくる時期です。

このまま同じ仕事を続けていいのか悩んだり、理想とのギャップに苦しむ時期でした。

私は資格をとったり、パソコンの技術を磨いたりすることで、転職に有利になりました。

転職しなくても、何か技術を持つことで仕事で評価されたり、違う業務について自分のやる気につながりました。

仕事の優先順位を考える

入社2年目の5月くらいから急に仕事に行きたくなくなりました。

原因とすると仕事への慣れと、自分の成長を感じにくくなったこと、また責任のある仕事を任されるようになったことです。

家に帰っても仕事のことを考えてしまって、ずっと憂鬱でした。

結果的に、自分に負担がかかりすぎないように、仕事に優先順位をつけてセーブすることを覚えました。

そのおかげで忙しくて手が回らなくなることもなくなりましたし、次の仕事のストックが出来るようになりました。

自分へのご褒美を設定する

仕事に行きたくなくなった原因は、後輩ができて仕事に対するプレッシャーが強くなったからです。

どうしても行きたくないと思ったときは、今日は仕事帰りにコンビニに寄って1日頑張った自分へのご褒美を買おう!と決めて会社に行っていました。

miyano
miyano

僕も、これが終わったら”つけ麺大盛食べるぞ!”と決めてモチベーションを保っていました。(その代償として体重が増加しましたが…)

他にも同じ思いをしている人がいることを知る

2年目で仕事にも慣れ、後輩もできました。

しかしふと、この会社に自分は必要とされているのだろうか、と思う事が多くなり、毎日出社が憂鬱で仕方なくなりました。

しかし、ネットの悩み相談などを見ていると、世の中そんな風に思っている人がたくさんいることを知り、頑張らなくてはと思い続けました。

miyano
miyano

Twitterとかで検索してみると、『ああ皆そんなもんなんだなぁ、もっと気楽にいけばいいんだなぁ』って思えるのでおすすめ。

温泉

ズバリ、入社2年目で仕事に行きたくなくなったのは、入社時に見えなかった人間関係のドロドロさが原因です。

男女問わず、表の顔と裏の顔の使い分けの激しさを知ったら、人間関係に疲れが生じました。

そんな時の対処法として、休日に出来るだけ海の見える温泉などに日帰りで行って気分転換をするようにしました。

海というのがポイントで、嫌な事を水に流す・流れるというのが気分的にも良かったのだと思います。

以来、嫌な事があった時は海や川の流れを眺めて心を安定させています。

見返すつもりで頑張る

入社2年目で仕事に行きたくなくなった原因は、複雑な仕事をまかされたからです。

仕事に行きたくなくなった時の対処方法は、根性論ですが、自分なりに勉強し見返す気持ちをもつことでした。

ポジティブになることで、苦手を克服し仕事にいくことが楽しくなりました。

miyano
miyano

このようにポジティブに捉えられれば最高なんですけどね。

僕は『見返してやる!』という気持ちよりも『もう関わりたくねぇ…』という気持ちの方が大きかったです。

信頼できる人に相談する

1年目ということで多目に見てもらえた部分がなくなりました。

そして、「できて当然」というプレッシャーや、同期との劣等感を感じ始めて会社に行くのが辛くなっていました。

しかし、他社にいる学生時代の友人たちも、同じ悩みの中頑張っていることを聞き、私も目先の優劣などに意識を取られすぎないよう気持ちを切り替え、頑張ることができました。

2年目で行きたくなくなった私の原因は、失敗するごとに年の近い先輩から小言を言われてしまうことでした。

言われる度にへこんでしまっていたので、結構つらかったです。

私の場合は、毎週末、親や友達に愚痴を聞いてもらい2年目をやり過ごすことができました。

因みにその先輩は私が3年目になって辞めていったので解決しました。

必死に仕事を覚え自分に自信がついてきた頃、(完全に私の力不足で)取引先の過度な叱責や上司との人間関係悪化により、全く自信がなくなりました。

何も上手くできない自分が恥ずかしく、劣等感にさいなまれました。

私の場合は、同期に、何でもいいので猛烈に褒めてもらうことで立ち直れました。

自分に自信を持たせてもらい、前を向く元気が湧きました。

冷静になり上司や取引先と向き合うことができました。

自分の落込み期の乗り越え方がわかり、その後定期的に同期と会い、メンタルを整えることができるようになりました。

miyano
miyano

デキる上司、年の近い先輩、同僚、総務や人事など、相談できる人はたくさんいます。

まずはそういった人たちに話を聞いてみるといいですね。

前向きにとらえる

ミスをした際にものすごく怒る先輩がいて、先輩が怖くて会社に行くのも嫌になったことがあります。

しかし、先輩が怒るのは私の為を思ってなのだ、と考えるようにしました。

怒られた後は反省しても落ち込み過ぎるのは避け、

「これから気を付けます、ご指導ありがとうございます」と言うようにしました。

前向きにとらえることで、ミスも減ると同時に、先輩からの評価もだんだん上がり、今は良い関係になっています。

miyano
miyano

このようにポジティブに捉えられれば最高なんですけどね。

僕は『もうこの人とは関わりたくねぇ…』という気持ちの方が大きかったです。

趣味に没頭する

入社2年目は、この世界で自分が1番辛いと思っていました。

時間はないうえに、お金も心の余裕もなく、苦しかったです。

そんな日々を変えるべく、休日に予定を入れることにしました。

公園へ散歩に行くことや、カレーをこだわって作るなど、何か仕事のことを考えない時間を無理矢理作りました。

趣味やコミュニティも増え、楽しく生きる時間を手にすることができ、辛い2年目を乗り越えることができました。

miyano
miyano

没頭できるものがあると充実度が上がりますよね。趣味がない方はこちらの記事でいろいろ紹介していますので参考にしてみてください。

無趣味で暇すぎる社会人におススメの有意義な休日の過ごし方22選休日の過ごし方に悩む無趣味な社会人向け。本記事では、休日の過ごし方がわからない社会人の方に、有意義な休日の過ごし方を22個紹介します。...

肩の力を抜く

上司と合わない部分が多々あり、気疲れしていました。

将来性を考えるとバカバカしく思えたので、辞めたい気持ちが強くなりました。

私は、ある程度手を抜いたり、開き直る事によって追い詰められた状況から視野が広がり、気を楽に保つことができました。

意外とその方が周りもよくしてくれたりまた職場の空気が良くなったりしました。

miyano
miyano

僕はこのパターンでどうにか乗り切りましたね。

とは言え、何の保険もない状態だと開き直りづらいと思うので、自分の身の振りは確保しておいたほうがいいですね。

耐える

仕事をなんとか一通り覚えて、自分の裁量でやれる仕事も増えた頃、ものすごく苦手な人がいる係と統合されることになりました。

話しかけられるのも苦痛で、ずっと愛想笑いの表情が固まりそうでした。

でも、人事異動の頻繁なところだったので、無理して交流を深めることをせず、辞めることも考えず、自分か相手が異動になるのをひたすら待ちました。

一年くらいで相手が異動になったので、耐えてよかったと思いました。

miyano
miyano

今耐えればよくなる、という確信があれば耐えるのもありですね。

転職する

社会人2年目の夏前、突如仕事に行きたくなくなることがありました。

1番の原因は、上司と馬が合わなかったことです。

ただ今思えば、新人という肩書がなくなり、そこからくるミスのプレッシャーに負けたのだと思います。

当時と今も仕事内容は変わりませんが、そのタイミングで会社を変えました。

現在は馬の合わない上司もいなく、経験も積みましたのでミスもなく順調に仕事ができております。

miyano
miyano

転職すること自体はいいんですが、僕は、転職する前に”自分と向き合って価値観を明確にする”ということをお勧めしています。

スポンサーリンク

二年目で仕事に行きたくない・辞めたいなら、まず自分と向き合うべきです。

二年目で仕事に行きたくないのであれば、まずやるべきは『自分と向き合うこと』です。

この手の話題になると、

  • 転職するのは普通ですよ
  • 今転職しないと後悔しますよ

いきなり転職サイトやエージェントや退職サービスを進めるクソサイトがあふれていますが騙されないでください。

確かに、最終的に”転職が最善の選択肢”になることもあります。

しかし、自分と向き合って価値観を明確にせずに転職しても、結局同じことを繰り返します。

例えば、”今すぐ転職活動をしましょう”となったときに、

  • どんな会社や仕事が自分にとって最善なのか?

その理由まで確信をもって答えられますか?

1度地獄を見たあなたなら『知名度があって、給料が良くて、仕事が楽な会社行きたい!』みたいな就活生みたいな答えは出てこないはずです。

この問いに対してパッと答えられないのであれば、

あなたが今すべきなのは、転職サイトに登録することではなく、一旦休んで自分と向き合うことです。

Aさん
Aさん

でも、なかなか休みが取れないです。

Aさん
Aさん

休んだとして、どうやって自分と向き合えばいいか分からないです。

という方は、こちらの記事に答えが書いてありますのでご覧ください。

仕事に行きたくないなら休むべき理由【対処法は意味ありません】仕事に行きたくなくて、休みたいけど休めない人向け。本記事では、『仕事に行きたくない』ことに対する根本的な解決方法と、今休むべき理由を紹介していきます。...

ここから下は、自分と向き合って、なぜ仕事に行きたくないか、が分かってから見ることをお勧めします。

【結論】二年目で仕事に行きたくないのであれば取る道は3つしかない

僕の場合は前述のとおり、将来に希望が持てない環境だったので、仕事に興味が持てなくて、ひたすら耐え忍びながらすごしていました。

でも、こんな過ごし方じゃダメになるのも時間の問題だという危機感もあったので、自分と向き合った上で、この先の身の振り方を考えてみました。

3つ紹介していきますね。

1:考え方を変えて、積極的に仕事を極める

1つ目は、つまらない仕事をするのはしょうがないと諦めたり考え方を変えて、せめてやるのであれば積極的に頑張ろうと前向きになる、という道です。

嫌いな仕事を、だらだら努力もせず惰性でやり続けるのが一番よくないですよね。

いざリストラに合ったり、病気やけがで働けなくなった時に、今まで積み上げてきたものがないと、どうにもならなくなってしまいます。

なので、もし今の仕事を続けるのであれば、つまらないのは諦めて、積極的に上を目指す方がいいと思います。

出世を目指す際の参考書籍

ただ、僕の場合は絶望的に仕事に興味が持てなかったので、このパターンは最初からボツとなりました(笑)。

2:転職する

自分の価値観が明確になって『今の会社や職場では価値観に沿わないな』と思ったら、転職もありです。

転職するにも2パターンあります。

■盗めるだけスキルを盗んでから転職する

同じ業界に転職したいと思った場合は、今の会社で盗めるだけスキルや経験を盗んでから、ステップアップとして転職するのがいいですよね。

■さっさと転職する

仕事内容が嫌で、全く違う業界に転職したい場合は、さっさと転職してしまった方が、時間が無駄にならないですよね。

すぐ転職するつもりがなくても、とりあえず転職サイトに登録しておくとプラスになることが沢山あるのでおすすめです。

すぐ転職する気がなくても”今”転職サイトに登録すべき3つの理由 今の仕事に対して、何となく不満を持っている この先ずっとこの仕事をするのは無理 今すぐに会社を辞めたいわけではな...

僕の場合は、転職するほどの気力もないし、そもそも

miyano
miyano
俺の好きなこととかやりたいことって何?・・・

ってな感じで、転職してもまたやる気が出なくなって同じことを繰り返してしまう気がして、転職するという選択肢もボツになりました。

3:自分でやりたいことをやる

miyano
miyano
今の仕事はつまらないし続けられそうにない、でも転職するほどの気力もない。

という僕のようなわがままな人(笑)は、枠にとらわれずに、主体的になれることでお金を稼いでいくしかありません。

例えば、自分でビジネスを始めて、起業してみる、とかですね。

起業って言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、インターネットが普及してきている今、会社に勤めながらでも出来ることってたくさんあります。

2年目であれば、副業からはじめて、3年目の節目で会社を辞めるという選択肢もありますね。

当時の僕は、そんなに深いことも考えず

miyano
miyano
とにかく現状を脱して、主体的にやりたいことをやりたい!

という思いだけでWebビジネスを始めてみることにしました。

具体的に言うと、このように記事を書いて情報を発信したりしています。

あとは、メルマガの読者さんに対して発信したり、他にブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスを行っています。

そういったスキルを身に付ければ、もし転職してもプラスアルファの収入になりますし、伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていけると思ったんです。

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、本業でつまらない仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

2019年4月会社員卒業しました。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

自分でやりたいことをやる。

という方法で現状から踏み出すことができました。

現状を変えていくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のように”とりあえず会社に勤めながら、自分でビジネスをやっていきたい“と考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、自分を変えるキッカケにしてみてください。

About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール