employee

帰ったもん勝ち!会社の飲み会の二次会の断り方・逃げ方9選

Aさん
Aさん

会社の飲み会の二次会って面倒だし行きたくないんだけど、断る方法や逃げる方法が知りたいなー

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 帰ったもん勝ち!会社の飲み会の二次会の断り方・逃げ方まとめ
  • 僕が行きたくない飲み会とは無縁になった方法

どうも、miyanoです。

ぶっちゃけ職場の飲み会っていきたくないですよねぇ。。

そもそも楽しくないし、お酌しなきゃいけないし、気を使うし、お金もかかるし。

Aさん
Aさん

そうそう、何ならお金払ってもいいから行きたくないんだよね。

miyano
miyano
めっちゃわかります(笑)

1次会をどうにか乗り切ったとしても、2次会なんてあったらたまったもんじゃありません(笑)。

何としてでもそこは断らなくてはいけませんね。

ということで今回は、職場の飲み会の二次会を断ったり、逃げる方法について体験談とともにまとめてみました。

帰ったもん勝ち!会社の飲み会の二次会の断り方・逃げ方まとめ

便乗して帰る

大勢での飲み会の場合は、酒が飲めない人の隣に会の最初から座ります。

そして、その人がそろそろ帰ろうとするときに、自分もしれっと便乗して帰るようにしています。

引き止められたことはないので、有効な手段だと思います。

LINE偽造

二次会を断る方法で一番有効なのは彼女からの偽造lineです。

あらかじめ彼女や友達に飲み会があることを連絡し、この時間に帰ってきてほしいとlineで通知してもらいます。

それを上司に見せることができれば二次会を断れます。

酔ったふり

酔っ払ったふりをして「もう気持ち悪いので帰ります」と言うことです。

無理やり飲ませたり二次会に参加させては会社で問題になりますから、嫌な顔をせず帰してくれます。

普段からお酒に弱いキャラということにしておけば、誘われることも減るでしょう。

私もまだまだ飲めるくらいでしたが、面倒だなと思い気持ち悪いと伝えると上司がタクシーまで呼んでくれました。

飲み会の二次会に行きたくないときは、一次会で酔っ払ったふりをしておくことが重要です。

酔っ払って気分が悪い、もうこれ以上は飲めないという演技をしておくと、

二次会に行こうと誘われずに、逆にもう帰りなさいとすすめてもらえます。

体調不良

飲み会がとても多い職場だったので、新人の頃は2次会を断れず、よく終電まで付き合っていました。

なので1次会が終わったら、2次会に参加する同期や優しい先輩に、体調が悪いので帰る事を伝え、スッと抜けるように帰っていました。

みんなに伝えると引き止められてしまうのでコッソリ言うのがポイントです。

体調不良を理由に断る。以前、職場の上司数名と飲みに行った際、職場の上司に理不尽な説教をされました。

1次回はなんとか乗り切りましたが、2次回は行きたくなかったので頭痛がすると言って断りました。

体調不良を訴えると強引に誘ってこなかったのでとても良かったです。

迎えがきている

女性の場合ですが、「彼氏が迎えにきてくれたからそろそろ帰らなきゃ…」でいいと思います。

実際にそうしている人を見たことがありますが、周りも「彼氏か~、じゃあしかたないね~それじゃ」というような感じでした。

その日は家族に迎えを頼んでおいて、「迎えが来ているので」と言って帰ります。

特に親がお勧めですね。

上司も親にまでは何か言ったりできませんから、すんなりと帰してくれますよ。

私も二次会に行きたくなくて迎えが来ているのでと伝えたところ、「親御さんを待たせているなら早く帰りなさい」と言われました。

帰れない

『二次会に参加すると、帰れる交通手段がなくなってしまうので、今日はここで失礼します。』と伝えると良いです。

電車とかで終電の時間がバレてしまいそうな時は、バスにも乗ると伝えれば終バスの時間は早いものなので大丈夫です。

職場の二次会に参加したら、本当に帰宅できなくなってしまうので、

「二次会に参加したら自宅に帰る事が出来ないのでお先に失礼します」とストレートに言います。

終電や、帰宅方法を伝えるとスムーズに返してもらえたので、この方法が無難だと思います。

存在感を消す

職場の飲み会の二次会を断る・逃げる方法は、ズバリ一次会から存在感を消すことです。

一次会で影が薄ければ二次会に誘われる可能性は低くなります。

実際に私は一次会で端の席であまり話さずに烏龍茶を飲んでいたら、二次会にお呼びがかからず、そのままフェイドアウトできた経験があります。

いかに一次会で存在感を消せるかで、二次会を避けれるかが決まります。

お酒が飲めない

私は時々職場の二次会をお断りしています。

断るときには、お酒はあまり飲むことができないので、お酒が飲めないと言うことをはっきりと伝えます。

下手に嘘をつくと印象が悪くなるので、正直に言うようにしています。

次の日大事な仕事があるから

上司が完全にこちらの仕事を把握していないことが前提になりますが、

「明日は朝から面倒な仕事が残っている」といって気乗りしない2次会は大体断っています。

ただし翌日が休みだったりするときは無理な言い訳ですが。

二次会にどうしても行きたくない場合は、次の日にお客様に会う予定がある、取引先に行く予定であることを理由にすると簡単に断ることができます。

営業など会社の外に仕事に行く人限定ですが、取引先にお酒くさいまま行く訳にはいかないので効果的です。

そんなに何度も途中で帰れない件。

二次会から逃げる言い訳と体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介された方はうまいこと対処されていますね。

とはいえ、いくらその日は断れたとしても、そう何回も断り続けるわけにもいかないですよねー。

Aさん
Aさん

そうそう、正直毎回行きたくないんだけど、断り続けるのも気まずいんだよねー。

miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

まあこれも仕事の一環だし、我慢するしかないよな、、、

という感じで、自分の気持ちを押し殺してきました。

でも、果たしてそんな妥協した生活がいつまで続くでしょうか?

他人のために自分のプライベートな時間が奪われ、人の顔色をうかがいながら生きる。

それは当時の僕にとっては「死んだも同然」に思えました。

そんな生活が続くのは絶対に嫌だったので、僕はどうにか解決できる方法を模索し、今では「仕事関係の飲み会とか行きたくねぇ。」という本音に素直に行動できるようになりました。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

僕が行きたくない飲み会とは無縁になった方法

僕の職場はそこまで飲み会は多くありませんでしたが、職場の人が好きではなかったので行きたいとは思いませんでした。

もしかしたら中には、

Aさん
Aさん
嫌だとしても、仕事の延長だから仕方ないよ。
Bさん
Bさん
苦痛を感じているのは自分だけではないし、人付き合いってそういうもんだろ。

と割り切っている人も多いかもしれません。

でも僕は嫌でした。

そこで僕は、どうにか無意味な飲み会を拒否できる解決策を模索したんですね。

そして、最終的に僕がたどり着いた方法はとってもシンプルでした。

飲み会を断れない理由を全て潰せばいい思ったんですね。

言い訳やテクニックだけ身につけてもその場限りですし、理由を全て潰してしまえば、『飲み会に行く理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今感じている飲み会を断れない理由や不安を全て具体的に書き出してみることに。

僕が飲み会を断れなかった理由や不安

  • 上司に罵倒される、嫌がらせを受けるかもしれない=人間関係に対する不安
  • 評価を下げられる・クビになるかもしれない=お金に対する不安

こんな感じですね。

書き出してみるとわかると思いますが、案外飲み会を断れない理由ってそんなにないんですよね。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

人間関係に対する不安

人間関係に対する不安を解決して、人間関係を良好にしておけば、

miyano
miyano

今日はすいません、飲み会行かずに帰ります!

と言っても、快く

Aさん
Aさん

おう、お疲れ!

と言ってもらえると思ったんですね。

ただ、僕は以下の理由で人間関係に関しては諦めることにしました。

  • どうしても上司に歩み寄ることができなかった
  • この職場でずっと働く気がなかった

建前のコミュニケーションで自分の気持ちを押し殺すのは嫌でしたし、そもそもこの仕事も好きではなかったんですよね。

僕は無理でしたが、もしあなたがずっとその職場で働きたいと思っているなら、まずは良好な人間関係を築けるようにした方がいいですね。

いくら仕事が好きでも、人間関係が崩壊していると楽しく働くことはできません。

逆に、飲み会を断ったって、多少仕事でミスしたって、人間関係が良好なら許してもらえることも多いので。

人間関係の改善におすすめの本

お金に対する不安

お金に対する不安をなくして、クビになっても問題ない状況であれば強気の態度をとることができると思ったんですね。

miyano
miyano

うるせぇ!俺は喪にかいなんて行かねぇ!(クビにしたけりゃしてみろ!)

こんな感じですね。

人間関係が絶望的だった分、

miyano
miyano

自分で稼ぐ力を身に付けて、最悪クビになっても問題ない状況をつくるしかない!

と決意して、ブログを始めてみることにしました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

もちろん、最初からうまくいったわけではありませんが、案外ブログを書くのが楽しかったので副業として続けることができました。

具体的に言うと、こんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

補足:2019年4月会社員卒業しました。

稼げるようになってくると、どんな人に飲み会に誘われても、

miyano
miyano
クビになっても大丈夫だし、無駄な飲み会なんて行きたくない! 

と強気になれるようになって、上司の目も気にせず飲み会を断ることができるようになりました。

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、こんな他人のために無駄な時間を使うような職場で仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

飲み会を断れない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で、行きたくない飲み会とは無縁の生活になることができました。

ちなみに、今では写真のように、カフェのテラスでドヤ顔でPCをいじるフリーランスに方向転換しました。

そして、他人に時間を奪われることもなく、何より『働くのマジで楽しい!』と思えるようになりました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひあなたも後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、働き方を変えるキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら