employee

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング

『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』

『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない』

『拒否されることはないだろうけど、上司との面談や会社とのやり取りが面倒。送迎会とかに時間使いたくないし、お金払ってもいいからさっさと辞めたい』

『心身を壊していて、退職交渉を出来る状態じゃない…会社とのやり取りが長引くことが嫌だ』

こんな様々な理由で、退職したくても退職できない、と感じている人も多いと思います。

そんな、辞められないを解決するためのサービスとして『退職代行サービス』というものがあるのをご存知でしょうか?

昨今、メディアでも取り上げられて聞いたことがある方も多いと思います。

しかし、需要があるサービスなだけに中には悪徳な業者がいたり、退職の際にトラブルが起きているのも事実。

ということで今回は、退職代行サービスの失敗しない選び方と、おすすめの退職代行サービスを徹底比較してランキング形式でまとめてみました。

これだけ覚えておこう、失敗しない退職代行サービスの選び方

おすすめのサービスを発表する前に、失敗しない選び方とポイントをお話しします。

退職代行選びの3つのポイント
  1. 一般業者と弁護士が行う2種類を把握しよう
  2. 弁護士が行う退職代行を選ぼう
  3. 返信が早い業者を選ぼう

①一般業者と弁護士が行う2種類を把握しよう

退職代行サービスは大きく分けると2種類あり、それぞれサービス内容が異なります。

退職日の
交渉
未払い金の
請求
有給の
交渉
損害賠償
への対応
その他
法的トラブル
料金
一般業者 × × × × × 3~5万円
弁護士 5万円~

このように、何か会社との間でトラブルが発生した場合、全てに対応できるのは「弁護士が行う退職代行」のみなんです。

この違いを知っておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも考えられます。

まずは、それぞれの特徴についてまとめたので比較しながらご覧下さい。

一般の退職代行業者

一般の退職代行業者ができるのは、「退職の意思を会社に伝えること」だけです。

一般業者が会社と交渉することは弁護士法違反となります。

もし、『退職日の交渉、未払い残業の請求、有給の買取依頼』等の交渉をしたい場合は本人か、弁護士でないとできないんです。

それ以外にも、一般業者でトラブルになるケースとして、以下のものが考えられます。

業者の経験不足で退職できない

退職日の協議を持ちかけられる

例えば、「○日まで退職を待ってくれないか」「最低でも引き継ぎはしてくれないか」このような協議は、自分で対応しなければいけません。

損害賠償請求される場合がある

退職代行のHPを見ると、よくこのような表記を見かけます。

「訴えるぞ」と脅してくる会社もありますが、裁判をするコストを踏まえると、会社側にとって割に合いません。

もちろん、可能性は低いかもしれませんが、訴えを起こすこと自体は可能です。

実際に、損害賠償を請求され、一部認められた例があります。

例えば、入社して1週間で退職した社員に対して、会社が被った損害の一部を賠償するよう認めた事例(ケイズインターナショナル事件:平成4年9月30日東京地方裁判所判決)。

損害賠償請求をされる可能性があるのは、

  • 提携先を失うなど被害が大きい場合
  • 嫌がらせ目的(経済的合理性がない)

こうなった場合は、弁護士をつけないと対応できません。

懲戒解雇の可能性がある

会社側が「そんな業者の連絡は信用できない、なりすましかもしれないし、本人としか話さない!」と突っぱねることも考えられます。

その後、本人から何も連絡しない場合、無断欠勤が続くことになりますよね。

最悪、無断欠勤による懲戒解雇にされる可能性もあります。

会社に反発される

基本的に、退職の申し入れはいつでもできますし、二週間で辞められます。(民法第627条)

が、もし会社がそんな民法を無視して、

  • 「急に退職すると言われても納得できない」
  • 「会社を辞めるなら、有給取得は認めない」

といった「反発」をしてきたら交渉が必要です。

もちろん弁護士が交渉すれば対応できますが、一般業者ではできませんね。

『退職代行』と聞くと、頼んでしまえば丸投げで、自分は何もしなくてもいいような印象がありますが、そうではないんですね。

一般の業者のメリットは、弁護士と比べて費用が安いことくらいです。

弁護士が行う退職代行

弁護士であれば、上記トラブルの心配はありません。(合法なので当たり前ですね)

また、退職の意思を伝えるだけではなく、

  • 退職日の交渉
  • 有給消化や買取の交渉
  • 未払い残業代の請求
  • 退職金の請求

なども合法的に代行してくれますので、自分から会社に連絡をしなくても辞めることができます。

②弁護士が行う退職代行を選ぶこと

一般業者と弁護士が行うサービスの2種類を紹介してきました。

上記を比較して分かるように、基本的には「弁護士が行う退職代行」を選ぶべきです。

弁護士に頼むデメリットとして、一般業者と比較して費用が高い(5万円程度+α)ことがあげられます。

ですが、『辞められない状況を変える』ためのお金ってケチるところでしょうか?

しょっちゅうこんな状況になる方ならケチりたくなるもしれませんが、

辞められなかったり、会社とトラブルになることを考えると、多少値段が上がっても、確実に辞められる弁護士のサービスを選ぶべきですよね。

ただし、自分が辞めても業務に全く支障がなかったり、会社から100%嫌がらせも損害賠償もされない確信がある方は、一般の退職代行でも問題ないケースもあります。

③返信が早い業者を選ぼう

弁護士事務所は、退職代行サービスだけを行っているわけではないので、事務所によっては返信までに時間がかかる場合があります。

すぐに対応して欲しい場合には、この返信速度も大事になってきますよね。

おすすめの退職代行ランキング

1位:汐留パートナーズ法律事務所

弁護士 正社員料金 有給消化 残業代 退職金 受付時間 返信速度

55,000円

着手金無料

着手金無料

着手金無料
24時間受付
電話は日中

汐留パートナーズ法律事務所は、その名の通り弁護士が行う退職代行サービスを提供しています。

特長はそのリーズナブルさ。

一般的な弁護士にかかる費用の相場

項目 相場
相談料 5000~10000円/1時間(初回無料の場合もある)
着手金 10万円~(事件の分野、経済的利益の額による)
手数料 数万円~数十万円(依頼内容による)
時間制報酬 5000円~30000円/1時間(契約内容による)
報酬金 経済的利益の額による
実費 発生しないこともある

(出典:弁護士にかかる費用:料金体系と相場|弁護士ドットコム

一般的に、弁護士にかかる費用として上記の項目があります。

上の表は一般的な弁護費用ですので、退職代行よりも金額は高めにはなっていますが、これらに比べるとお得さが分かると思います。

もちろん、相談だけであれば無料です。

また、メールLINEは24時間受付しており、電話対応はAM10:00〜PM9:00となっています。

一般の弁護士は、退職代行以外の業務も忙しく、返信が遅いことが多いです。

しかし、汐留パートナーズは営業時間であれば、即レスで15分以内に返信があり、対応も丁寧という口コミも多いです。

着手金の安さや、対応の早さという点で、弁護士の行う退職代行サービスの中では一番おすすめできるものです。

\当サイトで一番選ばれています/

≫今すぐ汐留パートナーズに無料相談する

LINEで申し込む場合は、友達追加後「退職代行を検討しています。」とメッセージを送りましょう。担当者から折り返し連絡がきます。

2位:EXIT

弁護士 正社員料金 有給消化 残業代 退職金 受付時間 返信速度
×
50,000円
× ×

「EXIT」は一般の退職代行サービスです。

自分が辞めても業務に全く支障がなかったり、会社から100%嫌がらせも損害賠償もされない確信がある方はこちらがおすすめですね。

EXITは退職代行のパイオニアと呼ばれているほど有名なサービスで、実績は抜群。

退職代行の口コミを調べると、真っ先に出てくるのがこのEXITです。

大手メディア掲載実績も業界No.1であり、一般の業者の中では最も信頼できるのではないでしょうか?

また、独自のサービスとしてキャッシュバックを行っています。

EXIT指定の総合転職エージェントにご登録し、転職が決定した場合、なんと代行費用を全額キャッシュバック(条件あり)してもらえます。

なので、退職後に転職活動を考えている方はかなりお得になる可能性があります。

口コミ

私はEXITに電話で相談しました。先払いで料金を振り込めば、後はそのまま退職手続きをしてくれるとのこと。

私が料金を振り込んでから、数日後にEXITから電話があり『退職手続きは完了した』と連絡がありました。

あとは、退職届と院内に入るカードを郵送で送れば良いとの事。

本当に、上司と顔を合わす事なくスムーズに退職する事が出来ました。

ずっと辞めたいけど、辞めにくいと悩んでいたので、EXITを利用して悩みから解放されました。

今では新たな病院も見つかり、楽しくて働けています。思い切って、退職代行サービスを利用して本当に良かったです。(20代/女性/看護師)

\一般の退職代行ならこちら/

≫今すぐ退職代行EXITに無料相談する 

退職代行おすすめランキングまとめ

おすすめ 1位 2位
名前 汐留パートナーズ EXIT
弁護士 ×
正社員料金
55,000円

50,000円
有給消化請求
着手金無料

交渉はできない
残業代請求
着手金無料
×
退職金請求
着手金無料
×
早朝・深夜相談
電話対応は日中のみ
LINE返信速度
転職支援 ×
キャッシュバックあり

さて今、あなたの前には、

  • 退職代行サービスを利用して退職する
  • 何もしないで現状に戻って耐え続ける

という2つの選択肢があります。

とは言え、いづれ耐えられなくなるのであれば”今は何もしない、という選択”をする方がリスクが高いです。

辛い仕事に耐え続けている間にも、時間はどんどん過ぎ去っていきますので。

僕も『会社を辞める』という選択ができたからこそ”大好きな仕事”にめぐり合うことができました。

ぜひ「会社の利益」なんかよりも「自分自身」のことを大切にしてください。

そして、この記事を参考に、あなたが嫌な職場を辞めて「本当に自分が好きと思える仕事や職場」に出会えることを祈っています。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら