business trip

田舎に転勤したくないから退職した体験談まとめてみた。

Aさん
Aさん

田舎に転勤するくらいだったら退職したいんだけど、実際そんな理由で退職するのってアリなのかなー?体験談があれば知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 田舎に転勤したくないから退職した体験談まとめ
  • 転勤と無縁になったmiyanoの体験談

どうも、miyanoです。

社会人になると、よほどバイタリティーがある人以外、「できれば転勤したくないっ!」って思いますよね。

もし今の職場が死ぬほど嫌で逃げ出したいなら話は変わりますが、そうでなければ、引っ越し面倒だし、環境も人間関係も仕事のやり方も変わるし、転勤なんてしたくないですよね。

特に都市に住んでいる人にとって、田舎への転勤は特にしたくないんじゃないでしょうか?

お店も少ないし、車も必要だし、何かと不便なことも多くなるし、、、

miyano
miyano
めっちゃわかります。

今でこそ僕は、田舎での勤務や転勤を経験しつつも、起業キッカケで今の”誰にもやらされない働き方”に出会うことができましたが、

中には、田舎に転勤するのが嫌なんだけど、それくらいで退職するのってありなんだろうか?と悩んでいる人もいるはず。

ということで今回は、田舎に転勤したくなくて退職した体験談をまとめてみたので参考にしてみてください。

結論から言うと、お金をかけてもいいなら『退職代行サービス』を使うのが一番楽です。

これなら上司と一言も話さずに退職できるので、わざわざ退職理由を心配する必要もありません。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...

『まあ、退職代行を使うほどでもないんだけどなー』という方は、このまま読み進めてみてください。

もう田舎に転勤したくない件。

人事
人事

あなたの配属になった事業所は、車がないと通勤できません。車を持っていない人は用意してください。

miyano
miyano

!?

入社3か月前にこんなことを告げられる時点で、従業員の都合なんて考えていない会社だということは薄々気づいていましたが、僕はそんな会社にまんまと入社してしまいました。

学生の頃は都市部に住んでいて、田舎暮らしの辛さを分かっていなかったので、

miyano
miyano

まあ、住めば都っていうし、どうにかなるっしょ!

という軽い気持ちで社会人になったわけですが、、、

徒歩圏内にコンビニがなかったり、周りにスーパーとパチンコ屋しかなかったり、映画を見に行くのに隣の県まで行く必要があって不便だし、

仕方ないからパチンコ屋に行ったら会社の人と会うくらいコミュニティが狭いし、なんか閉塞感があって結構つらかったです。

その後、どうにか1年くらいで都市部のオフィスに転勤になったので田舎を脱出することができましたが、もう一度同じところに行けと言われたら、

miyano
miyano

あそこに転勤になるくらいだったら、退職します。

って言ったと思います(笑)。

まあ今でこそ、プロフィールで紹介しているように、転職とは無縁の”誰からもやらされない働き方”でお金を稼ぐことができて、退職に向けて動いていますが、

昔の僕と同じように、田舎に転勤するくらいだったら退職したい!って思っている人も多いと思います。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

ということでまずは、田舎に転勤したくないから退職した体験談をアンケートをとってまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

田舎に転勤したくないから退職した体験談まとめ

会社で上司から内示を頂いたときに悩みましたが、当時の彼氏との距離を考えるとより遠くなるのが辛かったので、退職を決意しました。

退職理由は転職を理由に退職することにしました。

結果的には当時の彼とはお別れしてしまいましたが、田舎に転勤せずにそのまま残ったことで、

友人などの支えも立ち直ったので、転勤して友人がいないよりかはよかったと思います。

東京都に住んでいるのですが、三島市に異動と言われたので、新幹線で通勤したいといったら駄目だったので退職を決意しました。

三島市から東京へ新幹線で通勤している男性はいるのに、女性である私はその逆は駄目なのは男尊女卑だと思ったので、

そんな会社に長くいても意味がないなと思いました。退職を伝えた時はかなり引き止められました。退職してすっきりしました。

東京の企業に入社3年目の夏、突然転勤を言い渡されました。正直頭が真っ白でした。

自分が思っていた以上に転勤を言い渡されるのが早かったことと、憧れだった東京そして仲の良い同僚と働けなくなると考えた時、私は迷わず会社を辞めることを決断しました。

幹部に退職理由を正直に伝えたのですが、特に大きな反応はなく「いなくなるのは残念だけど次の会社でも頑張ってくれ。」と、

とても心がこもっているとは言えない労いの言葉を頂きました。

今転勤がない会社に勤めていて、あの時転勤が嫌で辞めたことは良い選択だったと思います。

退職を決意した時は、思っていたよりもスッキリとした心持ちでした。

退職理由は、建前上、長女である私が年老いた親の面倒を見ないといけないからということにしました。

上司に伝えたところ、そういう事情であれば仕方がないという反応で、会社も同様でした。

都会の場合、働ける職場はたくさんあるので、退職してよかったと思います。

詳しい理由はわかりませんでしたが、自分の業績不振から地方への転勤を命じられたことがありました。

そのような業績不振や田舎への転勤を理由にしたくはありませんでしたが、田舎に行き友達や身寄りがないことを恐れ、「一身上の都合」として退職をすることにしました。

仕事は辞めたくありませんでしたが、田舎に転勤をしなくてよくなったことに対して私は退職して良かったと思います。

とある一般企業に勤めてましたが、田舎の部署に行かなければならなくなってしまったことがありました。

自分は妻と小さな子供が2人おり、単身赴任を考えても良かったですが、子供たちの成長を見たかったと言うことで転勤せず退職をすることにしました。

正直な理由を伝えてしまうと「そんな理由で」と言われかねませんでしたので、理由を明かさずに退職をし、上司や部下も温かく退職を見送ってくれました。

仕事を辞めてしまうと言う事は不本意でしたが、子供の成長を見ることができていると言う事から退職して良かったと思っています。

私は九州のど田舎出身、田舎が嫌で嫌でたまらず必死に勉強して東京の大学に進学。

そのまま東京の会社に就職しました。それなのに、会社は2年目から故郷九州の営業所で一旗揚げろと言うのです。

地元の人間の方が、取引先も安心するとの理屈。いくら本社勤務をお願いしてもダメ。

たった一年で会社を辞めることに悩みましたが、もう田舎に戻りたくない一心で、田舎に行くくらいなら辞めると宣言して実行しました。

転職先は規模の小さい会社になりましたが、娯楽が多くなんでも揃ってる東京に残れて大満足です。

東京から北関東の某県への配属を打診されました。出世ルートではあったのですが、

新卒研修のときに1か月滞在しただけでどうしても水が合わず半分鬱状態になってしまった土地で、しかも業務内容も全く希望するものではなかったため、自分の心を守るためにもすぐに転職を決意しました。

転職理由は体調不良と伝えました。実際体調不良だったので、半分本当で半分嘘、といったところです。

私の場合は結果として退職してよかったです。新しい職場では興味のある業務に挑戦でき一時的に下がった収入もすぐに戻り、人間関係も豊かになりました。

田舎への転勤をするなら今の家のままで退職する方がよい。わたしはきっぱりそう想っていました。

元々の仕事への愛着ないし、お金が得られるなら職業は何でもよかったです。

丁度飽きたところなのでよい機会と想ってやめました。

退職理由は、これは嘘ですが、自営業を手伝いことになったので地元を離れる転勤はできない、なので辞めると伝えました。

僕は田舎のほうに5年の契約を言われましたが、都内からはかなり遠い土地でした。そこに5年は辛いと考えました。

観光に行くには落ち着いて良い場所ですが、住むとなると不便で、車がないと何も出来ない場所でした。

会社には親の介護がありますと嘘をついて退職しました。

上司から仕方ないね介護ならと言われ、無事に退職しました。

私の代わりに転勤した同僚は、かなり都合悪い場所だと聞かされてました。やはり退職して正解でした。

田舎に転勤したくない、でも退職に踏み出せないリアル

田舎に転勤したくなくて退職した人の体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介された方はうまいこと退職されていますね。

とはいえ、いくら退職しようと思ったとしても、いざ退職の意志を伝えようとすると、なんだかやっぱり言い出せない、という人も少なくないと思います。

Aさん
Aさん
そうそう、なかなか一歩踏み出せないんだよねー。
miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

転職もうまくいくかわからないし、田舎に転勤になったとしても我慢するしかないよな、、

という感じで、自分の気持ちを押し殺してきましたが、今では自分の本音に素直になって退職の意向を伝えることができています。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな言い出しづらい方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

転勤と無縁の働き方になったmiyanoの場合。

僕は前述のとおり、田舎に配属になって車を買ったにもかかわらず1年足らずで転勤となり、その後、半年間海外に飛ばされたりして、

会社都合で人生を振り回されることに心底嫌気がさしていました。

なので、

miyano
miyano

もう田舎にも転勤したくないし、海外にも飛ばされたくないし、いっそのことこの会社辞めてやりたい!

と思って、退職理由もいろいろと考えていたんですが、

働かないと生活が成り立たないし、転職したとしても今よりいい条件の会社が見つかるかどうかも分からないし、結局ずるずると退職を言い出せない日々を送っていたんですね。

でも一方で、その現状を諦めたら、人生自体をあきらめた気がしてそれだけは絶対に嫌だとも思っていました。

なので退職を言い出せる方法をいろいろと考えて、最終的にある方法にたどり着きました。

会社を辞められない不安を全て潰せばいい思ったんですね。

そうすれば、『辞めない理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

・世間体

・転職しても会社の都合に振り回されない仕事に就けるか不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、不安なく辞めることができるわけです。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、ブログを始めてみることにしました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

具体的にはこんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は結構世間体を気にしてしまいました。

でも、これは上で書いたブログをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があります。

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみるといいですね。

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

転職しても会社の都合で振り回されない仕事に就けるか不安

最後に、「別の会社に転職しても、結局、会社の都合で振り回されてしまうんじゃないか?」という不安です。

正直なところ、この不安は最後まで付きまとっていたんですが、ブログで稼げるようになって、会社に依存せずに生きていけそうになったことで解決しました。

まあ今になって考えてみると、会社員として雇われている以上、大なり小なり振り回されることになりますよね。

なので、それがどうしても嫌だったら独立して生きていく以外の選択肢はないんですけどね。

でも当時はそんなこと全く意識していなくて、

会社から速足で帰ってきて、カップラーメンをすすりながら必死でブログを更新していたら、いつの間にか独立できるだけの収入になっていた感じです。

ちなみにブログは、別に誰かにやらされているわけではないので、おのずと主体的に取り組むことができます。

主体的に取り組めることを見つければ、「今までやりたいことなんて考えもしなかった僕」ですらワクワクしながら仕事に取り組むことができたので、「やりたいことが分からない」という人は参考にしてみてくださいね。

面倒くさいなら退職代行を使うのもありです。

副業なんてめんどいし、さっさとお金で解決したい、という人は潔く退職代行を使いましょう。

これなら上司と一言も話さずに退職できるので、わざわざ退職理由を心配する必要もありません。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で仕事を辞める不安を解消し、転勤と無縁の働き方にシフトすることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように退職のキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら