employee

退職理由が思いつかない!無難な理由と辞めた体験談まとめ

Aさん
Aさん

上司に退職の意向を伝えたいんだけど、「お前がウザいから辞めます」とは言えないし、何か無難でいい感じの退職理由思いつかないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 退職理由が思いつかない時の無難な理由と辞めた体験談
  • 退職理由をスムーズに伝えるコツ

どうも、miyanoです。

退職したいっ!って思っているんだけど、いざ退職の意志を上司に伝えようと思うと、なんて理由を説明したらいいか迷いますよね。

Aさん
Aさん

今日こそ辞めるって言うぞ、言うぞ、、、でも退職理由聞かれたらなんて答えよう・・・

「お前がウザいから辞めるんだよ!」とは言えないし、嘘ついてもバレたら嫌だし・・・

miyano
miyano
めっちゃわかります(笑)。

別に退職理由なんて「一身上の都合」で十分ですし、何を聞かれても言う必要なんてないんですよね。

でも、一応もっともらしい無難な理由を考えておいた方が納得してもらえて、スムーズにことが進む可能性が高いですよね。

僕もいい退職理由ないかなーといろいろ考えていましたが、起業キッカケで吹っ切れて普通に退職の意志を伝えることができました。

ということで今回は、いい感じの退職理由が思いつかない時に参考になる無難な退職理由と体験談をまとめてみたので紹介していきます。

いくら退職したくてもさすがに本音は言えない件。

昔の僕は、仕事に興味が持てなくて、仕事中は心底やる気がなくて、そんな仕事をしなければいけない現実にイライラしながら働いていました。

  • 「仕事は見て覚えろ」といって何も教えてくれない上司
  • 1週間前に宣告される海外出張

など、理不尽なことも多かったので仕事が本当につまらなく感じていたんですよね。

当時は、自分以外が帰宅して1人ぼっりになった職場で、イライラしてレッドブルの缶をグシャグシャに握りつぶして、ゴミ箱に向かって「バコーン!」と投げ捨てたりしていました笑。

そんな状況だったので、

miyano
miyano

このまま貴重な20代の時間を使うのももったいないし、嘘ついてでも退職したいでござる。

と常に思っていました。

でも、本音では、

miyano
miyano

こんなクソみたいな職場でやってられるかボケ!

と思っているんですが、さすがにそれは直接言えないので建前というか、嘘の退職理由を言うことになるわけですよね。

でも適当に思い付きで言った嘘の退職理由がバレたらどうしよう・・・という不安もありました。

そもそも退職理由なんて「一身上の都合」で十分ですし、何を聞かれても言う必要なんてないんですよ。

でも、例えば上司との面談で、

上司
上司
  • なんで辞めるんだ
  • それ本当か?
  • それは他の支店ではできないの?
  • 辞めて何の仕事するんだ?
  • 次の職場は決まってるのか?

という質問攻めにあったら、何かしら答えなきゃ気まずい雰囲気になりますし、

miyano
miyano

いや、田舎の両親の介護で・・・

みたいな理由だと、会話しているうちに罪悪感を感じてボロが出て嘘がばれるんじゃないかと不安で、なかなか退職に向けて踏み出せない自分がいました。

今でこそ、プロフィールで紹介しているように、誰からもやらされない働き方でお金を稼ぐことができているので、退職に向けて動くことができましたが、

昔の僕と同じように、きっぱり辞めようと思ってもなかなか無難な退職理由が思いつかなくて踏み出せないという人も多いと思います。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

ということでまずは、退職理由が思いつかない時の無難な理由を、辞めた体験談とともにまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

退職理由が思いつかない時の無難な理由と辞めた体験談まとめ

全く違う仕事に挑戦したい

職場の人間関係が悪化したので退職を考えてました。

新しく違う仕事に挑戦したいことを言えば自然でばれないと思いました。

また相手を傷つけることなく円満に退職することができて、応援してくれそうだったので決め手になりました。

引き留められることもなく、綺麗にやめることができました。

引き留められなかったことは少し悲しかったですが、綺麗に退職できたので良かったです。

私は当時在籍していた会社での仕事が辛くなって辞めました。

しかし、辛いからという理由で辞めると何かと引き留められ、体制を変えようとしたり、勤務体系を見直すだの何かと理由をつけられて引き留められましたので、

次に辞める意思を伝えるときは、全く違う異業種の仕事をしたくなった。どうしてもやりたい仕事が見つかったということにしました。

そうなると相手もやりたいことを否定することは出来ず、渋々退職をさせてもらえることになりました。

否定的な退職よりも前向きな退職を理由にすると相手は引き留められないのだなと思いました。

miyano
miyano

僕の経験上これがベストですね。悪印象も与えづらいですし。

ただし、引き止められる際の上等文句として、

上司
上司

うちの会社の別の部署ではできないのか?(異動を打診される)

上司
上司

その業界に行っても結構厳しいと思うぞー?(うちの会社の方が安泰だぞ、というマウンティング)

miyano
miyano

この2つは言われる可能性が高いので、返せるように考えておいたほうが安心ですね。

資格勉強、学校に通うため

今のままその職場で続けることに不安を覚え、違うことをやってみたいと思ったのがきっかけです。

ほかの会社にいきたいというよりは全く別な行動の方が気まずくならないと思います。

私は資格勉強のためと言いました。

社労士だったのですが、しっかり勉強しないと難しい国家資格などを出した方が、納得してもらいやすく、スムーズに退職できました。

知人の紹介で条件の良い会社を紹介してもらったので、現在の職場を退職することにしました。

その時使ったセリフが「私は動物が好きなので獣医師になる為に学校に通います」と上司に告げました。

このご時世、子供の人数よりペットの方が多い時代。

我社も勿論ながら、大多数の社員が何かしらのペットと一緒に暮らしています。

上司はもちろん、職場の皆んなは、会社を退職する事を悪く言う人は居なく、むしろ共感され、快く送り出してくれました。

しかし、罪悪感は半端ないで

退職を考えたきっかけは、会社の本音と建前の乖離がはげしく、それが嫌になったことでした。

建前上は、立派な理念を掲げているのですが、実際は利益追求が第一といった感じです。

退職の理由には、資格試験を受験することを挙げました。

職場が資格試験の予備校で、資格の取得を目的とする生徒さんを応援する立場なので、資格試験を受けるという人を無理に引き止めることは会社としてやりにくい雰囲気があったからです。

この理由が使える職場の人は多くないかもしれませんが、退職を認めないと会社の立場と矛盾するような理由を考えることができれば、退職しやすいと思います。その退職理由でほとんど問題なく退職できました。

営業や接客が性に合わなかったのと、仕事をする環境が最悪になってきたので退職を考えました。

退職時、まだ20代で若かったので、学生時代からの夢を諦められないので、仕事を辞めて勉強に専念したいと言う理由を伝えました。

また、20代とは言え、20代後半だったので、これが最後のチャンスだと考えていると言う理由もつければ、不自然ではないと思いました。

退職理由を伝えてからは、上司が自分自身の体裁を考えて止めてきましたが、最終的には円満に退職出来ました。

miyano
miyano

年齢が高いと違和感がある理由ですが、若いうちであれば、転職よりも資格取得の方が無難に乗り切れるかもしれませんね。

世間的には転職より攻めた選択肢なので、しっかり情熱をもっていることをアピールした方が自然ですね。

迷惑がかかるといけないので

人間関係に悩んで退職を考えました。

数か月だけ先に入社した先輩が、上司に嘘ばかり伝えて上司は私の事を信じてくれないので辞めようと思いました。

嘘の退職理由「仕事に自信がなくなりました。ミスをするかも知れないと毎日不安です。皆さんに迷惑が掛かるといけないので辞めさせてください。

引き留められて暫く休むことを勧められ悩みましたが、最終的には強い意志を見せたので辞めることが出来ました。

miyano
miyano

ネガティブ系の理由は、絶対1回は引き止められますよね。

それでも強い意志で「無理です。」と突き通せるのであればいいですが、少し辞めるまでにズルズル長引いてしまうかもしれません。

起業するので

退職を考えたきっかけは、オーナー社長のわがままぶりに我慢ができなくなったからです。

私は奴隷のような扱いでしたので、そこから抜け出そうと決意しました。

退職理由は、起業するということにしました。

社長はプライドの高い人間でしたので、単なる転職だということにすると、ウチの何が不満なんだと腹を立てる可能性がありました。

引き継ぎまでは多少時間がかかりましたが、円満に退職ができました。

miyano
miyano

この方はうまく退職されたようですが、個人的には起業を理由にするのはあまりお勧めできませんね。

経験上、上司って大体マウントとってくるので、

「どういう起業をするんだ?世間はそんなに甘くないぞ?」

という言いがかりをつけられます。

そう言われてもゴリ押しできるのであれば使ってもいいかもしれませんが。

家族、恋人の転勤についていく

会社内でどんどん社員が辞めていきました。

原因としては部長が別の人に代わったことにより会社の経営方針が労働者に不利なものになったからです。

このままでは仕事が回らなくなるのではと危機感を感じたので退職しました。

建前の理由としては、夫の転勤があるかもしれないので県外に転居を考えているということにしました。その結果スムーズな退職が出来ました。

独身にしか使えませんが、恋人が転勤になるので、それについていく予定だというもの。

結婚するためだと言ってしまえばあれこれ聞かれたりお祝いがどうとか面倒なことになりそうですが、結婚を考えている恋人ということにしておけばギリギリばれないような気がしました。

しかも、理由が理由なので、強く引き留めたり、もめたりしにくい雰囲気も作れます。

結婚する

人間関係が嫌でやめたかったが、人間関係について話すと改善するなど言われて引き留められると思ったので、架空の結婚話を作り辞めました。

結婚なら反対出来ないし、やめた後に職場の人との交流がないとわかっていたので、結婚しなくてもバレないと思いました。

理由も結婚というめでたい事だったのですんなり辞めることが出来ました。

miyano
miyano

寿退社って退職理由としてはありがちですけど、お祝いだったり、上司や同僚を式に呼ぶ呼ばないなど、建前で言った場合には結構ごまかしずらい理由なんですね。

この方のように、職場の人との交流がほとんどない場合は使っても大丈夫そうですね。

無難な退職理由を考えるのって本当に必要ですか?

さて、無難な退職理由の例を紹介してきましたがいかがでしょうか?

ピンとくるものがありましたか?

それとも「退職理由考えるのめんどくせー」と思ったでしょうか?

さて、ここで一旦冷静になって考えてみましょう。

無難な退職理由をいろいろ考えることって本当に必要なことなんでしょうか?

試しに、表にしてメリットとデメリットを整理してみました。

無難な退職理由を考える
メリット ・穏便に退職できる可能性がある
デメリット ・嘘がバレる可能性がある
・単純に面倒くさい
時間的コスト

×

金銭的コスト

まず、嘘の無難な退職理由が最後までバレなければ、波風立てずに穏便に退職できるメリットがありますね。

実際僕も最後まで嘘の理由で通しましたが、波風立てずに退職することができました。

デメリットとしては、嘘がバレて余計に面倒になる可能性がありますよね。

例えば、僕は以下のようことは何回も聞かれましたから、これらに答えられないようならバレる可能性ありです。

上司
上司
  • なんで辞めるんだ
  • それは他の支店ではできないの?
  • 辞めて何の仕事するんだ?
  • 次の職場は決まってるのか?

僕もかなりシミュレーションしてから上司との面談に臨みましたが、

miyano
miyano

えっと、次はIT業界で、友人が取締役をやっている会社に行くことになって・・・

など、結構苦しい言い訳になってしまった部分もありました。

そして一番のデメリットは時間的なコストがかかることです。

社会人になると”人生の時間の大切さ”は身に染みているはずです。

ですが、わざわざ無難な退職理由を考える場合、そんな貴重な時間をたくさん使ってしまうんです。

実際に僕が退職までにやったことはこちら。

  • 嘘の無難な退職理由を考える
  • つっこまれても大丈夫なようにシミュレーションする
  • 親しい同僚には事前に説明しておく
  • 上司複数人との面談5回:理由の説明、退職日の交渉、有給休暇の消化交渉など
  • 退職願いの作成
  • 上司に退職願を提出、人事部に送付してもらう
  • 人事部との面談1回
  • 仕事の引継ぎ資料の作成
  • 引継ぎ作業
  • デスクの片付け
  • 人事部と未払い給与、雇用保険、離職票、退職金の振込請求等の確認
  • 挨拶回り、関係者に説明
  • 送迎会に出席、部署の人たちの前で挨拶

めっちゃ多く見えますが、退職しようと思ったら普通にこれくらいの手間がかかります。

そして、僕の場合は最終的に退職するまでに1年近くかかりました。

もっと早く辞めたかったんですが辞められず、この過程で費やした労力は、今考えると全て無駄でした。

もちろん、その職場でまだ得るものがあるなら時間をかけて退職準備をすればいいと思います。

でも、その職場でもう得るものがないのであれば、退職をするまでの期間ってぶっちゃけ人生の無駄じゃないですか?

転職先が決まっていればなおさらです。

さっさと次の仕事の経験値を積んだ方がいいに決まっています。

Aさん
Aさん

でもみんなやってることだし、時間がかかっても仕方ないよ。

と思っているあなた、実はもっと楽に解決できる方法があるんです。

退職作業に時間を奪われたくないなら退職代行があります

退職作業に時間を奪われたくないのであれば、退職代行を使うという手があります。

退職代行とは要するに、『退職の意思をあなたに代わって会社に伝えてくれるサービス』のことですね。

退職代行サービスを使うことで、あなたは無駄な手間をかけずに退職することができるんです。

表にしてメリットとデメリットをまとめてみるとこんな感じですね。

退職代行を使う
メリット ・退職作業に時間を奪われることがない
デメリット ・業者選びを間違えるとトラブルになる可能性もある
時間的コスト


即日辞められるケースもある

金銭的コスト


50,000円程度が相場

まず、基本的な会社への連絡等は業者がやってくれますので、あなたは何もする必要はありません。

先ほどの例に当てはめてみるとこんな感じですね。

不要:嘘の無難な退職理由を考える

不要:つっこまれても大丈夫なようにシミュレーションする

不要:親しい同僚には事前に説明しておく

不要:上司複数人との面談5回:理由の説明、退職日の交渉、有給休暇の消化交渉など

必要:退職願いの作成

不要:上司に退職願を提出、人事部に送付してもらう

不要:人事部との面談1回

場合による:仕事の引継ぎ資料の作成

場合による:引継ぎ作業

不要:デスクの片付け

業者による:人事部と未払い給与、雇用保険、離職票、退職金の振込請求等の確認

不要:挨拶回り、関係者に説明

不要:送迎会に出席

必要:会社から借りている物品を郵送で贈り返す

最大で8割ほどの作業が不要になります。

僕のケースに当てはめると、数ヶ月分は短縮できることになります。

miyano
miyano

空気を読まずに、退職代行でも使ってもっと早く辞めていたら…と今でも悔やむことがあります。

最短で即日辞められるケースもあるんです。

(退職日を決める⇒それまで有給(労働者の権利)を使うことで、出社せずに退職できる)

もちろん金銭的なコストはかかります。

でも、数か月今の職場で無駄に耐えることを考えると、どう考えてもお金を払ってすぐに辞めた方が合理的ですよね。

実際に「早急に退職手続きは済ませたい」という理由で退職代行を利用する人も増えているんですよ。

自分としては退職の手続きは早急に済ませてはやく次の行動を起こしたいという気持ちが強かったので。

(引用:【退職代行EXIT 利用者体験談】人材広告会社Iさん)

ただし、需要が急増しているサービスだけに、怪しい業者が増えているのも事実です。

業者選びを間違えると、損害賠償請求や懲戒解雇など、会社側と思わぬトラブルになることもあります。

退職代行の仕組みや、失敗しないサービスの選び方のポイントなどはこちらの記事で徹底解説しています。

時間を無駄にしたくない!という方はぜひこちらの記事を参考にしてみて下さいね。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...

無難な退職理由を考えるvs退職代行

改めて、頑張って無難な退職理由を考える場合と、退職代行を使う場合を比較するとこんな感じになりますね。

嘘の退職理由 退職代行
メリット ・穏便に退職できる可能性がある ・退職作業に時間を奪われることがない
デメリット ・嘘がバレる可能性がある
・単純に面倒くさい
・業者選びを間違えるとトラブルになる可能性もある
時間的コスト ×
半年以上
引き延ばされることもある

即日対応も可能
金銭的コスト
50,000円程度

失敗しない退職代行の選び方はこちらの記事で徹底解説していますので、併せてご覧下さい。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら