employee

嘘でも罪悪感なし!バレないおすすめ退職理由まとめ【嘘も方便】

Aさん
Aさん

嘘ついても罪悪感がなくてバレないような退職理由が知りたいんだけど、いい理由ないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 罪悪感なしでバレないおすすめの退職理由と体験談
  • 退職理由を言い出しにくい時の対処方法

どうも、miyanoです。

退職したいっ!って思っているんだけど、いざ退職の意志を上司に伝えようと思うとなんか緊張しますよね。

Aさん
Aさん

今日こそ辞めるって言うぞ、言うぞ、、、でも退職理由聞かれたらなんて答えよう・・・

「お前がウザいから辞めるんだよ!」とは言えないし、嘘ついてもバレたら嫌だし・・・

嘘も方便とは言いつつも、下手なこと言ったり嘘がばれたら転職に悪影響を及ぼすのでは?とか心配になってしまいますよね。

miyano
miyano
めっちゃわかります(笑)。

僕もいい退職理由ないかなーと躊躇してきましたが、起業キッカケで吹っ切れて普通に退職の意志を伝えることができました。

ということで今回は、嘘なんだけど罪悪感がなく、しかもバレない退職理由について体験談とともにまとめてみたので紹介していきます。

退職理由を嘘ついてでも退職したいでござる

昔の僕は、仕事に興味が持てなくて、仕事中は心底やる気がなくて、そんな仕事をしなければいけない現実にイライラしながら働いていました。

  • 「仕事は見て覚えろ」といって何も教えてくれない上司
  • 1週間前に宣告される海外出張

など、理不尽なことも多かったので仕事が本当につまらなく感じていたんですよね。

当時は、自分以外が帰宅して1人ぼっりになった職場で、イライラしてレッドブルの缶をグシャグシャに握りつぶして、ゴミ箱に向かって「バコーン!」と投げ捨てたりしていました笑。

周りからよくリアクションが薄いと言われるので、はたから見ればつまらない感じが出ていなかったかもしれませんが(笑)。

しかも、そんな興味がなくてやる気の出ないことを、残業100時間以上やらされていたので精神的にかなり参っていた時期もありました。

それだけ長時間労働していたにもかかわらず、同じ仕事でも楽しそうに取り組んでいる後輩の方がスキルも知識も上回っていて、差は開いていくばかりでした。

そんな状況だったので、

miyano
miyano

このまま貴重な20代の時間を使うのももったいないし、嘘ついてでも退職したい!

と常に思っていました。

嘘がバレたらどうなるの?ちょっと罪悪感もあるよね

本音では、

miyano
miyano

こんなクソみたいな職場でやってられるかボケ!

と思っているんですが、さすがにそれは直接言えないので建前というか、嘘の退職理由を言うことになるわけですよね。

でも嘘の退職理由がバレたらどうしよう・・・という不安もありました。

そもそも退職理由なんて「一身上の都合」で十分ですし、何を聞かれても言う必要なんてないんですよ。

でも、例えば上司との面談で、

上司
上司
  • なんで辞めるんだ
  • それ本当か?
  • それは他の支店ではできないの?
  • 辞めて何の仕事するんだ?
  • 次の職場は決まってるのか?

という質問攻めにあったら、何かしら答えなきゃ気まずい雰囲気になりますし、

miyano
miyano

いや、田舎の両親の介護で・・・

みたいな理由だと、会話しているうちに罪悪感を感じてボロが出て嘘がばれるんじゃないかと不安で、なかなか退職に向けて踏み出せない自分がいました。

今でこそ、プロフィールで紹介しているように、誰からもやらされない働き方でお金を稼ぐことができているので、退職に向けて動いていますが、

昔の僕と同じように、きっぱり辞めようと思ってもなかなか踏み出せないという人も多いと思います。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

どうせ嘘ついて退職するなら、バレずに罪悪感がないような理由の方が言い出しやすいよね、ってことで、そんな退職理由を体験談とともにまとめてみました。

罪悪感なしでバレないおすすめ退職理由7選【嘘も方便】

寿退社

地方出身を利用して、地元の人と結婚が決まったので結婚準備のため。

という理由で退職しました。もちろんジミ婚で披露宴などなし。

いざとなったら、結婚を前に破局したという逃げ道もあるので嘘だとバレることはないです。

寿退社です。

実際結婚はする予定だったんですけど、まだ挙式も決まっていなかったですし、具体的なことは全然決まっていない状態でしたが、彼のお家の事情で専業主婦にならないといけないので…

と伝えると結構辞めづらい職場でしたがOKでした。

本当は全然専業主婦じゃなくて働かなきゃいけないくらいの感じなんですけど、古い会社だったからかもしれません。

結婚する予定だったので、相手が家庭に入って欲しいと言っていると伝えて退職しました。

続けたい気持ちはあることを伝え、その上で家事との両立は難しいことを申し訳なさそうに伝えて退職しました。

理由が理由だけに罪悪感はなかったです。

miyano
miyano
まあ、女性は使いやすい理由かもしれないですね。

精神的な治療のため

体験談ですが、昔精神的に弱い部分があり、その治療で退職したいといい実際にしました。

その原因は仕事ではなくプライベートのこと、配偶者のことや親関係で病んでしまってなど、働くと生活が共同できなく変えていこうと思いますなど、相手に踏み込めない話にして、辞めたくはないが辞めざる終えないと思わせていくのがいい手段でした。

嘘かどうかは診断書や何かを出せということがない限り普通の人ならばいいませんし、もしそうなっても内科で胃の痛みとかでかかりストレスといわれ心療内科の紹介状を書いて貰えば大丈夫です

何も咎められずに退社した時についた嘘は「精神的につらい・鬱になってしまった」というものです。

心療内科へ行って仕事が辛いからもう行きたくないと嘘泣きとしたら、ちゃんと診断書を書いてくれました。

病名は「抑うつ状態」でした。それを持って行って、わざとノーメイク・髪ボサボサで「辛いです」と言ったら即辞めさせてくれました。

退職金も出ました。本当は新しく上司になった女性が嫌だっただけなのですが、精神的に参ってしまって働けないという嘘は効きます。

心療内科に行って

「仕事がしんどくてそのせいで眠れず体が鉛のように重く自殺を考えたりもする。なので、診断書を書いてください。」

と言うとうつ病の診断書をくれるのでそれを会社に提出すれば辞められた。

会社が原因とする点がポイントです。

体調不良と精神疾患が理由で働けなくなって辞めました。

何も問題がなく調子が良いときは健康で元気なので、嘘でも本当でもないような理由なんです。

すべてが嘘というわけではないので、罪悪感はそんなに感じません。

miyano
miyano

診断書があれば説得力が出ますね。

親・家族の面倒を見るため

実家の親の体調が悪化したので会社を辞めて看病に専念したい。

会社を辞めるほどではなかったのですが、実家の親の体調が実際に悪くなる傾向はあったので罪悪感なく会社を辞めることができました。

お見舞いは一切遠慮したい旨も強くお願いしました。

この理由にとやかく言える人はまずいません。

家族のちょっとした病気を理由に退職する。

ちょっとした病気を大袈裟に言って、退職することがおすすめです。

嘘はついていないので、罪悪感なく辞めることができますし、家族の病気であれば、会社の人も無理に引き止めることもないです。

祖母が癌を発症し、闘病生活を始めていました。

そのころ東京で仕事をしていましたが、あまりのサービス残業の多さにうんざり。

祖母が癌になって家族みんなで支えないといけないので」と上司に嘘をついて退職。

その後、また都内の会社へ転職しました。

私が使った理由としては母親の体調不良を理由にしたものでした。

当時母は命に別条はないものの手術を受ける予定だったので、手術内容を少し誇張し大きめの病気のため実家に戻るという理由をつけました。

理由としては成り立っておりますし、100パーセントの嘘ではありませんので罪悪感も軽減されたと感じています。

家業を継ぐため

人間関係悪化で退職しましたが、そのまま言えるわけありませんでした。

理由としては家業を継ぐため退職したいと伝えました。

実家の家業があるとかは会社の人は知らないし、今の仕事は修行みたいなものだと思ってもらえます。

地方出身なので、実家に戻って両親の仕事を引き継ぐと言う理由で退職を伝えました。

辞めたい会社の最寄駅には、今後行く事は殆どないのと、今後転職をするにあたっても、辞めた会社のある駅周辺は避けるようにしたので、この理由で退職しました。

30代の初めに友人が広告代理店業で独立したのですが、

幼馴染の会社をどうしても私がヘルプしなければなりません。親同士の話でそれがいいということになったのです」と、

家族ぐるみのやむを得ない事情ということをアピールして退職しました。

友人の会社には就職しませんでしたが。

他の仕事にチャレンジしたい

私の場合は「1度きりの人生なので、他の仕事にも前向きにチャレンジしたい」と伝えて退職しました。

人生後悔なく生きたいという旨を強調して伝えることで、そこまで強く引き止められないと思いますし、罪悪感を少なく退職できると思います

今までと違う他の業種にチャレンジしてみたいという理由です。

これだと今の仕事がイヤだとは言ってないので円満に辞めれるからです。

実際この理由を使って『一度しかない人生、色んなチャレンジをしてほしい』と前の職場の上司に言われ、円満退職できました。

家庭の両立が難しいので

私は人間関係が嫌で辞めたかったですが、そんな事は言えないので、「仕事と家庭の両立が難しいので辞めさせて下さい。」とお願いしました。

結婚して通勤にかなり時間がかかっていたので誰にもバレずに辞められました。

ストーカーが理由で

職場をストーカーに特定されてしまったみたいで、職場の前まで尾行してきた人がいたので怖くなって辞めました。

この理由なら職場の人達は全く関係がないですし、自分が悪いわけでもないので罪悪感は感じないと思います。

嘘がバレない退職理由を考えるのって本当に必要ですか?

さて、罪悪感なしでバレない嘘の退職理由の例を紹介してきましたがいかがでしょうか?

ピンとくるものがありましたか?

それとも「退職理由考えるのめんどくせー」と思ったでしょうか?

さて、ここで一旦冷静になって考えてみましょう。

バレない退職理由をいろいろ考えることって本当に必要なことなんでしょうか?

試しに、表にしてメリットとデメリットを整理してみました。

嘘がバレない退職理由を考える
メリット ・穏便に退職できる可能性がある
デメリット ・嘘がバレる可能性がある
・単純に面倒くさい
時間的コスト

×

金銭的コスト

まず、嘘の退職理由が最後までバレなければ、波風立てずに穏便に退職できるメリットがありますね。

実際僕も最後まで嘘の理由で通しましたが、波風立てずに退職することができました。

デメリットとしては、嘘がバレて余計に面倒になる可能性がありますよね。

例えば、僕は以下のようことは何回も聞かれましたから、これらに答えられないようならバレる可能性ありです。

上司
上司
  • なんで辞めるんだ
  • それは他の支店ではできないの?
  • 辞めて何の仕事するんだ?
  • 次の職場は決まってるのか?

僕もかなりシミュレーションしてから上司との面談に臨みましたが、

miyano
miyano

えっと、次はIT業界で、友人が取締役をやっている会社に行くことになって・・・

など、結構苦しい言い訳になってしまった部分もありました。

そして一番のデメリットは時間的なコストがかかることです。

社会人になると”人生の時間の大切さ”は身に染みているはずです。

ですが、わざわざ嘘の退職理由を考える場合、そんな貴重な時間をたくさん使ってしまうんです。

実際に僕が退職までにやったことはこちら。

  • 嘘のバレない退職理由を考える
  • つっこまれても大丈夫なようにシミュレーションする
  • 親しい同僚には事前に説明しておく
  • 上司複数人との面談5回:理由の説明、退職日の交渉、有給休暇の消化交渉など
  • 退職願いの作成
  • 上司に退職願を提出、人事部に送付してもらう
  • 人事部との面談1回
  • 仕事の引継ぎ資料の作成
  • 引継ぎ作業
  • デスクの片付け
  • 人事部と未払い給与、雇用保険、離職票、退職金の振込請求等の確認
  • 挨拶回り、関係者に説明
  • 送迎会に出席、部署の人たちの前で挨拶

めっちゃ多く見えますが、退職しようと思ったら普通にこれくらいの手間がかかります。

そして、僕の場合は最終的に退職するまでに1年近くかかりました。

もっと早く辞めたかったんですが辞められず、この過程で費やした労力は、今考えると全て無駄でした。

もちろん、その職場でまだ得るものがあるなら時間をかけて退職準備をすればいいと思います。

でも、その職場でもう得るものがないのであれば、退職をするまでの期間ってぶっちゃけ人生の無駄じゃないですか?

転職先が決まっていればなおさらです。

さっさと次の仕事の経験値を積んだ方がいいに決まっています。

Aさん
Aさん

でもみんなやってることだし、時間がかかっても仕方ないよ。

と思っているあなた、実はもっと楽に解決できる方法があるんです。

退職作業に時間を奪われたくないなら退職代行があります

退職作業に時間を奪われたくないのであれば、退職代行を使うという手があります。

退職代行とは要するに、『退職の意思をあなたに代わって会社に伝えてくれるサービス』のことですね。

退職代行サービスを使うことで、あなたは無駄な手間をかけずに退職することができるんです。

表にしてメリットとデメリットをまとめてみるとこんな感じですね。

退職代行を使う
メリット ・退職作業に時間を奪われることがない
デメリット ・業者選びを間違えるとトラブルになる可能性もある
時間的コスト


即日辞められるケースもある

金銭的コスト


50,000円程度が相場

まず、基本的な会社への連絡等は業者がやってくれますので、あなたは何もする必要はありません。

先ほどの例に当てはめてみるとこんな感じですね。

不要:嘘のバレない退職理由を考える

不要:つっこまれても大丈夫なようにシミュレーションする

不要:親しい同僚には事前に説明しておく

不要:上司複数人との面談5回:理由の説明、退職日の交渉、有給休暇の消化交渉など

必要:退職願いの作成

不要:上司に退職願を提出、人事部に送付してもらう

不要:人事部との面談1回

場合による:仕事の引継ぎ資料の作成

場合による:引継ぎ作業

不要:デスクの片付け

業者による:人事部と未払い給与、雇用保険、離職票、退職金の振込請求等の確認

不要:挨拶回り、関係者に説明

不要:送迎会に出席

必要:会社から借りている物品を郵送で贈り返す

最大で8割ほどの作業が不要になります。

僕のケースに当てはめると、数ヶ月分は短縮できることになります。

miyano
miyano

空気を読まずに、退職代行でも使ってもっと早く辞めていたら…と今でも悔やむことがあります。

最短で即日辞められるケースもあるんです。

(退職日を決める⇒それまで有給(労働者の権利)を使うことで、出社せずに退職できる)

もちろん金銭的なコストはかかります。

でも、数か月今の職場で無駄に耐えることを考えると、どう考えてもお金を払ってすぐに辞めた方が合理的ですよね。

実際に「早急に退職手続きは済ませたい」という理由で退職代行を利用する人も増えているんですよ。

自分としては退職の手続きは早急に済ませてはやく次の行動を起こしたいという気持ちが強かったので。

(引用:【退職代行EXIT 利用者体験談】人材広告会社Iさん)

ただし、需要が急増しているサービスだけに、怪しい業者が増えているのも事実です。

業者選びを間違えると、損害賠償請求や懲戒解雇など、会社側と思わぬトラブルになることもあります。

退職代行の仕組みや、失敗しないサービスの選び方のポイントなどはこちらの記事で徹底解説しています。

時間を無駄にしたくない!という方はぜひこちらの記事を参考にしてみて下さいね。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...

嘘がバレない退職理由を考えるvs退職代行

改めて、頑張って嘘の退職理由を考える場合と、退職代行を使う場合を比較するとこんな感じになりますね。

嘘の退職理由 退職代行
メリット ・穏便に退職できる可能性がある ・退職作業に時間を奪われることがない
デメリット ・嘘がバレる可能性がある
・単純に面倒くさい
・業者選びを間違えるとトラブルになる可能性もある
時間的コスト ×
半年以上
引き延ばされることもある

即日対応も可能
金銭的コスト
50,000円程度

失敗しない退職代行の選び方はこちらの記事で徹底解説していますので、併せてご覧下さい。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら