リアクション薄いのが悩みな人ができる唯一の改善法

薄い, 改善, 悩み, リアクション

 

どうも、miyanoです。

 

あなたは普段、リアクション薄いって言われることありませんか?

私も昔は結構言われていました。

 

自分では精いっぱい笑っていたつもりなのに「何その半笑い(笑)」って言われたり、

普通に相づちを打っていただけなのに「リアクション薄っ」って言われたり。

 

自分ではそこまで自覚はないんですが、他人からこうも言われてしまうと少し気になってしまいますよね。

 

でもあるきっかけで考え方を変えることができて、リアクションもとれるようになったので、

今回はそんなリアクションが薄いことで悩んでいる人が改善していくための方法をお伝えしていこうと思います。

 

 

リアクション薄いのが悩みな人ができる唯一の改善法

薄い, 改善, 悩み, リアクション

いきなりそもそも論になってしまうんですが、

そもそもリアクションって何のためにするのかって考えたことありますか?

実際考えたことのある人って少ないと思いますし、私もそうでした。

 

ここで、「リアクションって何のためにするんだ?」ということに気付いた私のエピソードをちょいと紹介します。

 

薄い, 改善, 悩み, リアクション

それは当時、私が学生時代に居酒屋でバイトをしていた頃の話。

 

その居酒屋、学生はめったに来ないようなちょっといい感じの大人の居酒屋で、店長は某高級ホテルで修業を積んだ実力者でした。

バイトもお客さんもいい意味でフレンドリーだったので、常連のお客さんも多いお店でした。

 

ある日、常連のお客さんの1人が、

「おい、miyanoくん、今日は頑張ってるから好きなもの飲んでいいぞ!」

とおごりの打診をしてくれたんですよね。

 

まあ悪い気はしませんでしたが、

正直まだ厨房の片づけが大量に残っているし、別に飲みたい気分でもないし、

「いやーそんなの悪いっすよ」と遠慮してしまったんですね。

 

そんなやりとりをしていた時、背後から突き刺さる視線を感じました…

 

店長「miyano、ちょっとこい」

miyano「 (((( ;゚д゚)))アワワワワ 」

 

呼び出された店の裏で、店長は私にこう言いました。

 

「何であの人はわざわざお前におごってくれると思う?

 それは、喜んでほしいからなんだ」

 

私は思わずハッとしてしまいました。

ある意味それは、その人の「人におごるという自尊心」をくすぐるだけのものかもしれません。

 

でもその後に、

「マジっすか?よっしゃー!いただきまーす!」と無理して意識的にリアクションを大きくとった時に

その常連のお客さんはすごく喜んでくれました。

そして、私もちょっとうれしい気分になれたんです。

 

ということで、そのとき私は「リアクションって相手を喜ばせるためにするもん」だと気付いたわけです。

 

この時は仕事だったのでちょっと無理してテンション上げていましたが、

日常生活では「本当に喜ばせたい相手」にだけ、頑張ってリアクションをとればいいと思うんです。

 

そう考え方を変えてみれば、大げさにリアクションをとることも苦にならなくなって、

付き合いの長い友人たちには、「リアクション薄い」って言われなくなりました。

相変わらず初対面の人には「リアクション薄い」って言われがちですけれどね笑。

 

あなたもリアクションが薄いのを改善していきたいと思うのであれば、

こんな感じで考え方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

裏話:リアクションが薄くても無理に改善する必要は無かったりする

薄い, 改善, 悩み, リアクション

さて、本当に喜ばせたい人にだけリアクションをとればいいとお伝えしてきましたが、

それでも毎回毎回大げさにリアクションするのも疲れますよね。

なので個人的には、無理にリアクションが薄いのを改善する必要はないと思っています。

 

リアクションが薄くたって、そんなに盛り上がる話ができなくたって

受け入れてくれる人とだけ付き合っていけばいいと思うんです。

 

もし気合を入れて大げさにリアクションをして、そこそこ盛り上がったとしても、

その後話したり、付き合っていくうちに、素の自分が出てきてしまいますよね。

最初から素の自分のままでいて、それを認めてくれる仲間といられれば、長く付き合っていけますよね。

 

「そんな虫のいい話があるわけないべ」と思う人もいるかもしれません。

私もあるきっかけがあるまでは、そんな自分をいきなり受け入れてくれる仲間なんていないと思っていました。

 

実は、今私はWebビジネスをやっているんですが、私が入っているビジネスコミュニティで飲み会をやろうという話があがったんですね。

オンラインでの交流はあったものの、もちろん全員リアルでは初めて会う人ばかり。多分飲み会には20人くらいは参加していたと思います。

 

 

薄い, 改善, 悩み, リアクション

人見知りな私はバクバクしながら飲み会の会場に行ったわけですが、

たくさんのビジネスの先輩たちに囲まれて、人見知りの私は「は、はい…」くらいのリアクションしかできませんでした(^^;

私から話題を振ることもなく、盛り上がる話も出来ませんでした。

 

でもそこには、そんな私でも分け隔てなく接してくれる環境がありました。

ワイワイビジネスの話や、くだらない話で盛り上がって、初めて会ったのにみんなでリスペクトしあって、

年収8桁以上稼いでいる人でも謙虚な人達ばかりで、ひたすら刺激を受けて、モチベーションを高めることができました。

 

例えば、これが中学の同窓会とかだったら絶対こうにはならなかったと思うんです。

リアクションの大きい人の周りだけ盛り上がって、あとは互いの見た目や収入とかを気にして敬遠しあうような、肩身の狭い思いをしていたはずです。

 

この違いは何かというと、「環境」なわけです。

 

お互いの表面上の部分を気にする人が多い環境では

自分もそういった部分を気にしてしまうのは自然なことですよね。

 

でも、自分でビジネスをしている人の多くは、そんな些細なことよりもむしろ、

この人から何を学べるか、何を与えられるか、といった自分の成長につながる部分を気にしています。

(人と外見や収入を比べて優越感を得ても、自分の収入上がらないし成長しないですからね。)

 

そんな「同じ目標に向かって切磋琢磨しあう仲間がいる環境」だったからこそ、

リアクションの薄い私でも関係なく、お互いにリスペクトしあえているわけです。

 

ちなみに、私がやっているWebビジネスっていうのは、具体的に言うと、

このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、メルマガの読者さんに対して発信したり、

他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

そういった活動の中で最近では少しづつですが、仲間も増えてきて、

私が成果を出したときには

薄い, 改善, 悩み, リアクション

こんな感じで祝ってくれたりして、成果を出したことよりも

こうやって認められることの方が嬉しかったりするわけです。

 

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え稼げたとしても、自分でたった1人でずっとやっていくのは辛いですから。

 

こんな風に、リアクションが薄くたって、互いに認め合えて、切磋琢磨できる仲間・環境が欲しいと思っているからこそ取り組んでいる部分も大きいんです。

なので、そんな仲間を増やしたいという想いでコンサル指導もやったりしてます。

 

まとめ

ということで、リアクションは喜ばせたい相手にだけとればいいし、

無理にリアクションが薄いことを改善していく必要はなくて、

素の自分を受け入れてくれる人を大切にするといいよ、というエピソードでした笑。

 

後半少し脱線してしまいましたが、そのあたりのことだったり、私がやっている、どこでもPC1台で会社に依存せずに稼ぐ具体的なノウハウは、

メルマガの中で紹介しているのでよかったら読んでみてください、初心者向けの教科書もプレゼントしてます。