Employee

プラントエンジニアへ転職する際の転職理由のポイントまとめ

Aさん
Aさん

プラントエンジニアへ転職したいんだけど、どんな転職理由を言えばいいか知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • プラントエンジニアへ転職する際の転職理由のポイント
  • プラントエンジニアへ転職する際の伝え方のポイント

どうも、miyanoです。

この記事を書いている僕は、プラントエンジニア歴は4年ほど。

歴は浅めですが、この業界に転職してくる人、転職する人をたくさん見てきました。

そういった経験から、今回はプラントエンジニアへ転職する際の転職理由のポイントについてお伝えしていきます。

ちなみに、現在はIT系のフリーランスとして活動しています。会社に所属していない分、ぶっちゃけた話ができるので、出来るだけ率直な意見を書いていこうと思います。

プラントエンジニアへ転職する際の転職理由のポイントまとめ

転職理由のポイント

  • 退職理由
  • 志望理由
  • 会社に提供できる価値

この3点を伝えればOKです。それぞれポイントを見ていきます。

退職理由のポイント

正直に挙げる

ネガティブな理由であれ、まずは正直にピックアップしましょう。

例)残業が多すぎる

ポジティブに言い換える

とは言え、ネガティブなことをそのまま伝えるわけにはいかないので、ポジティブに言い換えましょう。

例)残業が多い→効率的に仕事を勧めたい

キャリアプランにからめる

異業種から転職する場合は、

『こんなキャリアを目指しているが、前職ではそれが叶えられなかった。

上司に提案したり、掛け合っても駄目だったので転職しようと思った。』

この流れに当てはめればOKです。

同業種の転職の場合は『もっとこんな環境に身を置いてスキルアップしていきたい』という流れでOKでしょう。

例)『前職では、仕事自体は好きだったのですが、1人当たりの仕事量が多く、全社的に休日出勤は当たり前な環境でした。

上司に業務改善や仕組みの改善を提案してきましたが、個人の裁量が少なく、また変化を好まない体質のため、受け入れてもらえませんでした。

より、自分の裁量で効率よく成果を出せる環境で働き、スキルアップしていきたいと思い転職を決意致しました。』

自分の価値観やストーリーと併せて具体的に説明できるようにする

淡々と説明しすぎると、表面的な建前とみなされかねません。

説得力を上げるには、そのバックボーンとなる自分の価値観やストーリーを併せて語るべきです。

とは言え、何も聞かれていないのに語りまくっても、空気読めない人認定されてしまうので、聞かれたら答えられるようにしておくくらいでいいですね。

例)学生時代、陸上部で個人種目をやっていた。割と自由な部活で、練習も個人でメニューやスケジュールを決めてやっていく形式だった。その中で、自分の裁量で計画を決め、進めて成長していくことが好きになった。

ここまでで、

面接官
面接官

なるほどね、そういう経緯で退職しようと思ったのか。

という部分までは納得してもらえるはずです。

志望理由のポイント

キャリアプランにからめる

退職理由で語ったキャリヤプランや、重視する価値観と一貫性を持たせましょう。

例)御社は少数精鋭で世界規模のプラントを建設されており、個人の裁量も大きいと聞いております。そのような環境で私自身も成長したいと思い、今回応募いたしました。

質問攻めしてくるタイプの面接官であれば、もしかしたら『他にも同業他社の求人があったかと思うが、その中でなぜうち?』と聞かれるかもしれないので、考えておきましょう。

異業種からプラントエンジニアになりたい場合は、なぜ同業種ではなくプラントエンジニアになりたいか?まで答えられないとダメですね。

転職先がどんな企業か分からなかったら、口コミを見るのがおすすめです

会社の公式HPなどでは、ありきたりな情報しかないので、本当の意味でその会社のことを知りたい場合は、その会社で働く人の生の声を聞いた方がいいです。

転職会議というサービスでは、こんな感じで各企業の社員の口コミや年収を見ることができます。

登録後48時間は口コミが見放題なので、気になる会社をピックアップしておいて、一気に見てしまいましょう。

転職先の企業の雰囲気をつかむには、こういった口コミを見るのが一番リアルです。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

自分の価値観やストーリーと併せて具体的に説明できるようにする

退職理由と同様です。

とは言え、実務経験が豊富で、相手先の求めるレベルを満たしているのであれば、そこまで熱く語る必要はありません。

ただ、実務経験や資格が相手のニーズに満たない場合、ここでしっかり理由と思いを伝えないと落ちます。

取り繕うよりも、素直に自分の価値観を深堀して、なぜこの業界でないとだめなのか、なぜこの企業でないとだめなのか、熱意が伝わるようにしましょう。

会社に提供できる価値

前職がプラントエンジなら、今までの実務経験を詳しく述べればOKです。

異業種から転職する場合は、プラントエンジニアとして活かせるポイントを述べればOKです。

特にこの業界で受けがいいのは、下記の能力ですね。

  • 長時間労働に耐えられるタフさとバイタリティ
  • 異国の地や環境でも対応できる順応性
  • プロジェクトマネジメント力
  • 強電関係、施工管理経験など、共通して使えるスキル

昔、日揮の説明会に行った時は『学生時代はバックパッカーで世界一周して、ガンジス川でバタフライしました』みたいな人タイプの方が多かったので、あながち間違ってはないと思います。

プラントエンジニアへ転職する際の伝え方のポイント

伝え方のポイントは2つ。

  • 転職理由よりも実務経験が大事です
  • 譲れない価値観は伝えるべきです

転職理由よりも実務経験が大事です

いくらいい感じの理由を並べたとしても、豊富な実務経験にはかないません。

転職理由はほどほどに、自分の経験してきたことやできる業務範囲をしっかり伝えられるように準備しておきましょう。

譲れない価値観は伝えるべきです

自分の価値観を明確にして、譲れない部分ははっきり伝えておくべきです。

採用されるためによく見せたくなる気持ちもあると思いますが、そこを偽って入社してもまた同じことを繰り返すだけです。

会社を選ぶのはあなたなので、そこは流されないようにしましょう。

最終的にはプロに相談するべきです。

転職は平均で3~6ヶ月はかかると言われています。実際、僕の友人は仕事が忙しい職場だったので1年近くかかっていました。

なので、会社に勤めながら、求人選びや転職理由の作成を一から一人で全部こなすのは大変ですし、正直時間の無駄です。

なのでそこは最初からプロの転職エージェントに相談しながら転職理由を考えていった方が効率的です。

相談することで、自分が気付けなかった部分も指摘してもらえますし、正直、利用しない手はないです。

あと、たまに『会社を辞めてから考えよう』という人もいますが、会社を辞めて収入がゼロになって、貯金が削られていく状態では、冷静な転職活動はできません。

なので、会社を辞める前に、今すぐ行動するのが正解です。

どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、この機会に行動してみましょう。

プラントエンジニア希望者におすすめの転職サイト・エージェント

doda:大手の中でもプラントエンジの求人数は多いので、まず最初に登録すべきですね。

マイナビエージェント:転職エージェント大手。非公開案件も多いですので登録して損はないです。

リクナビNEXT:転職サイト最大手です。自分でじっくり求人を探したいなら登録しておきましょう。

上からおススメ順に並べています。

プラントエンジニア実務経験者はこちらがおすすめ

プラント特区の求職者会員登録:プラント業界専門の転職支援サイト。匿名で活動ができ、採用担当者と直接やり取りができるサービスです。実務経験の経歴を登録しておけば企業からのオファーも届くので、狭い業界ならではの転職活動ができます。

詳細はこちらの記事でも解説していますのでご覧下さい。

プラントエンジニア希望者におすすめの転職サイト・エージェント3選プラントエンジニアに転職したくておすすめの転職サイト、転職エージェントを探している人向け。年収や、未経験でもできるかどうかについても解説しています。元社員が経験を含めてお伝えするので、ぜひご覧下さい。...

注意:初回面談には参加しよう

dodaとマイナビエージェントは転職エージェントサービスですので、最初に面談の案内が来ます。

初回の面談に参加しすれば、本気度が高いということで今後優先的に求人を紹介してもらえます。

参加しないと、せっかくいい求人があっても後回しにされてしまうこともあるので、初回の面談は必ず参加するようにしましょう。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら