Employee

プラントエンジニアは結婚できない。かっこいいけど出会いがないです。

Aさん
Aさん

プラントエンジニアになりたいんだけど、結婚できるのかな?結婚するためにはどうすればいいかも知りたいな。

こんな方向けの記事です。

本記事の内容
  • プラントエンジニアが結婚できない理由
  • プラントエンジニアは結婚しづらいけどいいところもある
  • プラントエンジニアで結婚している人の共通点
  • プラントエンジニアが結婚するには

どうも、miyanoです。

  • プラントエンジニアになりたい学生さん
  • プラントエンジニアに転職を考えている人
  • 将来を考えている彼氏がプラントエンジニアな人

こういった人たちにとって、この職業が結婚できるのかどうか、出会いってあるのかどうかって結構気になるところだと思うんですよね。

ちなみに筆者はプラントエンジニアリング業界歴は4年ほど。

今はIT系のフリーランスになってしまいましたが、前職で見てきた経験をもとに、リアルな部分をお伝えしていこうと思います。

決して、プラントエンジニアは結婚できないからやめようぜ、とディスる趣旨の記事ではないです。

いいところもいっぱいあるし、かっこいい職業だから、ポイントを押さえて結婚できるようにしようぜ、という前向きな記事です。

プラントエンジニアが結婚できない理由

業務範囲にもよりますが、プラントエンジニアは他の職業と比較して結婚へのハードルは高めです。

その理由がこちら。

  • 出張や突発の仕事が多く予定が立てづらい
  • 単純に忙しい
  • 女性が少ない
  • 受け入れてくれるパートナーを見つけるのが難しい

出張や突発の仕事が多く予定が立てづらい

プラントエンジニアの働き方は主に2種類に分かれます。

  • 東京(都会)のオフィスで設計業務をし、工事が始まれば頻繁に現場(国内外)に出張・駐在するタイプ
  • 地方の工場に常駐勤務し、設備の改善、保守、メンテナンスを担当するタイプ

前者のタイプの場合は、国内外問わず出張が多く、期間も数ヵ月~数年と長期にわたることもあります。

オフィスの半分以上の人が常に出張に出ているようなイメージですね。

そのような状況だと、出張の合間を縫って婚活する必要があるため、活動できる日数も限られますし、予定も立てづらいわけです。

単純に忙しい

単純に忙しいのも理由の一つです。

もちろん、他にも忙しい職業や業界はたくさんあります。でも、なんというかこの業界って全体的に労働時間長いんですよね。

『忙しい会社もあれば、残業少ない会社もある。』じゃなくて、どこの会社も漏れなくそれなりに残業時間多いみたいな。

それもそのはず、この業界は、大きな分類でいくと建設業に当たります。

2018年に可決された「働き方改革関連法」においても、全業種に時間外労働の罰則付き上限規制が導入されることになりましたが、建設業への規制適用は5年間猶予されています。

それくらい、そもそも労働時間が長くなってしまう業界なんですね。

僕が勤めていた時も、詳しくは書きませんが『よくこの人死なないな、いつ死んでもおかしくないよな』という人も割といました。

そんなこんなで、物理的に時間がないので、婚活や合コンをしようにも、なかなか時間が取りずらい面があります。

女性が少ない

会社に(若い)女性がいません。

オフィスに購買部門や経理部門など、内勤主体の部門があれば女性もいるかもしれません。

しかしプラントエンジニアとして業務している女性には正直、会ったことがありません。

なので自分から社外に積極的にキッカケを求めていかないと出会いはないです。少なくとも、仕事の延長線上には男性しかいません。(逆に女性であればパートナーは見つけやすいですね)

受け入れてくれるパートナーを見つけるのが難しい

例え、自分が頑張って時間をつくって婚活を勧めたとしても、この業界の働き方を受け入れてくれるパートナーを見つけるのが難しいです。

特に”出張が多い”という部分がネックです。

長期の出張で家を空けることも頻繁にありますし、家族帯同で海外で子育てしながら暮らしている方も少なくないです。

他にも僕の後輩は、海外の長期出張でお子さんの出産に立ち会えなかった、という話も聞いています。

なので業務範囲にもよりますが、相手に対して最初から、

  • 出張が多く家を空けがち
  • 人生の大事なイベントにも出づらい
  • 海外についてきてもらう可能性がある

といった条件を飲んでもらう必要があります。

そうなると、その分人も限られてくるのでパートナーを見つける難易度は上がります。

プラントエンジニアは結婚しづらいけどいいところもある

このままではプラントエンジニアになりたい人や、プラントエンジニアと付き合っている人の心を折ってしまうので、いいところも挙げておきます。

それがこちら。

  • 給料が高い
  • やりがいがある
  • 浮気しづらい
  • 言い方によってはカッコいい

給料が高い

こちらの求人ボックスの調査よるとこの業界の正社員の平均年収:約521万円だそうです。

他業界と比べると高いですね、全体でみると中の上くらいかと。専業3社なら1000万円近くありますし。

僕も入社3年目で600万円近くありましたし、そんなもんかなと思います。

やりがいがある

人手不足&個人のスキルに頼っている部分もあり、個人の裁量が大きい仕事ができます。

若手でも数十億円規模のプロジェクトを任されることもありますし、金額的な面でも、物理的な規模感としても、やりがいがとてもある仕事です。

浮気しづらい

たまに出張先でそういうお店に行く、くらいはあるかもしれませんが、特定の相手と浮気する可能性は低いと思います。忙しいですからね。

言い方によってはカッコいい

”エンジニア”

”海外のプロジェクト担当してる”

”英語話せる”

”高収入”

この辺の語句を並べておけば、カッコよくみられます。

プラントエンジニアで結婚している人の共通点

前職の同期のプラントエンジ系は十数人いましたが、その内、入社3年以内に結婚していたのは確か3人でした。

20%くらいですね。意外といるんです。

結婚している人の共通点

  • 学生時代から付き合っていた
  • 社宅がある
  • 本人がしっかりしている
  • 割とドライな関係

学生時代から付き合っていた

入社3年程度で結婚する人は、学生時代から付き合っていた人がほとんどです。

ほぼ100%と言ってもいいくらい。

福利厚生がしっかりしている

プラントエンジニアの働き方は2タイプあるという話をしました。

  • 東京(都会)のオフィスで設計業務をし、工事が始まれば頻繁に現場(国内外)に出張・駐在するタイプ
  • 地方の工場に常駐勤務し、設備の改善、保守、メンテナンスを担当するタイプ

前者であればそこまで関係ないのですが、問題は後者の場合。

工場の種類にもよりますが、石油化学系やインフラ系ってそれなりの田舎にあることが多いです。

僕が前勤めていた工場も、映画を見に行くのに隣の県まで車を走らせるくらいの場所でした。

つまり、地元の人でもない限り、結婚して同居する際には、奥さんには一旦仕事を辞めて田舎に来てもらう必要があるわけです。

すぐに仕事が見つかればいいですが、少なくとも一時的な金銭的負担は上がります。

なので、その分、例えば社宅があるとか、手当が出るとか、福利厚生がしっかりしている会社の方が結婚へのハードルは下がりますよね。

本人がしっかりしている

これは言わずもがなですね。

仕事の調整もしながら、結婚式や新婚旅行など、前々からしっかり計画を立てて実行している人が多かったです。

割とドライな関係

実際に前職の上司を見ていると、

  • 家族に年に1-2回しか会えない
  • 子供の学校の行事に全く参加できない

という例もたくさんあります。

そんな中でも長く結婚生活を続けておられる人もいるわけですが、奥さんとの関係で共通点があったので紹介します。

それが、『お互いリスペクトしているけど、家にいなければそれはそれで楽。』みたいなややドライな関係。

まあこれは完全に個人の主観ですが、奥さんが『あんたが家にいないと、家事が楽だわw。まあ頑張ってね。』みたいな声をかけてくれるタイプの関係だと、長続きしているように思います。

プラントエンジニアが結婚するには

結婚するには、この3パターンかなと。

  • 結婚相談所
  • 知り合いの紹介
  • 転職

街コンなどもいいですが、忙しいプラントエンジニアは本気度の高い人が多い結婚相談所で短期決戦する方が確率は高いと思います。

実際、僕の知り合いで、海外出張からの帰国中の1週間で婚約を決めた伝説もありますので、本人のやる気次第ですね。

あとは、知り合いの紹介。

学生時代の知り合いでもいいですし、この業界にいると知り合いはかなり増えるはずなので、そういった人たちに紹介してもらうのもありですね。

最終手段ですが、転職するのも手です。

さすがに『結婚したいから転職する』という動機は珍しいですが、家庭を持っている人が『家族の時間を大切にしたいから転職する』ケースはありますよね。

いづれにしても、本人のやる気が一番大事なので、諦めずに婚活していきましょう。

プラントエンジニア希望者におすすめの転職サイト・エージェント3選プラントエンジニアに転職したくておすすめの転職サイト、転職エージェントを探している人向け。年収や、未経験でもできるかどうかについても解説しています。...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら