Employee

【就活生向け】プラントエンジニアの志望動機のポイントを教えます

就活生
就活生

プラントエンジニアリング業界に就職したいんだけど、どんな志望動機を書けばいいかわからないなー。何かポイントがあれば知りたい。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • まずはプラントエンジニアリング業界について知ろう
  • プラントエンジニアリング業界の志望動機の流れ
  • 自己PRでアピールすべきこと
  • 実際に通っているES見るのが一番早い

どうも、miyanoです。

プラントエンジニアリング業界って、就活生の中でもかなりマイナーな業界だと思います。

大手転職系サイトの記事を見ても、この業界の具体的な部分や、実態についていい感じに解説している記事はないです。

ということで今回は、そんなプラントエンジニアリング業界を目指していて、どんな志望動機を書けばいいか分からない人に、おすすめのポイントをお伝えしていきます。

僕の経歴

大学院卒業後、プラントエンジニアとして東証一部上場企業に入社しました。

4年ほど勤めた後、今はIT系のフリーランスとして活動しています。

会社に所属していない分、ぶっちゃけたことも書けるので、出来るだけ直球の意見を書いていこうと思います。

就活本に載っているような一般的な志望動機の書き方は説明しません。

志望動機の流れの中で、プラントエンジニア業界で気を付けたいポイントをお伝えしていく記事です。

まずはプラントエンジニアリング業界について知りましょう

この業界って相当マイナーなので、説明会に参加しまくったり、企業のHP読み込んでいる人しか全体像を把握できていないと思います。

志望動機を書くには、まず業界について知ることから始めましょう。

プラントエンジニアリング業界の仕事内容、将来性、スキルや資格といった表面的な部分から、院卒などの学歴、忙しさ、やりがい、離職率、結婚できるかどうか、などディープな部分まで解説た記事がありますので、まずこちらをご覧下さい。

【就活生向け】プラントエンジニアになるには?【仕事内容/将来性】プラントエンジニアになりたい人向け。本記事ではプラントエンジニア業界の仕事内容、将来性、スキル、学歴、忙しさ、やりがい、離職率、キャリアプランなどを解説しています。...

プラントエンジニアリング業界の志望動機の流れ

大手の就活サイトや、就活本を見ると、様々な志望動機の書き方が載っていますよね。

まあなんでもいいんですが、今回は下記の流れに当てはめて考えていこうと思います。

志望動機の流れ

  1. ビジョン:仕事をするうえで成し遂げたい目標
  2. 理由・価値観:なぜその目標を成し遂げたいのか
  3. その会社である理由:なぜ貴社でないといけないのか
  4. キャリアプラン:入社後にどう働きたいか

それぞれのステップにおけるポイントをお伝えしていきます。

①②ビジョン+理由・価値観

ここでは要するに、

①私は~を成し遂げたいと思っている。

②何故なら~だからだ。

ということを言います。

ポイント:薄っぺらいビジョンでもエピソードがあればどうにかなる

この業界の志望理由でよく見るのが、

・プラント建設を通じて、世界のエネルギー安定供給に貢献していきたい。

・新興国の発展に貢献していきたい。

こういう、貢献したい系のビジョン。

確かに立派な理由だし、実際、大手エンジ会社では、新興国の国家プロジェクトに関われたりと貢献することはできます。

が、でかいことを言うなら、それ相応のエピソードや裏付けがないと『ほんまかいな?』と思われますよね。

逆に、それ相応のエピソードがあればどうにかなります。

例えば、

学生時代に新興国に旅行した。

→そこで現地のインフラの貧弱さに衝撃を受けた。

→現地で知り合った友人に『もっとこの国のエネルギー産業が発展して、雇用が生まれれば、子供を学校に通わせてやれるんだけどな。』という話を聞いた時に、日本での当たり前は世界では当たり前ではないことを痛感し、他人のために貢献したいという気持ちが強くなった。

→なので新興国のエネルギー貢献したいと思っている。

こんな感じ。大きいことを書くなら、これくらい書けないと圧倒的に薄っぺらくなりますね。

他にも、

水プラントに関わる事業を通じて、社会や地球環境へ貢献する仕事がしたい。

みたいなビジョンを掲げた場合、

○○がきっかけで昔から水に興味があって、今でも研究室で研究したり、企業にヒアリングしたり、実際に行動を起こしているエピソード

を書けば、それっぽくなります。

こんな感じで、ビジョン+エピソードを語って、プラスアルファで、

『このビジョンを成し遂げるためには、プラントエンジニアリング業界で働くのがベストだと考えた理由』

も付け加えると完璧です。

そんな立派なエピソードなんてないんだが、という人は

自分の専門を生かしつつ、こんな仕事をしたいと思っていた。+エピソード

→○○な理由から、プラントエンジ業界がベストだと思った。

立派なエピソードがない人は、この流れが使えます。

個人的な主観ですが、プラントエンジニアリング業界でバリバリ活躍している人に共通しているのは、以下の2点です。

・自分が1から設計し、計画を進めたプロジェクトで、巨大な設備が完成して、実際に形になったり動くことにやりがいを感じる人。

・(異国の)いろんな人と、積極的にコミュニケーションを取ったり、関係性を築きながら仕事を進めていくのが好きな人。

つまり、『上記のような仕事をしたいと思っていた+そう思うに至ったエピソード』を語れれば、十分アピールできます。

例えば、

私は、専攻の強電系の知識を活かしつつ、自分が計画を立て、創意工夫しながら大きな成果物を作ることができる仕事をしたいと思っていました。

+過去に自分で計画を立てて、創意工夫しながら大きな成果物を作って、めちゃくちゃ感動したエピソード

こんな感じ。

ただ、これだけだと『それって他の業界でも出来るんじゃないの?』と言われるので、

<一旦肯定>確かに、こういった働き方ができる業界は他にもあると思います。

<エピソードを匂わせつつ、別の価値観を言う>でも、僕は学生時代のオーストラリアへのホームステイの経験から、海外でいろんな文化の人たちと働けるという部分にもすごく価値を感じています。

そういった面でも、プラントエンジニアリング業界で働くのがベストだと思って志望しています。

こんな感じで切り返せるように準備しておきましょう。

③その会社である理由

『競合他社もたくさんある中で、なぜその会社を選んだか』を述べる部分です。

①、②がしっかり設計できていれば、ここは余裕です。

『この企業だからこそ、①②のビジョンが見たせる』という流れで書けるならそれでOK。

上記が書けなければ、『OB訪問や説明会で社員の方々の話を聞き、御社の社員みたいになりたいと思ったから』でOKです。

その際も、価値観+エピソードを加えると説得力が増します。

僕は、○○の経験から、○○のようなエンジニアになりたいと思っていた。

実際に御社の社員さんにお会いした時に~と感じて、こうなりたいと思った。

こんな感じ。

④具体的にどう働きたいか

『入社出来たら、こう働きたい』という展望を述べる部分。

ここは素直に書けばいいんですが、見当違いのことだけは書かないように注意しましょう。

例えば、

設計、施工管理など、担当業務範囲ごとに部署が分かれている企業を志望しているのに、

『僕は設計~メンテナンスまで全部一貫して経験できる御社に魅力を感じて…』みたいなアピール

では見当違いになります。

見当違いのことを書かないようにするためには、まず業界や仕事内容について知るべきですね。

【就活生向け】プラントエンジニアになるには?【仕事内容/将来性】プラントエンジニアになりたい人向け。本記事ではプラントエンジニア業界の仕事内容、将来性、スキル、学歴、忙しさ、やりがい、離職率、キャリアプランなどを解説しています。...

プラントエンジニアリング業界の自己PRでアピールすべきこと

企業によって求めている人物像は違いますが、以下の2つをアピールできるとウケがいいはずです。

  • 長時間労働に耐えられるタフさとバイタリティ
  • 異国の地や環境でも対応できる順応性とコミュ力

後者はユーザー系のエンジ会社だとそこまで関係ないかもしれませんが、要するに『自宅以外の場所で、しかも行動や環境の制限がある中で、長期間過ごせること』です。

昔、専業3社の説明会に行った時は『学生時代はバックパッカーで世界一周して、ガンジス川でバタフライしました』みたいな人タイプの方が多かったので、あながち間違ってはないと思います。

ただし、嘘ついてこれらをアピールするのはやめましょう。

仮に嘘ついて入社できたとしても、この業界は適性が無いと5年も続かないですよ、まじで。

実際に通っているES見るのが一番早いです

ここまででいろいろとポイントを紹介してきましたが、ぶっちゃけ実際に通過したESを見るのが一番手っ取り早いです。

就活ノートというサービスでは無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題になります。

みん就とかだと、投稿されたクソみたいな志望動機しか見れませんが、こちらはしっかりしたESの実例を見ることができますよ。

就活は情報戦ですし、後回しにすればするほど不利になっていきます。

やろうと思ったことは”今すぐ行動する”気持ちがないと置いていかれますので、今すぐ就活ノートを参考に志望動機を考え始めましょう。

就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら