Employee

接待やりたくない!やらずに流す方法まとめ

Aさん
Aさん

仕事とはいえ、お客様を接待するのって気を遣うし、マジで疲れるんだよねー。

できることならやらずに流したいんだけど、いい方法ないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容

・やりたくない接待をやらずに流す方法と体験談まとめ

・仕事の都合に振り回されない働き方のポイント

どうも、miyanoです。

会社員として仕事をしていると、”接待”を受けたり、したりという機会があると思います。

miyano
miyano

古い業界だったりすると、物を買ったり契約したりした時に、ついでに接待がついてくることが多いですね。

まあ接待といっても飲み会がメインですが、それだけでも面倒に感じてしまいますよね。

Aさん
Aさん

そうそう、お店の予約もそうだし、会話やマナーにも気を遣わなきゃいけないから、めっちゃ疲れるんだよねー。

miyano
miyano

めっちゃわかります(笑)。

僕も、お客さんとはいえ、ムカつく人には愛想笑いもしたくないですし、そんな相手に気を使っていてはいくら体力があっても足りません、できることならやりたくない。

ということで今回は、そんなやりたくない接待をやらずに流す方法について体験談とともにまとめてみました。

接待するのって疲れるしだるい件。

接待って、受ける側は楽かもしれませんが、もてなす側って結構だるいんですよね。

”接待する”と聞くと、

Aさん
Aさん

お客さんを飲み会に連れて行って、会社の金で飲むだけっしょ?

と思われがちです。

でも、事前に時間を調整したり、お客さんのホテルの予約、昼飯、議事録、会話などなど、

なんやかんやで気を使う部分ってめっちゃあるんですよね。

 

僕も、接待を受ける機会も、接待する機会も結構あったんですが、

そのたびに

miyano
miyano

面倒くさいなー。こんなことするくらいなら家帰ってブログ更新させてくんないかなー。

と思いっていました(笑)。

まあ今でこそ、プロフィールで紹介しているように、無駄な飲み会や人間関係とは無縁の”誰からもやらされない働き方”でお金を稼ぐことができて、退職に向けて動いていますが、

昔の僕と同じように、接待とか飲み会ってめっちゃ疲れるしめんどくさい!できればやりたくない!って思っている人も多いと思います。

ということでまずは、やりたくない接待をやらずに流す方法と体験談をまとめてみたので紹介していきます。

やりたくない接待をやらずに流す方法と体験談まとめ

後輩・他の人にやらせる

お得意位様の接待をやることになりました。

本来自分がやるべき接待であったのですが、近くに後輩がたまたまいたので

このような接待は一度経験したほうが自分のためになるよ。」と嘘をついてその後輩にやらせることにしました。

真顔かつ先輩の威厳で何気なく言ったことで後輩も「その通りなのだな。」と感じ、接待をしてくれたに違いありません。

お得意先の偉い人が、東京に来ることになり、観光ガイド役を含めてなぜか接待を担当してほしいという雰囲気になりました。

しかし、上司を含めて周りの男性たちに、休日は引きこもりだし、家はごちゃごちゃだし、外出は嫌いでどこにも行きたくないぐうたら女子アピールをしました。

その結果、グルメで女子力高めな男性社員が推薦されて乗り切りました。

体調不良

当日大きな会社の接待を命じられました。

その時はあまり調子が良くなかったと言うこともあり「とても体調が悪いので申し訳ありませんが早退させてもらえませんか?」と言い接待を帰りました。

何気なく体調不良を装うことで、接待を簡単に流すことができました。

気乗りしない取引先と飲みに行かなくてはならないというシチュエーションに、私はこう答えています。

「おとといインフルエンザA型にかかった友達と話していたら、今日具合が悪くなり、喉が痛く、頭が痛いんです。どうやらうつったみたい。もし今日一緒に飲みに行ってうつしちゃったらごめんなさいね。いい?」

これで、先方から断られる事間違いなし!

以前、取引先との接待に呼ばれたことがあります。

あんまり気が進まなかったので、「今実は病気で、それが治るまでお酒はドクターストップが出ているんです」と言って逃げました。

付き合いでお酒が飲めないとなんとなく場所がしらけますし、最近は上司もパワハラなどに警戒しているので、強要されることもなく見事免除になりました。

正直に言う

接待をやりたくないと言う事と不向きであると言うことを両面を兼ね備えた意味合いで「申し訳ないですが接待は出来なくて…」と素直に言います。

すると上司からはあまり良い顔されないかもしれませんが、接待を開始することができます。

大事な接待などがあった場合には特に不向きであると伝えると、別の人に接待が回ることが良くあります。

身内の都合

他県の応援していた上司が店舗応援に入っていた時、ここは何が美味しいのなど詳しく聞いてきて、

接待をするしかないかなぁと思ったが、家族から急に連絡がきてそれどころではなくなり接待をせずに乗り切ることができました。

身内の都合を使うと先方も許してくれると思います。

スポンサーリンク

とはいえ、そう何度もは流せない件。

やりたくない接待をやらずに流す方法と体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介された方はうまいこと対処されていますね。

とはいえ、いくらその時はどうにか流せたとしても、そう何度もは流せないですよね。

僕も昔は、

miyano
miyano

まあこれも仕事の一環だし、我慢するしかないよな、、、

という感じで、自分の気持ちを押し殺してきましたが、今では「仕事関係の飲み会とか行きたくねぇ。」という本音に素直になることができています。

 

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

行きたくない飲み会とは無縁になったmiyanoの場合

僕は前述のとおり、製造業で働いていてたこともあって、接待をすることもありましたし、受けることもありました。

そしていつしか、

miyano
miyano

仕事関係の飲み会行きたくないなー。

と強く思うようになっていました。

 

もしかしたら中には、

Aさん
Aさん
嫌だとしても、仕事だから仕方ないよ。
Bさん
Bさん
苦痛を感じているのは自分だけではないし、仕事ってそういうもんだろ。
Cさん
Cさん
働けるだけでありがたいから、文句なんて言えないし。

と割り切って仕事をしている人も多いかもしれません。

 

でも僕は嫌でした。

もちろん、現状を変えていこうと思ったのは他にもいろいろな要因がありましたが、仕事の無駄な飲み会や人間関係に嫌々していたのがキッカケの1つだったのは確かです。

 

そして、

miyano
miyano

働き方を変えるしかないな、そしてそのためにはとりあえず今の会社を辞めないと。

と決意しました。

 

もしあなたが、同じような不満や苦痛を抱いているのであれば、一旦目を閉じて、この先ずっと割り切って仕事を続けていけるかどうか考えてみてください。

続けられないと思ったのであれば、どこかで今の働き方を変えていかなければなりませんね。

ただ、そんな不満だけでパッと仕事を辞められるほどハートが強くなかったんで、まずは今の仕事を続けなければいけない理由を全て潰していこう思ったんですね。

そうすれば、『辞めない理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

・親の期待や世間体

・転職しても仕事の人間関係に振り回されないか不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、不安なく辞めることができるわけです。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

 

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

 

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

 

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、選択の幅は広がるかもしれませんが、それで給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

 

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、Webビジネスを始めてみることにしました。

そういったスキルを身に付けていれば、転職してもプラスアルファの収入になりますし、もっと伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていくこともできると思ったんです。

 

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。)

Yahoo知恵袋とか見ていると、「自分の好きな仕事をしたいなんて、自分を過信し過ぎやろ」という意見も結構見かけますけど、

知識も経験もなく、しかも海外で長時間労働という条件の僕でもビジネスをやることができたので、そんなことはないと思ってます。

ただ同時に、『独学でやってたら絶対続かなかったな。』とも思っています。

受験勉強するのにも、塾に入って指導者から学ぶ方が効率がいいように、ビジネスでも人から学んだ方が遥かに効率がいいので、興味のある人は頭の片隅に入れておくといいと思います。の期待や世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は結構親の期待や世間体を気にしてしまいました。

「せっかく入社した大企業なのに、もったいない」とか思われないか不安だったんですね。

 

そこで親に対しては、正直に気持ちを伝えてみることにしました。なんだかんだ言っても、親はよき理解者。

今の仕事が興味がなくて大変だと伝えると、「選択肢はあるんだから、自分の人生、好きに生きてみたら」と応援してもらえました。

親や家族に応援されながら仕事ができれば成果も出しやすくなるので、不安がある人は正直に伝えてみてはいかがでしょうか?

 

次に世間体。これは上で書いたWebビジネスをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があるんですが、

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

 

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみると、

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

転職しても仕事の人間関係に振り回されないか不安

最後に、「別の会社に転職しても、結局仕事の人間関係とかで振り回されてしまうんじゃないか?」という不安です。

 

正直なところ、この不安は最後まで付きまとっていたんですが、

Webビジネスで稼げるようになって、会社に依存せずに生きていけそうになったことで解決しました。

 

まあ今になって考えてみると、会社員として雇われている以上、大なり小なり会社や人間関係の都合で振り回されるわけですから、それがどうしても嫌だったら独立して生きていく以外の選択肢はないんですけどね。

 

でも当時はそんなこと全く意識していなくて、

会社から速足で帰ってきて、カップラーメンをすすりながら必死でブログを更新していたら、いつの間にか独立できるだけの収入になっていた感じです。

 

ちなみに、僕のやっているwebビジネスは、別に誰かにやらされているわけではないので、おのずと主体的に取り組むことができます。

主体的に取り組めることを見つければ、「今までやりたいことなんて考えもしなかった僕」ですらワクワクしながら仕事に取り組むことができたので、「やりたいことが分からない」という人は参考にしてみてくださいね。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で仕事を辞める不安を解消し、めんどくさい飲み会とは無縁の働き方にシフトすることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

PC1台でブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、会社を辞められない理由をつぶすキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール