employee

なんとなくはアリ?退職理由は特にないけど仕事辞めた体験談まとめ

Aさん
Aさん

特に理由はないんだけど、なんとなく退職したいんだよねー。このまま辞めてもいいのかなー、体験談があれば知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 退職理由は特にないけど仕事辞めた体験談
  • さらっと退職するためのコツ

どうも、miyanoです。

超パワハラにあったとか、休日出勤しまくったとか、残業代出なかったとか、そういうことはないんだけど、なんとなく仕事辞めたい。

特に理由はないんだけど、なんかモヤモヤして退職したくなる・・・

miyano
miyano

めっちゃわかります(笑)。

僕も社会人になりたての頃は、ただ何となく辞めたいなーと思っていました。

その時は退職しなかったんですが、2-3年働いているうちにその違和感が大きくなっていって、結局4年で退職することにしました。

いろいろ理由はありましたが、今となっては「なんとなく辞めたい」程度の理由で退職に向けて動き出してよかったなと思っています。

とういことで今回は、退職理由は特にないけど何となく仕事を辞めた体験談と、さらっと退職するためのコツについてお伝えしていこうと思います。

結論から言うと、何となく辞めたいけど不安な場合は、お金をかけてもいいなら『退職代行サービス』を使うのが一番楽です。これなら上司と一言も話さずに退職できるので。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...

『まあ、退職代行を使うほどでもないんだけどなー』という方は、このまま読み進めてみてください。

なんとなく、理由は特にないけど辞めたいでござる。

大学院を卒業して、大企業に新入社員として入った僕は、入社して早々違和感を感じていました。

めっちゃブラック企業でもないし、パワハラをしてくるような上司がいるわけでもない。

でもなんとなく仕事に興味が持てなくて、この先何十年もこの仕事をしなければいけないと考えるとすごく違和感を感じていました。

とはいえ、当時はそんな理由でサラッと仕事を辞める勇気も気力もなかったので、

自分以外が帰宅して1人ぼっりになった職場で、イライラしてレッドブルの缶をグシャグシャに握りつぶして、ゴミ箱に向かって「バコーン!」と投げ捨てたりしていました笑。

なんか思ってた仕事と違うとか、ちょっとこの上司嫌いとか、1つ1つ見ていけば細かいことなんですよ。

でもそんな違和感を抱えたまま3年も働いていると、だんだんその違和感も大きくなってくるんですよね。

Aさん
Aさん

そんなことでへこたれてたら社会人としてやっていけないぜ?

という人もいると思いますし、もっともな意見だと思います。

でも僕は率直に、

miyano
miyano

このまま違和感を抱えたまま貴重な20代の時間を使うのももったいないし、決め手はないけど退職したいでござる。

と感じていたんですね。

今でこそ、プロフィールで紹介しているように、誰からもやらされない働き方でお金を稼ぐことができているので、退職に向けて動くことができましたが、

昔の僕と同じように、きっぱり辞めようと思ってもなかなか踏み出せないという人も多いと思います。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

ということでまずは、退職理由は特にないけどなんとなく仕事を辞めた人たちの体験談をまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

なんとなくはアリ?退職理由は特にないけど仕事辞めた体験談まとめ

■体験談その1

大型書店で働いていたときのことです。仕事は忙しかったですがやりがいがあり、直属の上司は親切ないい人ばかりでした。

忙しいのに無理矢理残業させられることなどもなく、まさしく良い職場だったのですが、1年足らずでなんとなく退職してしまいました。

自分でも言葉にできない不満が溜まっていたのかもしれませんが、「旅行へ行きたい」と似たような感覚で退職しました。

今となっては退職してよかったと思っています。

■体験談その2

働いていた会社に不満はありませんが、同じ仕事を毎日のように繰り返していたことに嫌気がさしてやめました。

人間関係が良かったので仕事を辞めて後悔しました。辞めてからは人間関係に苦労したので、辞めなければ良かったです。

ただし、息抜きをすることができたので、ゆったりと過ごすことができました。精神的に追い詰められていたので、リラックスできました。

■体験談その3

私は入社した当日から何となく自分に向いていない仕事だと感じており、月日が経つにつれてその思いが増していくようになりました。

ある日、同僚に「お前はもっと向いている仕事がある」と言われ、プツンと糸が切れたような気がしてその日のうちに退職願を提出しました。

会社には家の事情で辞めると伝え、今の塾講師の仕事に転職しました。

前職では何のやりがいも見出だせず、ただ業務をこなす日々でしたが、今では1つ1つの仕事にやりがいを感じております。

その点から何となく退職して本当に良かったと思いました。

■体験談その4

自分のやりたい仕事ではないと何となく考え、タイミングを見計らって退職しました。

会社には悪いと思いましたが、正直に「この仕事は合いません」と言って辞職。

いつも頭の片隅に「このまま定年までこの仕事を続けるべきか」と悩みましたが、まったく後悔はありません。

退職して精神的にも楽になり、自分自身に使える時間が増えたことで心にゆとりも生まれました。

■体験談その5

私は、以前自動車部品の製造工場で正社員として働いていました。

毎日同じ作業の繰り返しで、慣れてしまえば楽でしたし、定時間で帰れるし休みもきちんとあるし、お給料もそこそこ貰えて、ボーナスもきちんと貰えていたので、会社に対して特に不満もありませんでした。

しかし同じような毎日に刺激も無く、退屈でたまらなかった為、退職しました。

会社には、自分で商売をやりたいからと嘘の理由を言いました。

今思えば、生活も安定していて良い会社だったと後悔しています。やはり何となくで退職するべきではなかったと思っています。

■体験談その6

入社して3ヶ月ほど経って、ちょうど新人研修が終わるタイミングで退職を伝えてやめたことがあります。

何の思い入れもなく、たまたま合格して入社した会社だったので、退職した理由も何となく…といういい加減なものでした。

一応、会社には、新人研修を通して、自分がこの仕事に向いていないと感じたという風に伝えました。

まだ戦力にもならない頃にやめたので、少しは引き止められましたが、人間関係もできていたわけではないので本当にさらっとやめられました。

■体験談その7

仕事で行き詰ったわけでもなく人間関係で悩んでるわけでもない。

強い気持ちで「こんな会社なんて辞めてやる!」なんて思いもせず 「このままではまずいのではないか」と漠然とした将来への不安にかられて辞めました。

会社に伝えた理由は「ステップアップのため」でしたが 完全に嘘です。

振り返ってみると、毎日繰り返されるルーチンを変えてみたかった、 朝が来て起きて出社して仕事して夜になって退社する、 ただそれだけをこれから何十年繰り返さなければならない恐怖から 逃げたくなったんだと思います。

良かったのは生活に変化が生まれたこと。 悪かったのは定期的にお金が入らなくなったことです。

■体験談その8

少し激務が続き、さほどハードな状況では無かったが、ふと自分自身の生きがいのようなものが見えなくなり、何となく退職した。

「他にやってみたい仕事ができた」という辺り障りの退職理由を会社に伝えた。

リーマンショック直後の就職氷河期に何とか内定を貰えた会社だったが、本当に自分自身でやりたいことを見つめ直す時間が出来たので、改めて退職して良かったと思う。

■体験談その9

働いていた会社の一番仲良しだった先輩が先に辞めてしまい、私はそんなに会社に対して不満はあまりなかったのですが、ただその先輩がいなくなったら寂しいなーと思い、なんとなくで辞めました。

会社には一身上の都合という退職届を提出するとサクッと辞められました。

退職してよかった点は次の職場で好きな仕事に出会えたことですね。

■体験談その10

自身が勤めていた会社は特別給料がいい訳でもなく、保証がしっかりしている訳でもなく、上司や同僚も尊敬できる人がいる訳ではなく長所のない会社でした。

それでも退職を考えるほど特別悪い所もなく、ただ何となく勤め続けていました。

でも一日のほとんどの時間を過ごす事になる職場に、こんなにも長所が感じられない事は、お金はもちろんですが、やりがいや楽しみを感じながら生きられないという事だと感じるようになり、他にやりたい仕事があると嘘をついて退職しました。

結果的に他の職場で尊敬できる人間に出会えたり、楽しみながら働く事が出来るようになったため、やめて良かったと心から思っています。

■体験談その11

金属加工の会社で営業事務として働いていました。大学を卒業してから8年勤務して給料は10%ほど上がりました。

しかし毎日会社に縛られているのが何となく苦痛に感じ始めたので、会社には個人事業主になると伝えて退職しました。

退職して毎日通勤しなくて良くなったのでストレスは無くなり良かったです。

しかし、収入は会社員時代より減少したので、その点は少し後悔しています。

何となくで辞められれば苦労しない件について

体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?ここで紹介した方々はいい感じにサラッと退職宣言されていますね。

なんとなく退職することで、給料が下がったりすることもあるかもしれませんが、自分を見つめなおす機会になったり、やりたい仕事が見つかるチャンスでもあるみたいですね。

とはいえ、いくらいろんな人の体験談を見ても、いざ退職しようとすると踏み出せないという人もいると思います。

Aさん
Aさん

そうそう、これといって決め手になる理由がないから、ただ自分に甘いやつだと思われそうで、なかなか一歩踏み出せないんだよねー。

miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

転職もうまくいくかわからないし、親にも言いづらいし、もう少し我慢するしかないよな、、

という感じで、現状を脱するのが怖くて、自分の気持ちを押し殺してきましたが、今では自分の本音に素直になって退職の意向を伝えることができています。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな言い出しづらい方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

サラッと退職できるようになったmiyanoの場合

僕の場合は、上でも紹介したように、小さな不満が溜まって大きくなった感じですね。

なんか思ってた仕事と違うとか、ちょっとこの上司嫌いとか、アメリカ飛ばされたとか、1つ1つ見ていけば細かい不満なんですけどね。

ただ、昔の僕もそうだったんですが、

miyano
miyano

あー、何となく不満も違和感もあるし、この会社辞めてやろうかなー。

と思って、働かないと生活が成り立たないし、転職したとしても今よりいい条件の会社が見つかるかどうかも分からないし、結局ずるずると退職を言い出せない日々を送っていたんですね。

でも一方で、その現状を諦めたら、人生自体をあきらめた気がしてそれだけは絶対に嫌だとも思っていました。

なのでサラッと退職を言い出せる方法をいろいろと考えて、最終的にある方法にたどり着きました。

会社を辞められない不安を全て潰せばいい思ったんですね。

そうすれば、『会社を辞めない理由がないし、適当に嘘の退職理由を言っておけば大丈夫っしょw』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

・世間体

・転職しても興味のある仕事に就けるか不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、すぐにでも退職の意志を伝えられるわけです。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきますね。

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、ブログを始めてみることにしました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

具体的にはこんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は結構世間体を気にしてしまいました。

でも、これは上で書いたブログをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があります。

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみるといいですね。

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

転職してもやる気の出る仕事に就けるか不安

最後に、「違う仕事をしても、やる気の出る仕事に就けるんだろうか?」という不安です。

そもそも「自分がやる気を持てて、ワクワクしながら取り組める仕事って何だろう?」ということですよね。

恥ずかしながら僕は今まで、「何も考えずにレールの上を歩いてきた」ので、どんな仕事に興味が持てるのかわからなかったんですね。

これは、自分の強みを診断して把握することで解決しました。

自分の強みを把握→強みを活かせる働き方へシフト

こんな感じですね。単純なことですが、結構重要です。

というのも、自分の強みや得意なことを活かせない仕事では、イキイキと働くのは難しいです。

例えば、自分が『初対面の人と話すのが苦手』なのに、飛び込み営業の仕事をしていたら、絶対に続かないです。

あとは、『物事を深く掘り下げるのが苦手』な人が研究職をしても、力は発揮できないはずです。

このように、自分に向いていないことを無理やりやろうとしても苦しいだけなので、自分の強みは把握しておくといいですよ。

miyano
miyano

今の仕事に不満があるなら、それはあなたの強みが発揮できていないのが原因かもしれないです。

僕も、自分と向き合えたおかげで、こんな感じでブログを書いて生活する働き方に移行することができました。(このブログも仕事の一環です)

なので、あなたにも強みや得意なことを活かしてイキイキ働ける仕事があるはずです。

『俺って今の仕事向いていないんじゃないか?』って方は、まずは自分の強みを見つけることから始めてみましょう。

自分の強みを見つけるための本

1度きりの人生、後悔のない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法でサラッと退職を上司に伝えることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

ちなみに僕が伝えた退職理由は、「今の仕事にモチベーションが湧かず、別の分野でやっていきたい」というやつです(ある意味嘘じゃないですねw)。

もし、僕のように自信を持って退職して、PC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように退職のキッカケにしてみてください。

最初にも書きましたが、何となく辞めたいけど不安な場合は、お金をかけてもいいなら『退職代行サービス』を使うのが一番楽です。これなら上司と一言も話さずに退職できるので。

【保存版】失敗しない退職代行サービスの選び方とおすすめランキング 『退職の意思を伝えたのに、引き止められて辞められない…』 『上司に「無責任だ!常識がない!」と言われて話を聞いてもらえない...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら