アフィリエイト

ロングレンジキーワード選定

本記事ではロングレンジキーワード選定についてお伝えします。

特化ブログではメインとなるキーワードですので、しっかり理解して頂ければと思います。

キーワードって何?という方は先にこちらの記事をご覧ください。

アフィリエイトのキーワード選定理論 本記事ではブログ記事のキーワード選定の理論についてお伝えします。 キーワード選定とは、”どんなキーワードで検索上位を狙うか”を選...

ロングレンジキーワードとは

ロングレンジキーワードとは、過去もこれからも一定の検索需要があるキーワードのことです。

特化ブログでは、基本的にこのロングレンジキーワードを用いた記事でアクセスを集めていくことになります。

選定方法として以下の2つを紹介していきます。

ロングレンジキーワード選定方法

  1. 関連キーワードツールを使った選定
  2. Google広告のキーワードプランナーを使った選定

主に使用するのは①の関連キーワードツールを使った選定方法になります。

②のキーワードプランナーを使った手法は、大きなキーワードを狙う際に検索ボリュームや競合性を事前に調べるために使います。

miyano

②はサイト全体の設計や、成約型の記事を書けるようになった段階で学べば大丈夫です。

1.関連キーワードツールを使った選定

初心者の方はまずこちらの手法を実践してください。

やり方は以下の3ステップです。

関連キーワードツールを使った選定方法

  1. 洗い出した悩みを持った人が検索しそうなキーワードを考える
  2. 関連キーワードツールに打ち込む
  3. 洗い出した悩みに一番対応しているキーワードを選ぶ

記事ネタ洗い出し方法は別講義で説明しています。

関連キーワード取得ツールは、大量のキーワードを抜き出してくれるツールです。

検索ボリュームは見ることができませんが、割と細かいキーワードまで抜き出してくれます。

≫関連キーワード取得ツールはこちら

関連キーワードツールは「ラッコキーワード」というサービスに更新されました。使い方は変わりませんが、1日20回以上使う場合は無料のID登録が必要になります。

① 洗い出した悩みを持った人が検索しそうなキーワードを考える

まずは洗い出した悩みを持った人が検索しそうなキーワードを考えます。

転職系の特化ブログを運営している場合

洗い出した悩み:自分にどんな仕事があっているかわからない

検索しそうなキーワード予想:仕事 適正

検索しそうなキーワード予想のコツは”慣れ”です。

別にハズレてもリスクはないので場数を踏んで慣れていってください。

思いつかない場合は、悩みを願望に変換すると思いつきやすくなります。

悩みを願望に変換

悩み:自分にどんな仕事があっているかわからない

→願望:自分に合った仕事が知りたい

→予想:「仕事 適正」「天職 見つけ方」「向いてる仕事」など

また、Googleでざっくり悩みを文章として検索してみるのも有効です。

そうすると下の方に関連する検索キーワードが出てきます。

この辺から関連キーワードツールに打ち込むメインのキーワードを選んでもいいです。

miyano

僕だったら「向いてる仕事 わからない」か、「自分に合った仕事」をツールに打ち込んで2語目や3語目がないか調べます。

② 関連キーワードツールに打ち込む

次に、予想したキーワードを関連キーワードツールに打ち込んで検索してみます。

≫関連キーワード取得ツールはこちら

まず入力欄に『2語、3語目の関連キーワードを調べたいメインキーワード』を入力し、【取得開始】をクリックします。

miyano

今回は「仕事 適正」と一緒に検索される3語目があるかどうか検索してみます。

何も表示されない場合は何回か【取得開始】を押しなおしてみてください。

そうすると『仕事 適正』と一緒に検索されている3語目のキーワードが大量に表示されます。

検索して『出力する情報がありませんでした』と出た場合は、そもそもそのキーワードで検索されていないということです。

その場合は、他の表現で置き換えたり、1語で検索してみたり工夫してみてください。

ちなみに、各キーワードの右についているボタンを押すことで下記の便利機能も使えます。

miyano

ぜひいろいろ試して慣れてみてください。

③洗い出した悩みに一番対応しているキーワードを選ぶ

この中から、洗い出した悩みに一番対応しているキーワードを選びます。

今回だったら僕なら『仕事 適正 見つけ方』か『仕事 適正 わからない』あたりを選びます。

初心者のうちは『仕事 適正』のような2語よりも、ライバルの少ない『仕事 適正 見つけ方』のような3語のキーワードを選ぶのがおすすめです。

キーワードを選んだら実際にGoogleで検索し、洗い出した悩みに対応しているか確認してください。

検索して出た上位のサイトが解決している内容が、洗い出した悩みに対応していればOKです。

このあとは、選んだキーワードのライバルチェック→記事設計という流れで進めていきます。(まだ1記事も書いてない人はライバルチェックは飛ばしてください)

アフィリエイト記事のライバルチェック方法 本記事では、検索結果の上位表示に役立つライバルチェックの方法についてお伝えしていきます。 いくら気合を入れて記事を書いても、検索...
【初心者向け】ブログ記事の書き方まとめ初心者向けのアフィリエイト記事の基本的な書き方を分かりやすく紹介しています。一通り記事の書き方を学びたい方はご覧ください。...

慣れたら逆にも挑戦しよう

僕の講座では、検索ニーズとキーワードをしっかり意識してもらうために初心者には下記の順番でキーワード選定をしてもらっています。

悩み→キーワード選び→記事

ただ、慣れてくるとキーワードをピックアップしてから、そのキーワードで検索する人の悩みを逆算することもできるようになります。

キーワード選び→悩みを考える→記事

こちらの手法の方がキーワードを網羅的にたくさん洗い出せるので、慣れてきたらこちらの順番でも選定してみてください。

miyano

特に、サイト全体のカテゴリー構成を考える段階になると、キーワードを先に決めることが多くなります。

2.Google広告のキーワードプランナーを使った選定

こちらの手法は、大きなキーワードを狙う際に検索ボリュームや競合性を事前に調べるために使います。

Google広告というのは、Googleが提供しているWeb上に広告を配信するサービスで、その中の1つの機能として”キーワードプランナー”というものがあります。

キーワードプランナーでは、検索キーワード候補、その検索ボリューム、競合性などを調べることができます。

まずはキーワードプランナーにアクセスし、ツールの画面を開きます。

≫キーワードプランナーはこちら

もし”Google広告への登録”等の画面が表示されたら、ググって登録方法を調べながら登録してみてください。広告を出稿する必要はありません。

ログインできると、このような画面に移ると思います。

そしたら【新しいキーワードを見つける】をクリックしてください。

キーワード入力欄が出てきますので、調べたいキーワードを入力して【開始する】をクリックします。

複合キーワードを調べる場合は、単語の間にスペースを入れましょう。

2語:アフィリエイト 初心者

3語:アフィリエイト 初心者 やり方

そうすると、入力したキーワードに関連するキーワードが出てきます。

赤枠の各項目について説明していきますね。

キーワード

入力したキーワードと関連性のあるキーワードが表示されます。

Aさん
Aさん
アフィリエイト関連の記事書きたいけど、どんなキーワードがあるかなー?

というときに、いろいろな候補を表示してくれます。

”アフィリエイト”に関連したキーワードですので、”ブログ 稼ぐ”のような”アフィリエイト”という単語が使われていないキーワードも候補に挙がってきます。

月間平均検索ボリューム

そのキーワードが1ヵ月で平均何回ほど検索されているかが示したものです。

広告を出稿せずに無料で使用する場合、”1000~1万”などアバウトな数値になっています。

お金を出して広告を出稿することで詳細な数値を見ることができますが、このままでもある程度のボリュームはわかるので大丈夫です。

競合性

広告を出したい人にとって競合がどれくらいいるか、を示したもの。

”高”は広告を出したい人が多い=直接お金になりやすいキーワードとも言えます。

入札単価

そのキーワードで広告が出た時の広告費。

単価が高い=直接お金になりやすいキーワードとも言えます。

それぞれの項目をクリックすることで、”昇順””降順”で並べ替えることができます。

上の画像では、月間平均検索ボリュームが大きい順に並べ替えています。

Aさん
Aさん
あれ、”アフィリエイト”と関連性の薄いキーワードも一緒に表示されてしまった。

今は何もフィルターを書けていないので、関連性の薄いキーワードでも一緒に表示されてしまっています。

フィルターをかけて、関連性の高いキーワードだけ抜き出していきましょう。

まず、【フィルタを追加】をクリックします。

ここでフィルターの種類を選びます。

今回は【キーワードのテキスト】をクリック

”アフィリエイト”という単語を含む候補だけ表示したいので、画像のように入力し、【適用】をクリック。

そうするとフィルターがかかり、”アフィリエイト”という単語を含む候補だけを抜き出すことができました。

あとは、検索ボリュームや競合性を見ながら、自分のサイトで狙っていくキーワードを決めていきます。

僕の主観ですが、ボリュームと競合の目安を書いておきます。

  • 1万~:サイト単位で膨大に網羅しないと上位取れない
  • 1000~1万:関連キーワードを網羅していけば上位取れるかも
  • 100~1000:ライバルが強くなれければ1記事で上位取れるかも
  • それ以下:1記事で上位狙えるがボリューム次第で損切

また、キーワードがある程度わかっているのでれば『Ubersuggest』というサイトでも検索ボリュームや競合性、キーワード候補などを調べられます。

アフィリエイトの始め方完全ガイド【初心者向け】アフィリエイトの始め方が知りたい初心者向け。本記事では動画でわかりやすくアフィリエイトの始め方を解説しています。ゼロからアフィリエイトを始めたい方は是非ご覧ください。...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら