眠いと仕事でミスしがちに!集中できない時の7つの眠気解消法

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

どうも、miyanoです。

 

仕事をしているとついつい眠くてウトウトしてしまうことって

あると思います。

 

そんな時に限って集中できずに仕事のミスをしてしまいがちですよね。

 

今回は、そんな眠気に悩まされている人の役に立つように、

眠くて集中できない時の眠気解消法をまとめてみました。

 

 

 

眠くて仕事に集中できない

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

いくら仕事を真剣に頑張っていても、

急に眠くなって仕事に集中できないことってよくありませんか?

 

さっきまではバリバリ作業していたのに、

ふとした瞬間にぼーっとしてしまって、気づいたら10分たっていたとか、

何も手が付けられないほどの眠気に襲われて、上司に起こされるとか。

眠いと集中力も低下して、仕事がなかなか進まないということってあると思います。

 

私は特に、昼休み後の単純作業で眠気に襲われます(笑)。

エクセルのデータ整理とかなんて最悪の相性ですよね(;´・ω・)

 

 

 

ところで、人間が連続して仕事に集中していられる時間は

どれくらいなのでしょうか?

 

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

この手の話では必ず話題にあがる研究結果がありまして、それによると、

 

人間が十分覚醒して作業を行えるのは起床後12~13時間が限界で、

起床後15時間以上では酒気帯び運転と同程度の作業能率まで低下する

という結果が出ているそうです。

<出典:Dawson D, Reid K. Fatigue, alcohol and performance impairment. Nature 1997;388:235>

 

例えば、

朝6時に起床して、朝ご飯を食べて準備をして、7時に家を出るとしましょう。

都内に努めている人の平均通勤時間は1時間ほどのようですから、職場に付くのが8時。

8時ちょうどから勤務を始めて、所定労働時間を8時間とすると、定時が16時。

 

その時点で起床後10時間は経過していますね。

つまり、残業2時間程度で限界を迎えることになります。

 

しかもこれは、十分な睡眠時間をとった前提の話です。

残業が続いて、続けて睡眠時間が短いような状態では、

起床後12時間立っていなくても、仕事中に眠くなる可能性も高くなってきますね。

 

 

仕事中に眠くなる→効率が低下→残業→睡眠時間が短くなる→また仕事中に眠くなる

という悪循環に陥ってしまいますね。

 

 

そうでないならば、仕事中の眠気を解消して、

集中力を高めて仕事をさっさと終わらせて定時で帰ったほうが良いですね。

 

 

仕事のミスを防げ!集中できない時の眠気解消法

日々効率化を図っている人にアンケートをとって、

皆がやっている眠気解消法をまとめてみました。

 

眠気解消法1:体を動かす

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

眠気覚ましには鉄板の方法だと思いますが、

体を動かしたり、ストレッチするという意見が一番多かったですね。

 

仕事中に時間を取り、筋トレをしてみると眠気が無くなります。

デスクワークが中心の人にとって、とても効果的だと思います。

筋トレを行うと、体内のホルモンが活性化され、

判断力や決断力が向上します。

つまり、筋トレを行うことによって眠気が無くなり、

仕事に役立つ判断力や決断力を高められるメリットがあるのです。

筋トレは、腕立て伏せがベターです。

腕立て伏せであれば、どこでもできます。

また、腕立て伏せは全身の筋肉を刺激するため、効果的です。

 

デスクワークだけど筋トレする程体力がない、

という人は、昼休みに15分ほど仮眠をとった後

仕事モードに切り替えるときに軽い筋トレを行うと無理なくできると思います。

 

デスクワークをしているので、一日中座っています。

私はデスクから立ち上がり、5分ほど歩くということを実践しています。

歩くことにより眠気も解消されますが、

血行も良くなるので足のむくみも解消されます。

脳に新鮮な酸素を送るために歩きながら周りのスタッフにバレないように深呼吸もしています。

歩くことが難しい場合は、

座ったまま足首を回したり足の先を伸ばしたりするのも気分転換になります。

デスクワークの人におススメです。

 

とにかく立ったり、座ったり、移動したりしています。

事務仕事をしていてずっと座っていると眠気が襲ってくるので、

お茶組みや事務所の掃除、ごみ出しなど雑用をやる用事を見つけて

なるべく席を立つようにして眠気を解消しています。

それでも眠気がひどい時は、

トイレに行って5分だけ仮眠してしまうとスッキリします。

あとは、郵便局や銀行に行った帰りにコンビニで

コーヒーやエナジードリンクを買ってきて飲んだりしています。

事務系のお仕事で席にずっと座っているような人にはオススメです。

 

席を立つ、トイレに行くなど体を動かすことです。

人目に付かないところで背伸びをするとか腕をまわすなどすると

眠気の解消はもちろんリフレッシュも出来るのでお勧めです。

デスクワーク中心の普段体を動かすことがあまりない方にぜひやってほしいと思います。

日頃の運動不足解消とまではいきませんが、

日々の生活の中で少しでも意識して体を動かすことは肥満対策や健康維持の為にも大事です。

眠気は一度起こると座ったままでは解消が難しいですが、

どうしても席を立てない時は首をゆっくり回したり、両肩を上下に動かしたりするだけでも違います。

とにかく動くと良いです。

 

私もデスクワークがメインの仕事ですが、

頻繁に立ち上がったり、トイレ行って眠気を覚ましてますね。

 

ただ、動いた直後はいいんですが、

しばらくするとまた眠くなったりするので

別の眠気解消法と組み合わせて使うと良いかもしれません。

 

介護職をしています。

お昼のあとや、おやつのあとなど、ちょっと一段落すると、眠くなってしまいます。

そんなとき、私は何か細々した仕事を見つけて、

とりあえず早足で歩くようにしています。

動くことで交感神経が刺激されて目が覚めますし、

雑務もはかどるので周囲の人には感謝され、とても効率的です。

どうしてもだめなときは、目が覚めるとっても辛いスースーするガムを噛んだりして目を覚ますようにしています。

眠気半分だとしっかりとしたケアができないので、昼休憩時に昼寝をしたりもします。

 

立ち上がるくらいじゃまた眠くなる!

という人は、軽い運動のつもりで早足であるくのは良いかもしれませんね。

 

できるだけ体を動かすようにしています。

まず会社の外に出る用事などがある時などはそれを率先して行ないます。

外の景色に触れるだけでだいぶリフレッシュ効果があって眠気覚ましになります。

そうでない時はデスクにいながらにして体を動かします。

具体的には、

「足の指をグーパー」「肩をすくめて戻すを繰り返す」

「手首、足首を回す」「ストレッチ」

「ゆっくり息を吐きながら腹筋に力を入れる」などです。

体を動かさないとボーっとしてしまい睡魔がやってくるので、

とにかく体のあらゆる部位を出来る範囲で動かすのが良いと思います。

あと周りの迷惑を考えながらするべきですが、

「貧乏ゆすり」もかなり良いです。

 

具体的に書いて頂きました。

ストレッチもワンパターンだと慣れて効果が薄れるかもしれないので、

数パターン覚えておくと良いですね!

 

眠気解消法2:飲食

 

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

アンケートの中で2番目に多かったのが飲食です。

コーヒーを飲んだり、刺激のあるものを食べたりして

眠気を覚ましている人は多いようですね。

 

私がとてもおすすめしたい眠気を解消するテクニックは

わさびのスナック菓子を食べることです。

これはふざけている訳でもなく本当に効果があります。

近年、わさび風味のお菓子が増えていますが

その中でもとっても強烈に「ツン」とくる商品がいくつかあります。

これをひとくちふたくち食べることは、

他のコーヒーや栄養ドリンクなどを飲むことよりも比にならないくらい即効性があります。

私は寝る前には絶対に食べないようにしているくらい眠気が吹き飛んでしまいます。

眠気を解消するために何かを試してみたいという人には

簡単にできるので是非試してみて欲しいです。

 

おお、わさび味のお菓子は試したことがありませんでした。

わさび味のお菓子といえば個人的には

「わさびのり太郎」なんですが、今度試してみようと思います笑。

 

私は仕事中に眠くなると、

キンキンに冷えたアイスコーヒーを一気飲みします。

できれば氷は5個以上。アイスコーヒーのカフェイン効果はもちろん、

キンキンに冷えている飲み物を一気飲みするため

飲み終わった後に一時的に頭痛に襲われるために目も一気に覚めます。

以前は、眠くなるとカフェやコンビニまでコーヒーを買いにいきがてら

少し散歩にもなったのでこちらの方法もよかったのですが、

今の職場では就業中の外出ができないために

この方法を思いつきました。

準備も簡単なので、忙しい人にもオススメです。

 

あまり外出できない職場の人は、

水筒に氷をたくさん詰めて持ってくれば、実践できますね。

 

眠くてミスばかりしてしまう事がたまーにあるんですけど、

そんな時に私がする事は「トイレに行ってハッカの結晶を食べる」です。

ハッカの結晶はその名前の通り、ハッカで出来ています。

食べるとハッカの味が口いっぱいに充満して

一気に眠気を解消する事が出来ますよ。

その味はハッカガムの比ではありません。

口に入れた瞬間思わず口から出してしまいそうになるレベルの辛さです。

しかし、体に害のある物では無いので凄く良い解消法ですよ。

 

ハッカの飴とかは

昔焼き肉屋で貰ったりした経験がありますが、結晶はみたことないですね。

 

強烈らしいので、コーヒー飲んだくらいじゃ目が覚めない!という人は試してみては?

 

私が眠気解消法としてまず行っていることは、

時間を決めてコーヒーを飲むことです。

特に眠気が来るのは、食後1時間ぐらいの方が多いと思いますが、

食後すぐにコーヒーを飲むだけでも眠気を和らげることが出来ます。

次に行っていることは、定期的に席を立つことです。

やはり同じ姿勢で椅子に座ることは、眠気を誘発させやすいと思いますので、

姿勢を変えるという意味合いも込めて、席を立つようにしています。

トイレや社内を歩くだけでも、眠気を軽減させれるので、おススメです。

 

カフェインは時間差で効いてくると言いますから、

飲む時間を決めておくのは良いかもしれませんね。

時間を決めておくことで、気持ちの切り替えにも一役買うと思います。

 

私は眠気を感じた時に、

自分の好きな飲み物やお菓子を食べるようにしています。

仕事で神経を使って集中していると、

つい眠気が襲ってきてやる気がなくなってきてしまいます。

そんな時、私は大好物のお菓子を食べたり、

コーヒーを飲んだりして一息つくようにしています。

一息つくことで、もうひと踏ん張り頑張ろうという気持ちが湧いてきますし、やる気もみなぎってきます。

緊張を程よく柔らげてあげることで仕事の効率化にも繋がりますし、

とてもオススメです。

 

眠気+やる気ダウン

の症状に悩まされている人は、

あえて自分の好きなお菓子を食べてリラックスすることで

気持ちを切り替えるのもいいですね。

 

 

眠気解消法3:仮眠・寝る

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

3つ目は、仮眠・眠ることですね。

アンケートを取った中では、私が思っていたより意見は少なかったです。

 

仮眠が取りづらい人が多いというのもあると思いますが、

私は昼に最低15分の仮眠をとるようにしてから、

午後ほとんど眠気を感じなくなったので、仮眠できる職場にいる方はぜひ試してみてもらいたい方法です。

 

少し特殊かもしれませんが、

私は眠気を解消するために堂々と眠ります。

20分程度ですが上司や同僚の人たちに了承していただいたうえで休みます。

それは昼休憩とは別の時間帯です。

眠いと集中力がなくなり、仕事にもミスが出やすくなります。

職場にいる8時間以上の時間を集中し続けることは

無理なのだということをアピールすることが重要なのです。

私は車通勤をしていますので、

リフレッシュしたいので20分ほど休んできますと宣言し車内で瞑想しています。

役割分担がきっちりできている職場ならこの眠気解消法はお勧めできます。

さすがに人手不足の状態で眠るわけにはいかないですから。

少しくらい眠った方が効率よく仕事ができるとアピールするのが大事だと思います。

 

なかなか堂々と眠るのは難しいかもしれませんが、

この方のように、仮眠をとることで効率よく仕事ができることがアピールできるのであればありですね。

 

眠気を感じるときは

ミント系のタブレットを食べたり頬や太股などをつねって痛みで眠気を飛ばすなど色々ためしてみますが、

それらの方法はその場しのぎ程度の効果なので

強い眠気を感じる日は昼休みに早めに昼食を済ませ15~20分ほど仮眠をとるのが一番効果があると思います。

仮眠をとるときは横になってしまうと返って眠くなるので

椅子に座った状態で寝た方が良いです。

また、大事な会議や打ち合わせなどが控えているときは

寝る前にコーヒーを飲んでおくとちょうど起きる頃に

カフェインが効いてきて目覚めがすっきりするのでオススメです。

 

私もこの昼の仮眠は実践していて、かなり効果があるのでお勧めです。

ついつい寝すぎてしまうことがあるので、この方のようにコーヒーを飲んでから寝るのがいいかもしれませんね。

 

 

眠気解消法4:誰かと話す・声を出す

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

4つ目は、誰かと話したり、声を出すことです。

 

ウトウトしていた時に誰かに話しかけられて、

会話していたらいつの間にか眠気がなくなっていた、

という経験あるのではないでしょうか?

 

人と話すことは、それだけで頭を使いますから、

会話の少ない職場であれば意識してみると効果的だと思います。

 

事務の仕事をしているのですが

書類を前にどうしても眠気が襲ってくる時、

一番効果があるのが人に話しかける事です。

簡単なやりとりではなく、少し込み入った話や相談などする事

だんだんと目が覚めてきます。

経験上、話す内容は何でもいいのですが

喋るという行為が眠気の解消につながる気がします。

特に事務職で、単調な仕事のために眠気が襲ってくるような人にオススメです。

椅子から立って動くのも効果がありましたが

喋るという行為は少し緊張感も伴い、より眠気解消になります。

 

私も後輩にちょっかい出したりして

会話することで眠気を覚ますことがあります(笑)。

 

カラオケを行うと良いでしょう。

外回りの営業マンには、とても効果的な眠気対策です。

カラオケは声を大きく出すため、眠気で停滞している脳に刺激を与えてくれ、脳の働きを促進してくれるのです。

眠気は脳の活動停滞から発生する現象なのです。

声を出して発散することによって、脳の働きを再活性できるのです。

外回りの営業マンは昼食時にカラオケ屋に行けるチャンスがあります。

外出中は、カラオケを用いて眠気を打破していきましょう。

 

私は外回りすることがほとんどないのであまり実践できないのですが、

カラオケに行けるチャンスがあれば試してみるのもいいですね。

 

眠気解消法5:マッサージ

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

歯科衛生士をしているんですけど、

患者が来ないと何もする事が無いので眠くなるんです。

そんな時は目の周りをマッサージします。

眉毛の部分をツボを押すような形でマッサージをするんですけど、

気持ち良いし5分くらいマッサージをすれば眠気もおさまりますよ。

目の周りのマッサージをすれば、老化現象も少しは解消出来るだろうし、

私のような30代には一石二鳥の眠気解消テクニックなんです。

私のような30代後半の女性におすすめです。

 

体を動かしたり、ストレッチするのに関連していますが、

ツボを押したり、マッサージをするのも効果的ですよね。

 

また、目の周りのマッサージで思い出したのですが、

以前別のアンケートを取ったときに、

「蒸気の出るアイマスク」を使うと頭がすっきりするという意見もあったので、

組み合わせて試してみてはいかがでしょうか?

 

 

眠気解消法6:外の空気を吸う

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

私はとにかく仕事中でも

オンとオフをしっかりと切り替えるように心掛けています。

一定時間、集中して取り組むと疲れが生じてきて眠気が襲ってきますが、

そんな時はオフィスから出て外の空気を吸うようにしています。

いくら眠気が襲ってきても外の新鮮な空気を吸うことで

嘘のように眠気が吹き飛んでいきます。

仕事中は時間に追われがちですが、そんな方こそ仕事中にも息抜きとして

外の空気を吸いに行くことをオススメします。

きっとスッキリすること間違いなしです。

 

「体を動かす」という部分と関連してはいますが、

外の空気を吸うことでリフレッシュすることができますね。

 

学生の頃、授業中眠かった時に

教室の窓を開けて外の風を取り込むだけでかなり眠気が改善された覚えがあります。

 

 

眠気解消法7:その他

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

冷却用の湿布を体に張ると、眠気を解消することができます。

内勤の人にとって、とてもやり易い眠気対策です。

冷却用の湿布を貼ると、皮膚が脳へ刺激を送ってくれます。

眠気がある場合、脳には刺激が無いのです。

脳に冷たいという刺激を与えて上げると、一気に眠気が覚めます。

冷却用の湿布だと貼り付けられるため、

冷たいという刺激がしばらく続いてくれるメリットがあります。

内勤の人にとって長く効果を期待できるアイテムなのです。

 

受験勉強で「冷えピタ」をおでこに貼りながら頑張っていたのを思い出しました。

おでこに貼ると、頑張っている感がでるのでそういう効果も期待できるかもしれませんね(笑)。

 

石鹸で手を洗う、石鹸で顔を洗うという手段は

眠気を飛ばすことができる方法です。

データ入力の単調な作業をしていて眠気に襲われることがよくありましたが、

この方法で眠気をある程度飛ばすことが出来ました。

手間はかかりますが長時間パソコンで画面に向かう作業を行う方には

リフレッシュにもなる観点から特におすすめです。

他の方法にオーソドックスですがガムを噛むという方法もあります。

こちらの方法は接客や会議以外の仕事の方におすすめです。

 

私はやったことありませんでしたが、

顔を洗うのはリフレッシュできるかもしれませんね。

朝に洗顔するとスッキリしますもんね。

 

 

それでも眠くて仕事に集中できない!というあなたへ

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

仕事が嫌いでつまらないのが原因ではないですか?

 

仕事が楽しくて毎日ワクワクすることができれば

眠くなることはないと思います。

 

逆に仕事が嫌いで、

「つまらないなー」と思いながら毎日過ごしていたら

仕事に集中できず、眠くなってしまいますよね。

 

 

実は私も昔、残業100時間の中でひたすら嫌いな仕事をしていて、

毎日だるさと眠気に悩まされていました。

フラっと倒れそうになったこともありました(笑)。

集中できない時, 眠い, 仕事, ミス

 

そこで私は、

「自分でビジネスをすれば、努力次第で報酬が増えていくし、楽しいんじゃないか?」

と思い立って副業を始めました。

 

正直、最初の報酬はたった15円で、「バイトより全然時給低いじゃん!」と嘆きましたが、

自分がやった分だけ報酬が増えていくのが楽しくて、

自分で考えて試したことが実を結んで結果が出た瞬間、興奮が止まりませんでした(笑)。

 

 

そして残業100時間を突破した翌月には、

月収10万円を稼ぐことができるようになっていました。

 

どんな仕事でも、会社員としてやる仕事は、潜在的に受け身なんです。

「やらされている仕事」という意識があるわけですね。

 

その点、自分でやるビジネスは

自分の努力次第で報酬が増えていくわけですから、能動的でワクワクする活動になります。

これが決定的な違いです。

やり方によってはそのまま続けて独立することもできますしね。

 

あなたも、つまらない仕事にうんざりしているのであれば、

副業から始めてみてはいかがでしょうか?

 

もし興味がありましたら、私が3ヵ月以上かけて作った

会社に依存せずに稼ぐ方法をまとめた初心者用教科書

プレゼントキャンペーンを行っていますので、よかったら手に取ってみてくださいね。↓

 

【初心者向けアフィリエイト教科書を期間限定で無料プレゼント中!】