入社3年目で仕事がつまらなく感じたときの10の体験談と対処方法まとめ

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目

 

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
Aさん

入社3年目なんだけど、最近仕事がつまらなく感じて、モチベーションが上がらないんだけど、いい対処方法ないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

 

この記事でわかること

・入社3年目で仕事がつまらないと感じた時の体験談と対処方法

・仕事がつまらないのであれば選択肢は3つしかない、という話

 

どうも、miyanoです。

 

新卒で会社に入って、気が付けばあっという間に3年目。何だか仕事がつまらなく感じてきて、

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
Aさん

もう辞めたい。

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
Aさん

やっぱ公務員にしとけばよかった・・・

とか考え始める。

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
miyano

めっちゃわかります笑。

僕も昔は、仕事に全く興味が持てなくて、ひたすら時間が過ぎるのを耐えるような過ごし方だったんですが、起業をきっかけに毎日定時ダッシュをかまして、カフェで自分のビジネスやって楽しんでいます。

 

ということで今回は、入社3年目に仕事がくそつまらなく感じてしまう原因や体験談とその対処方法についてお伝えしていきます。

 

 

3年目になって仕事がくそつまらなく感じるのはなぜか?

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目

新卒1年目は新鮮なことが多くて、2年目でどうにか慣れてきてやってきたけれど、3年目になって何だか仕事がつまらなく感じてきてしまう。

 

僕もそんな経験があるのでよくわかります。

 

入社3年目で仕事がつまらなく感じて辛くなってしまう原因は正直人それぞれだと思いますが、僕の場合は、将来に希望が持てなくなったからという原因でした。

3年目になると、節目感なのかわかりませんが、「もう3年目かー」と、れまで仕事してきたことや、これから先のことを思わず振り返ったり、想像してしまいますよね(笑)

 

僕の場合は、アメリカ出張中に、残業100時間ペースのなかで真夜中に帰宅途中、ふと広大な夜空を見上げた時に思わず、

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
miyano
俺はこんなところで何をやってるんだろう

とつぶやいた記憶があります(笑)

 

これから先、何十年もこの仕事を続けていくことを想像したとき「ちょっと無理だなー」と思ってしまったんですね。

最初はそんな些細なきっかけですが、一度考えてしまったことはなかなかぬぐえないものです。

 

なんとなく将来に期待が持てなくなると、

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
miyano

今の仕事をやっていても意味があるのか?

と自問自答し始め、「今の仕事はつまらない」という思いが強くなってきました。

 

まあ僕はそもそも、やりたいことがなくて、とりあえずよさそうな会社に就職しておけばいいやと安易に仕事を選んだおかげで、仕事の内容には最初から興味がなかったんですがね(笑)。

その辺の話はプロフィールにもまとめてありますので、「ぶっちゃけ今はどんなライフスタイル送ってんのよ?」と疑問に思った方は、ヒントがつかめると思いますので、併せて見てみてください。

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目

そんなこんなで、今では充実した働き方ができていますので、後半でそのポイントもお伝えしていきますね。

 

さて今回は僕のように、入社3年目で仕事がつまらなくなった人のために、10の体験談と対処方法をまとめてみました。

 

入社3年目で仕事がつまらないと感じた時の10の体験談と対処方法まとめ

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目

好きな仕事・やりたい仕事に転職する

よく仕事は3年勤めてみないと自分に適している仕事なのかわからないと言われますが、

私は入社3年目になっても仕事を楽しく感じる事ができませんでした。

 

つまらない理由は色々とあったんですが、一番はやりがいを感じれなかったからです。

一応責任者となって仕事をした経験もあったんですが、その時もやりがいを感じる事ができませんでした。

このまま同じ職場で一生働いてく事を考えると将来を悲観的に考える自分がいました。

 

なので、本当にやりがいを感じる仕事に出会いたいと思い転職しました。

転職先は幼少期の頃から好きだった事です。

好きな事を仕事にしても次第に辛くなると言われますが、そんな事はありません

好きな事だからこそ頑張れるし、向上したいと思えるんです。

自分の気持ちに嘘をつかずに生きていった方が絶対に良いですよ。

大学を卒業後にアパレル会社に入社しました。

販売の仕事をすることになりまったくの未経験だったので、1年目はとにかくワンシーズンずつの流れを覚えるのに必死で、あっという間に終わり充実していました。

 

2年目になると後輩が入っているのできたので一年先の先輩として指導をしながら仕事になりました。

先輩とはいえまだまだ2年目にだったので、半分新人気分でまだ楽しいという気持ちが多かったです。

 

3年目になると仕事も一通りできるようになり接客の仕事も楽しかったのですが、

毎日の単調な繰り返しに少し不満をもつようになりました。

 

土日はそれなりに忙しいのですが平日となるとお客様も少なくただ立っているだけの時間がなんだか無駄な気がして。。

これで給料をもらっている自分がいやになりました。

そして4年目に思いきって辞めて幼児教育の資格がとれる学校に入りました!

もともと子供が好きで子供の予期せぬ行動力に興味がありましたので転職に向けて資格を取りました!

今は資格を生かして毎日幼稚園で働いています!

私は、自動車部品の大手企業で勤めていました。仕事は、プレス機のオペレーターでした。

入社してから2年間は、覚える事も沢山ありましたし、生産数を上げる為に、設備の改善や作業効率の改善をしたりして、仕事のやり甲斐もありました。

 

しかし3年目以降は、毎日が同じ事の繰り返しで、改善案も無くなってきて、仕事に身が入らずつまらないと感じてきてしまうようになりました。

そこで私は、リーダーに他の設備も覚えさせてもらうように直訴し、他の設備にも回してもらうようになりました。

 

それでも結局は、同じ作業の繰り返しの為、この会社を辞める事にしました。

今までやった事がない仕事をしたかった為、同じ想いを持った友人とコンビニエンスストアでフランチャイズとして経営する事にしました。

仕事は大変ですが、毎日が刺激的な事でとても楽しいです。

私のいた会社では、「上司にどれだけ気に入られるか」で評価が決まっていて、私はそれが許せませんでした。

 

仕事の成果に自信あっても1年たって蓋をあければ同期の中平均以下の評価。

私は生産性を重視し、おかしなこと言えば上司に正直に言って、反抗的になったりしました。

もちろん人が人を評価しているので、完全に感情を排除するのは難しいのですが、私は仕事の出来・成果で評価されるべきだと感じています。

 

そんな価値観が合わなかったので、3年目で転職し、成果主義の外資系コンサルに入社しました。

そして、高い評価をもらっています。あの時転職して本当に良かったと思います。

 

工夫して仕事に対する新鮮さを保つ

石の上にも三年と言いますが、三年目にはそれなりに責任が生まれる仕事を任されるようになりました。

中には全く未経験の仕事を一から短期間で覚えることを強いられたこともあり、以前までの長いスパンで事業を行えないことに不満を覚えて仕事の取組み方に悩みます。

 

職場の方たちとのコミュニケーションも三年目となれば慣れていきますが、新鮮味は三年目から薄れていく感覚です。

要は、仕事全体に新鮮味を感じられず、作業も手を抜くようになりました。

 

対処法としては、思い切って大きな買物をして貯金を減らすことで、また収入を得ようという考えを持てたこと。

インターネットを利用した副業に職種を延ばして、仕事に対する新鮮さを保ったことで、作業にリズムが生まれて集中できる環境が整ったと思います。

 

とりあえず3年は我慢する

3年目を迎えたあたりから、周りで退職者が出始めました。

それまで結婚を機に辞める寿退社が当たり前だった職場です。

しかし結婚以外の理由で止める女性社員も出始めて、改めて今の自分の仕事を考えてしまいました。

 

不満が無いわけでもなかったこの数年、しかしそんなことで辞めて良いのか、結婚するまでは我慢しないといけないと思い込んでいました。

しかし目の前で、結婚以外の理由で辞めていく人たちを見送るうちに、なんだか仕事がつまらなく感じてきました。

不満を理由に辞めても構わないんだと知ると、自分だって転職の二文字が頭をよぎりました

 

しかし入社当時に年配の女性社員から言われた一言が心にずっと残っていました。

「3年はここで働かないと、会社は新人にかけた費用の元が取れないって知ってる?」

それが事実かどうかは知りませんが、あながちウソでもないと思いました。

入社当時も、そして今でも、ミスをして迷惑をかけることはあります。

結局その言葉が頭から離れず、とにかく3年は辛抱しようと決めました。

 

資格取得を目指す

三年目になると、仕事の内容も理解して難なくこなすことが出来るようになってくるため、仕事に飽きがくるようになります。

そのため、三年目になると本当にこの職場で働き続けていて良いのだろうかという疑問が生まれ、もっと可能性があるように過信してしまうため、つまらないと思うのではないでしょうか。

 

私も丁度三年目辺りでこの仕事を10年後も続けていくことができるだろうかと疑問に感じていました。

そのとき、上司に仕事に関する資格取得を勧められました。

始めは仕方なく勉強していたのですが、段々と奥が深いことを知り仕事に対して見る目が変わりました。

飽きたと感じていた仕事も資格取得のために学ぶことで、再びやる気を取り戻すことが出来ました。

パソコンの仕事をしていましたが、とてもつまらない日々を過ごしていました。

そこで会社の資格支援制度を利用して、パソコンに関する資格を取得しようと思いました。

とても難しい資格で有名だったのですが、転職をする際や今の仕事で生かすことができると思い挑戦をしたのです。

仕事でつまらない時や暇な時・休憩時間なども利用して勉強をしました。

 

会社内にいる人の多くは持っていない資格だったため、上司や後輩など皆が応援してくれたのでとても嬉しかったです。

会社内で資格を持っている人から、様々アドバイスなどをもらうことができたのですが、何と言っても普段話すことがない人とコミュニケーションが取れたことが嬉しかったです。

結局、資格は取得できませんでしたが、スキルは身についたと思います。

 

プライベートを充実させる

社会人3年目となると、後輩もある程度育ってきて、指導することもないので先輩としても中だるみの時期でした。

また、社内の人間関係も構築されているので、自分の先輩の姿も近くで見ています。

その為か、今後、自分がこの会社で働き続けるとかの先輩達のようになるのか、という漠然としたイメージができてしまいました。

それは特に輝くものでも憧れるものでもなく、サラリーマンとしてただ働く姿だったので、余計につまらなく感じてしまいました。

この先、同じように仕事をしていても、この先輩達のように特に変化のない仕事を淡々と続けていくんだなと思うと、意欲も湧かなくなってしまいました。

 

対処方法としては、自分のプライベートを充実させようとしました。

休日と仕事のメリハリがつけば仕事も頑張れると思ったからです。

続けた結果、あまり以前のように仕事でつまらないと感じることが少なくなったので、よかったと思っています。

石の上にも三年と言うように、私も介護福祉士になってから約3年コツコツと自分の専門性を高める努力を重ねてきました。

ちょうど働き始めてから3年が過ぎた夏頃に、何となく仕事にやりがいを見出せない時期がありました。

今振り返ると、燃え尽き症候群だったかもしれないと思います。

何をしてもいまいちで、仕事を辞めることを考えることもありました。

 

私なりに乗り越えるために、趣味のジョギングや、友達との食事など楽しみの時間を持つようにしました。

そのおかげもあって、燃え尽き症候群を乗り越えることができました。

仕事を始めて3年目は、色々と自分でできることが増えるだけではなく、それなりの大変さを感じる時期でもあるので、自分なりのリフレッシュ方法を考えることも大切になると感じています。

 

仕事がくそつまらなくて辛いのであれば取る道は3つしかない

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目

いかがでしたしょうか、ここで体験談を紹介した方々はうまく対処されていますね。

 

僕の場合は前述のとおり、将来に希望が持てない環境だったので、仕事に興味が持てなくて、ひたすら耐え忍びながらすごしていました。

でも、こんな過ごし方じゃダメになるのも時間の問題だという危機感もあったので、この先の身の振り方を考えてみました。

3つ紹介していきますね。

 

1:考え方を変えて、積極的に仕事を極める

1つ目は、つまらない仕事をするのはしょうがないと諦めたり考え方を変えて、せめてやるのであれば積極的に頑張ろうと前向きになる、という道です。

 

嫌いな仕事を、だらだら努力もせず惰性でやり続けるのが一番よくないですよね。

いざリストラに合ったり、病気やけがで働けなくなった時に、今まで積み上げてきたものがないと、どうにもならなくなってしまいます。

なので、もし今の仕事を続けるのであれば、つまらないのは諦めて、積極的に上を目指す方がいいと思いました。

 

ただ、僕の場合は絶望的に仕事に興味が持てなかったので、このパターンは最初からボツとなりました(笑)。

 

2:転職する

転職するにも2パターンあります。

 

■盗めるだけスキルを盗んでから転職する

同じ業界に転職したいと思った場合は、今の会社で盗めるだけスキルや経験を盗んでから

ステップアップとして転職するのがいいですよね。

 

■さっさと転職する

仕事内容が嫌で、全く違う業界に転職したい場合は、

さっさと転職してしまった方が、時間が無駄にならないですよね。

 

僕の場合は、転職するほどの気力もないし、そもそも

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
miyano

俺の好きなこととかやりたいことって何?・・・

ってな感じで、転職してもまたやる気が出なくなって同じことを繰り返してしまう気がして

転職するという選択肢もボツになりました(笑)。

 

3:自分でやりたいことをやる

今の仕事はつまらないし続けられそうにない、でも転職するほどの気力もない

という僕のようなわがままな人(笑)は、枠にとらわれずに、主体的になれることでお金を稼いでいくしかありません。

 

例えば、自分でビジネスを始めて、起業してみる、とかですね。

起業って言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、インターネットが普及してきている今、会社に勤めながらでも出来ることってたくさんあります。

 

当時の僕は、そんなに深いことも考えず

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目
miyano

とにかく現状を脱して、主体的にやりたいことをやりたい!

という思いだけでWebビジネスを始めてみることにしました。

 

具体的に言うと、このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、メルマガの読者さんに対して発信したり、他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

そういったスキルを身に付けていれば、もし転職してもプラスアルファの収入になりますし、もっと伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていくこともできると思ったんです。

 

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目

 

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、本業でつまらない仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです(笑)。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

ということで、そろそろこっちのビジネス一本で生きていこうと考えるようになりました。

 

1度きりの人生、後悔しない選択を

対処, 仕事, なぜ, つまらない, 3年目カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

自分でやりたいことをやる。

という方法で現状から踏み出すことができました。

現状を変えていくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

 

もし、僕のように”とりあえず会社に勤めながら、自分でビジネスをやっていきたい“と考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(動画講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、自分を変えるキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、こんな働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

【無料:miyano公式メール講座登録で今なら初心者用教科書プレゼント】

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。