Business

言い訳しがちな人への処方箋(自己責任/他者責任)

こんにちは、miyanoです。

今回は言い訳しがちな人への処方箋ということで、「忙しくて、時間がない」と言い訳をしがちな人に、自己責任思考についてお伝えしていきたいと思います。

言い訳しがちな人への処方箋【動画講義】

言い訳しがちな人の特徴

言い訳しがちな人というのは、基本的に他者責任思考=全ては他者の責任である。という思考をしています。

世の中のサラリーマンをはじめ、大半の人はこの他者責任思考で考えている事が多いです。

成果が出ようがでまいが、時間で給料をもらっている人というのは基本的に受け身なので、このような思考になりがちかと思います。

まあ、それによって問題が解決しなかったり、成果が出なくても、時間で給料は出ているので、自分とってはどうでもいいですからね。

正直僕もサラリーマンとして仕事していた時は、思いっきり他者責任思考でいました。

まあこれが悪いというわけではなくて、世の中の大半のひとがこの思考なのでこれが普通なんです。

ただし、自分でビジネスをして稼いでいこうとしたときは、成果が出ないと収入0です。

で、それを誰かの責任にしたところで何も結果が変わらないですよね。

ですので、自分でビジネスで稼いでいこうと思ったらこの他者責任思考を変えていく必要があります。

言い訳しがちな人への処方箋

自分で自立して稼いでいくためには、自己責任思考になる必要があります。

これは、全ては自分の責任であるという思考のことです。

何があっても人のせいにせず、自分の責任と考えて、前に向かって行動を起こすんです。

まわりの結果を出している人を見ると、いくら本業が忙しかろうが、どうにかして限られた時間の中で成果を出そうとしていて、「時間がなくて、、、」「仕事が忙しくて、、、」という言い訳は絶対にしません。

この自己責任思考になるためには、目標、ビジョンを持ってそれを宣言してみるといいと思います。

目標やビジョンを持つことで、常に目標に向かって走っていきますので、他者のせいにせずに、自分で現状を打破していこうという意識になると思います。

ぜひ、この自己責任思考を意識していただいて、目標に向かって一緒にがんばっていきましょう。

About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール