Employee

なんて言う?退職理由のうまい言い方・伝え方と体験談まとめ

Aさん
Aさん

退職理由を上司に伝えようと思うんだけど、無難にこなせるうまい言い方や伝え方ってないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容

・退職理由のうまい言い方・伝え方と体験談

・退職理由をスムーズに切り出すコツ

どうも、miyanoです。

退職したいっ!って思っているんだけど、いざ退職の意志を上司に伝えようと思うと、どうやって理由を説明したらいいか迷いますよね。

Aさん
Aさん

今日こそ辞めるって言うぞ、言うぞ、、、でも変なこと言って引き止められたり、反感を買ったら面倒だし、どう伝えたら無難に済むんだろう・・・

miyano
miyano
めっちゃわかります(笑)。

別に退職理由なんて「一身上の都合」で十分ですし、何を聞かれても言う必要なんてないんですよね。

でも、一応もっともらしい伝え方や切り出し方を考えておいた方が納得してもらえて、スムーズにことが進む可能性が高いですよね。

僕もいい伝え方ないかなー、といろいろ考えていましたが、起業キッカケで吹っ切れて普通に退職の意志を伝えることができました。

ということで今回は、退職理由をどう言ったり伝えたりしたらいいかわからない時に、参考になる無難な言い方や切り出し方について体験談とともにまとめてみたので紹介していきます。

いくら退職したくてもさすがにストレートには切り出せない件。

昔の僕は、仕事に興味が持てなくて、仕事中は心底やる気がなくて、そんな仕事をしなければいけない現実にイライラしながら働いていました。

「仕事は見て覚えろ」といって何も教えてくれない上司、1週間前に宣告される海外出張など、理不尽なことも多かったので、

やらされる仕事が本当につまらなく感じていたんですよね。

当時は、自分以外が帰宅して1人ぼっりになった職場で、イライラしてレッドブルの缶をグシャグシャに握りつぶして、ゴミ箱に向かって「バコーン!」と投げ捨てたりしていました笑。

そんな状況だったので、

miyano
miyano

このまま貴重な20代の時間を使うのももったいないし、嘘ついてでも退職したいでござる。

と常に思っていました。

でも、本音では、

miyano
miyano

こんなクソみたいな職場でやってられるかボケ!

と思っているんですが、さすがにそのままストレートに言うわけにはいかないので、

「ちょっとお時間よろしいでしょうか?」から始まって、無難な切り出し方から退職理由を言うことになるわけですよね。

でも適当に伝えて上司の反感を買って面倒くさいことになったらどうしよう・・・という不安もありました。

そもそも退職理由なんて「一身上の都合」で十分ですし、何を聞かれても言う必要なんてないんですよ。

でも、例えば上司との面談で下手な言い方をして反感を買って、

上司
上司

俺の指導が不満か?あぁ!?

その理由は本当なのか?甘えてるんじゃないか!?

それは他の支店ではできないのか?

辞めて何の仕事するんだ?お前なんかが転職できるのか?

というマウンティングをされたら、何かしら答えなきゃ気まずい雰囲気になりますし、

ズルズルと長引いて、最悪の場合退職させてもらえないんじゃないかと不安で、なかなか退職に向けて踏み出せない自分がいました。

今でこそ、プロフィールで紹介しているように、誰からもやらされない働き方でお金を稼ぐことができているので、退職に向けて動くことができましたが、

昔の僕と同じように、きっぱり辞めようと思ってもなかなか切り出せないという人も多いと思います。

ということでまずは、退職をどう言い出したり切り出したらいいか、辞めた人の体験談とともにまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

なんて言う?退職理由のうまい言い方・伝え方と体験談まとめ

事前に家族で決めたことにする

残業や休日出勤が多く体力の限界で退職を伝える時に、家族の同意があることを添えて上司に退職を伝えたらスムーズに了承してもらいました。

まず上司に申し訳なさそうに、「実は家族会議を開いて決定済みの報告になってしまって申し訳ないのですが…」と切り出して、激務が家族の負担になっていることを踏まえて報告しました。

そうすると上司も「家族で決まったことに口出しできない。それなら仕方ない」と無理な慰留を受けずに退職の話を進めることができました。

本当の理由は仕事量が増え、日々のストレスがすごくて、体調を崩してしまったことでしたが、

それを言ったところで仕事量が減るわけではないのは分かっていたし、それでも続けている人たちもいたので、理由にはしませんでした。

ちょうどマンションを購入し、引っ越しが決まっていたので、通勤が遠くなるためということにし、家族にも了承済みであることを付け加えました。

お陰で円満に退社することができました。

前向きな理由を誠意をもって話す

私の体験談で書かせていただきます。私が退職を決意した理由はいくつかあります。

会社の風土が合わなかったことと、もう少しやりがいのある仕事をしたかったことが主な理由の2つです。

大手の企業でしたが、社員さんのモチベーションがあまり高くない会社だったので、元上司には自分の退職後にやりたいことなどを誠意を持って話し、納得していただきました。

相手も人間なので頑張ろうとしている人には後押しをしてくれるはずです。

動揺せず、しっかり言い切る

退職を上司に伝えることは勇気がいります。

周りの同僚にはまだ知られたくないため、タイミングとしては業務終了後の誰もいないところで、話したいことがあると伝えます。

辞めたいのであれば引き止めることができない勢いで、「退職しようと思っています」ではなくしっかりと「辞めさせていただきます」と断定をしましょう。

目を見てしっかりと動揺せずに伝えることで誠意を伝えましょう。

上司の機嫌がよさそうなタイミングを狙う

仕事量が多く毎日残業で辛かったため退職を考えました。

上司の様子を見て機嫌が良さそうで仕事が一段落している時に話があると伝え二人で話しました。

退職希望を色々な理由を付けて伝えて上司の言い分もきちんと頷きながら聞きました。

「上司の意見も分かるがじっくり時間をかけて考えた結果です。」と伝えたらそこまで意志がかたいなら仕方ない。とスムーズに円満退職ができました。

事前に退職時期を考えておく

上司によっては、忙しい時はイライラしていることがあります。なるべく、上司が落ち着いて話を聞いてくれそうなタイミングを見計らいます。

それから急にではなく、退職時期を事前に考えておきます。あまり仕事が嫌だから、というような言い方は避けます。

そして、「実は・・・」という切り出し方をすると良い、と思います。

事前に噂を流しておく

新しく入社したスタッフが信頼できなくて、仕事上のトラブルに巻き込まれる前に退職を決意しました。

午後から皆がランチに行った後、留守番をしている上司をつかまえてゆっくり切り出しました。

本当の理由は言わず、一ヶ月前くらいから噂を流していた親の体調不良を理由にして、礼儀正しく話すことを心掛けました。申し訳ありません。と伝え、スムーズに退職できま

ゆっくり丁寧に話す

誰もが、『あ、それは仕方がないね』と言ってもらえるような理由でないと会社はかなり引き留めますよね。

私も何度も辞めようと思いましたが、円満に辞めたかったので結婚して遠くに行くことを理由に退職しました。

とても通える範囲ではなかったので納得してくれました。直属の上司と2人で話をしましたね。

ゆっくり丁寧に話をしたのは覚えています。あと、急に辞めるというと会社側も人を探すのは時間かかるので、早めに相談してみるといいと思います。

仕方のない雰囲気を出す

本当は素直に退職を考えた理由と意思を伝えればいいと思いますが、なかなか難しいこともあると思います。

私は地方から出てきていたこともあったので、地元に帰らなければいけなく退職したいと伝えたことがあります。

それであれば、会社への不満などによる退職ではなく、仕方のない退職だという印象を与えるので、スムーズに退職することができました。

スポンサーリンク

退職理由のうまい言い方が分かっても結局上司に言いづらい件

退職理由のうまい言い方、伝え方と体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介した方々はいい感じに伝えられていますね。

とはいえ、いくら無難ないい感じの退職理由の伝え方が頭の中でシミュレーションできていたとしても、いざ退職の意志を伝えようとすると、なんだかやっぱり言い出せない、という人も少なくないと思います。

Aさん
Aさん
そうそう、なかなか一歩踏み出せないんだよねー。
miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

よし、明日の夜、職場に人が少なくなったら上司に切り出そう、一言目はこう言って・・・

と頭の中でシミュレーションこそしていましたが、いざ上司に声をかけるシチュエーションになると、

miyano
miyano

や、やっぱ明日にしておこう・・・

と怖気づいてしまう自分がいました。

でも、あるきっかけで、今では自分の本音に素直になって退職の意向を伝えることができています。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな言い出しづらい方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

1年越しに退職理由を言い出せたmiyanoの場合

僕の職場は、

上司
上司

俺が若いころは苦しい思いをしてきたんだから、お前も同じ苦しみを味わって当然だ!

という上司ばかりの環境でした。ムカつくのを通り越してもはや意味不明です(笑)

せっかく先人がいろんな仕事に挑戦して貴重な失敗をして学んだことがあるのに、それを伝えないなんて本当に意味不明ですよね。

ただ、昔の僕もそうだったんですが、

miyano
miyano

こんな理不尽な上司たちとは関わりたくない!いっそのことこの会社辞めてやりたい!

と思って、退職理由もいろいろと考えていたんですが、

働かないと生活が成り立たないし、転職したとしても今よりいい条件の会社が見つかるかどうかも分からないし、結局ずるずると退職を言い出せない日々を送っていたんですね。(1年間も言い出せませんでした。笑)

でも一方で、その現状を諦めたら、人生自体をあきらめた気がしてそれだけは絶対に嫌だとも思っていました。

なので退職を言い出せる方法をいろいろと考えて、最終的にある方法にたどり着きました。

会社を辞められない不安を全て潰せばいいと思ったんですね。

そうすれば、『会社を辞めない理由がないし、適当に退職理由を言っておけば大丈夫っしょw』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

・親の期待や世間体

・転職しても興味のある仕事に就けるか不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、すぐにでも退職の意志を伝えられるわけです。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきますね。

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、選択の幅は広がるかもしれませんが、それで給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、Webビジネスを始めてみることにしました。

そういったスキルを身に付けていれば、転職してもプラスアルファの収入になりますし、もっと伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていくこともできると思ったんです。

ちなみに、僕がやっているWebビジネスっていうのは、具体的に言うと、このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、メルマガの読者さんに対して発信したり、他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。)

Yahoo知恵袋とか見ていると、「自分の好きな仕事をしたいなんて、自分を過信し過ぎやろ」という意見も結構見かけますけど、

知識も経験もなく、しかも海外で長時間労働という条件の僕でもビジネスをやることができたので、そんなことはないと思ってます。

ただ同時に、『独学でやってたら絶対続かなかったな。』とも思っています。

受験勉強するのにも、塾に入って指導者から学ぶ方が効率がいいように、ビジネスでも人から学んだ方が遥かに効率がいいので、興味のある人は頭の片隅に入れておくといいと思います。

親の期待や世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は結構親の期待や世間体を気にしてしまいました。

「せっかく入社した大企業なのに、もったいない」とか思われないか不安だったんですね。

そこで親に対しては、正直に気持ちを伝えてみることにしました。なんだかんだ言っても、親はよき理解者。

今の仕事が興味がなくて大変だと伝えると、「選択肢はあるんだから、自分の人生、好きに生きてみたら」と応援してもらえました。

親や家族に応援されながら仕事ができれば成果も出しやすくなるので、不安がある人は正直に伝えてみてはいかがでしょうか?

次に世間体。これは上で書いたWebビジネスをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があるんですが、

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみると、

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

転職してもやる気の出る仕事に就けるか不安

最後に、「違う仕事をしても、やる気の出る仕事に就けるんだろうか?」という不安です。

そもそも「自分がやる気を持てて、ワクワクしながら取り組める仕事って何だろう?」ということですよね。

恥ずかしながら僕は今まで、自分のやりたいことや、人生について気にしたこともなく、

「何も考えずにレールの上を歩いてきた」ので、どんな仕事に興味が持てるのかわからなかったんですね。

しかし、この不安もWebビジネスをしている中で解決しました。

実は、やる気が出るか・ワクワクできるか・楽しいかどうかは、「何をやるか」はあまり重要ではなくて、自分が主導権をもってやっているかどうかがとても重要なんです。

例えば、「やらされる勉強」はつまらないのに、興味があって「ちょっと勉強してみようかな」と、自分から参考書買ったりして主体的にする勉強って面白く感じません?

自分でビジネスをすれば、別に誰かにやらされているわけではないので、おのずと主体的に取り組むことができます。

そして、自分がやった分だけ結果が出て生活が変わっていくので、仕事が終わった後でもついついカフェに行ってサッとPCを広げて作業してしまいます笑。

主体的に取り組めることを見つければ、「今までやりたいことなんて考えもしなかった僕」ですらワクワクしながら仕事に取り組むことができたので、「やりたいことが分からない」という人は参考にしてみてくださいね。

1度きりの人生、後悔のない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で思いついた退職理由を上司に伝えることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

ちなみに僕の退職理由は、「今の仕事にモチベーションが湧かず、別の分野でやっていきたい」というやつです(ある意味嘘じゃないですねw)。

もし、僕のように自信を持って退職して、PC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように退職のキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール