Employee

有給取っても仕事がたまる!ためずに有給取るアイデアまとめ

Aさん
Aさん

有給取っても仕事たまって、その分残業してたんじゃ意味ないんだよねー。

仕事をためずに有給取れないかなー。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容

・仕事をためずに有給取得するためのアイデアと体験談

どうもmiyanoです。

社会人の楽しみの一つと言えば有給休暇ですが、日頃から仕事を抱えていると、せっかく有給をとってもその分仕事が溜まって

Aさん
Aさん
これだったら有給とらないほうが楽だったかも・・・

という状況になることもあるのではないでしょうか?

Bさん
Bさん
そうそう、有給明けにメール見るのが恐怖でしかないんだよねー。
miyano
miyano
めっちゃわかります(笑)。

ということで今回は、仕事をためずに有給を取るためのアイデアを体験談と共にまとめてみました。

有給明けにメール見るの怖すぎる件。

有給休暇明けの仕事って恐怖ですよねー。

抱えている仕事がどうなっているのかとか、関係者からの問い合わせはあったのかとか、もしかしたら緊急の事案もあったかもしれないよな、とかいろいろな心配が思い浮かんできます。

僕も昔、せっかく仕事を忘れて、1日中ポテチ食いながらPS4でゲームしていい気分だったのに、休み明けに出社したら机の上には対象の書類が。。。

そして、メールを確認したら50件以上来ていて一気に現実に引き戻された感じがして、余計に疲れた覚えがあります。

確かに、

Aさん
Aさん

しっかり計画立てていけば大丈夫でしょ!

という意見もあるかもしれませんが、普段から仕事が急に降ってくるような環境だと、休み前に完璧に仕事を片付けていても、休み明けには溜まりまくっている、ということも少なくありません。

僕は今でこそ、プロフィールに書いたように、自分でコントロールできる働き方にシフトしたのでこの悩みからは解放されましたが、

昔の僕のように、仕事の心配ばかりしていたらせっかくの有給も有意義に過ごせない!という人もいるはず。

ということで、仕事をためずに有給を取るためのアイデアを体験談と共にまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

仕事をためずに有給取得するアイデアと体験談まとめ

同僚と協力する

有給休暇を取得して休んでいる間の仕事は、同僚に任せることにします。

また同僚が有給休暇を取得している間の仕事は私がするなど取り決めをすることです。

お互いに協力することができればどんな仕事でも苦にはなりません。

やはり、同僚と協力する事ではないでしょうか。

有給前に引き継ぎをきちんとし、同僚が有給中は自分が仕事を引き継ぐ。

職場環境にもよりますが、どうしても1人でこなせる仕事量は限られますので、私は有給後にお礼のお菓子などを持って行ってました。

仕事の難易度を見極める

できる限り、難しい仕事がたまらない時に有給休暇を取得するようにします。

簡単な仕事が入ってくるときに有給休暇を取得すれば、休み明けも気楽に仕事をすることができます。

私はその方法で全く残業せずにすみました。

宣言しておく

有給の日を前から決めておき、周りにこの日は絶対に休みますと宣言しておくと良いです。

社内でも、社外でもその日に居ない事が分かると、いつもは遅く回ってくる書類も

その日までに終わらせるよう早めに出してくれたりするので、仕事も溜まらず有給が取得できます。

私が勤務する会社では全員有給休暇の消化が義務付けられています。

まず有給休暇を取る場合は遅くとも2週間くらい前に会社に事前申請をするようにして、そこから社内全体に誰がいつ有給休暇をとるのか周知してもらいます。

人の休みが事前にわかるようになっていますので、事前にスケジュールの調整がしやすく、1週間を通して仕事を効率よく分散したり、人に仕事を振ったりすることもできます。

会社のバックアップがあれば仕事をためずに有給休暇を取得することも可能だと思います。

時期を調整する

職掌柄、盆休みと正月には仕事が少ない会社に務めています。

繁忙期は絶対に避けて、ここで有給休暇を使うと、後で帰ってくるダメージがすくないです。

あとは、日頃から貯めることなく、仕事を潰していく努力を怠らないことです。

私の仕事は締日のある業務だった為、締日周辺はとても忙しかったのですが、

それ以外はわりとマイペースに仕事が出来たので、その時期に有休を取るようにしていました。

有休を取る前の数日間で仕事をすすめておけば仕事もたまらず、有休明けに出社しても特に困りませんでした。

自分でコントロール+宣言しておく

仕事をためずに有給をとるには、2つの事前準備が大切です。

1つは、自分自身でできる仕事と他者にお願いする仕事に分けて、他者にお願いすることを優先にすることで自分のコントロールできる仕事を増やし、ためないようにします。

もう1つは、特に多い日数の有給を取る場合に「家族旅行に行く」など周囲に話しておくことです。

前提として自分自身が頑張っていることが大切ですが、そうしておくと周りの人が気を使ってくれて休みやすくなります。

これでTDL旅行を楽しむことができました。ただしお土産を買う必要があります。

スポンサーリンク

有意義な有給休暇を

有給中にカフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

仕事をためずに有給取得するアイディアと体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ぜひ参考にしていただいて、有意義な休暇を過ごしていただければと思います。

About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール