休日に仕事の電話する上司がうざい!無視しても怒られない対処方法まとめ

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

 

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Aさん

休日に上司から電話が来て、正直ウザいし無視したいんだけど、あとで怒られるのも面倒なんだよねー。

いい感じの対処方法があれば知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

 

この記事でわかること

・休日の上司からの電話を無視しても怒られない対処方法

・上司からのメールや電話とは無縁になった体験談

 

どうもmiyanoです。

 

休日に上司から電話が来ると、正直ウザいですよね。

本心では無視してやりたいんだけど、あとで怒られたり、嫌みを言われたりしたら面倒なんですよね。

 

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Aさん

そうそう、結局すぐに出たり、折り返したりしちゃうんだよねー。

電話を気にせず休日を過ごせたら最高なんだけどなー。

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
miyano

めっちゃ分かります(笑)。

 

僕も昔は、休日はメールをチェックしたり、電話に出ることもたびたびありました。

 

今でこそ、起業キッカケで今の”誰にもやらされない働き方”に出会って、そんな休日対応とは無縁になることができましたが、

昔の僕のように、休日の電話対応に嫌々している人も多いはず。

 

そこで今回は、そんな休日に上司から電話が来て、ウザいし無視したい人に、無視しても怒られない対処法について、体験談をアンケートをとってまとめてみましたので紹介していきます。

 

 

休日の上司からの電話やメール、できれば無視したい。

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

もし、休日に上司から電話が来て、たまたまそれに気が付いてしまった場合、その内容にもよりますが、

  • すぐに出るする
  • 後で折り返す
  • そのまま無視する

という選択肢がありますよね。

で、いろんな事情はさておき、本音を言うと無視したいわけですよ。

 

そもそも休みの日だし、仕事するよりもプライベートや、僕の場合は趣味でビジネスやってたのでそっちを優先したいじゃないですか。

 

それに、電話の要件が気になって休みどころじゃないですし、

1回休日の電話対応を許したら、もうそれが当たり前になっちゃうわけですよ。

 

僕の場合は当時、新卒でエンジニアとして入社して1年も経っていないにも関わらず、突然の海外出張を言い渡されて、

そんな出張先で、週休1日しかないのにもかかわらず上司から問答無用でメールやら電話がきて、全然休めずに本当にしんどい思いをしました。

 

電話だって、緊急の仕事の話ならまだわかりますが、

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
上司

公園でテニスしようぜ!

みたいな用件で、同じホテルに泊まっていたので拒否するわけにもいかず、苦痛で仕方ありませんでした。

こんな思いをするくらいだったら、多少上司に嫌われようが、怒られようが無視した方がよかったと思います。

 

確かに、仕事の要件だったら対応すべき、という意見もあるかもしれませんが、

「休日を楽しみたい!」という本心を押し殺して仕事を優先させて生きることほどつらいことはないと思います。

 

まあ僕は今でこそ、プロフィールで紹介しているように、上司からのメールや電話とは無縁の”誰からもやらされない働き方”でお金を稼ぐことができて、退職に向けて動いていますが、

昔の僕と同じように、休日の上司からの連絡に苦痛を感じている人も多いと思います。

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

 

ということでまずは、休日の上司からの電話を無視しても怒られないための対処方法を体験談とともにアンケートをとってまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

 

休日の上司からの電話を無視しても怒られない対処方法

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

淡々と対応する

会社員時代にいろいろな上司に仕えましたが技術職ということで、休み中にトラブルが発生した時に一切遠慮しないで電話をかけてくる上司には閉口しました。

例えどんなに緊急の案件でもその上司の電話は無視。

ヤバそうな案件だなと思った時だけ半日遅れてメールで返すことを徹底しました。

休み明けにはあくまで感情は顔に出さずにフォローしました。

この人はプライベートは大事にすると職場に印象づけることで人間関係に大きなトラブルが発生したこともありません。

 

結婚式に出ていた

私は、知人の結婚式に出席していたために電話に出ることができなかったと言い訳しました。

結婚式の最中に上司から電話が入っていたのは分かっていましたが、見てみぬ振りをしていました。

後日、知人の結婚式のために電話を出れなかった旨を話すと上司は理解してくれて事なきを得ました。

 

映画を観ていた

彼氏と映画館や観劇などに出掛けていて着信に気づかなかった。

また寝る前に不在着信などの通知をチェックする事なく寝てしまったため、翌朝になって気付いたが、

遅くなった後からの連絡では失礼だと考えて直接お詫びをすべきだと考えたため、折り返しの連絡が出来なかったとお詫びする。

1回目の言い訳には通用するが、次回から気を付けるようにと注意されたため、2度は使えず。若い女性には利用できる理由なのではないでしょうか。

あらかじめ食事の席などで「映画が趣味なんですよ」と言っておきます。

実際に映画鑑賞が趣味なのですが、映画館では携帯電話をONにしておくことはできませんよね。

映画なら早朝からレイトショーまで上映されていますし、大体の時間帯の電話は避けられます。

 

しばらく気づかなかった

私の職場は休日でも上司から事務に関する電話がかかってくる事があります。

私は基本的に携帯電話はサイレントモードにしています。マナーモードだと携帯が震えるので気になります。

サイレントモードなら全く気が付かないので、あとから履歴がわかるだけです。

何か言われても、「休日は携帯触らない事が多いんです。折り返そうかと思ったのですが、気が付いたのがしばらく経ってからだったのでご迷惑かと思って」と言えば、

「そうか、気を遣わせてすまんな」で終わることが多いです。

 

携帯が手元になかった

休日に電話が来たらシカトです。出たら負け。用事を押し付けられることは確実。

言い訳としては「家に携帯を忘れた」が最強。忘れてしまったのなら出れないですもんね。

ズボラな性格の私、物忘れが激しいことで有名。忘れたことは嘘だとは思われません。

休みの日に上司から連絡が来るとってありますよね。

そんなときには私は休みの日は携帯を忘れて遊びに行っていました。と言いますね。

これを何度か繰り返し使って言い訳にしていれば、この人に休みの日に連絡しても無駄だと思ってくれますね。

 

電波が届かない場所にいた

電波の届かない山奥にいたんですって言えば休みの日なのでどこ行こうが勝手です。

山奥で電波の入らないところに遊びに行っていたと言えばなんとかなり怒られずに済みました。

多くの着信が入っていたので怒られるかなと思いましたが問題なかったです。

 

すぐに電話を切る

2回ほど電話がかかってきて「これは出ないといけないな」と思ったら出ます。

しかし「今ちょっと外がうるさくて…」と言い、すぐに電話を切らせます。

何度も電話を掛けるほど大事な用事でしょうし、電話ではなくメールやLINEで送ってもらい詳細をわかりやすく書いてもらうよう頼みます。こうして電話から逃げます。

 

事前に宣言しておく

休日に上司から電話がきても、休日は「家族サービスモード」にしていて、

携帯に出れないということを、いつも休日前の前日と休日後の出勤の時に明言をしているので、

無視をしても無難に乗り切れることができています。

 

そもそも休日の連絡を良しとしている上司がいる環境が問題な件。

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

休日の上司からの電話を無視しても怒られないための対処方法と体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介された方はうまいこと対処されていますね。

 

とはいえ、1回乗り切ったとしても、また電話してこないとも限らないですし、さらにエスカレートする可能性もあるわけですよね。

そうなったら、そう何回も無視するわけにもいかないと思います。

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Aさん

そうそう、結局そんな休日連絡してくる上司がいること自体が問題なんだよねー。

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
miyano

めっちゃわかります。(笑)

 

僕も昔は、

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
miyano

とはいえ、皆そうやって仕事しているし、我慢するしかないよな、、、

という感じで、自分の気持ちを押し殺してきましたが、今では「仕事したくねぇ。」という本音に素直になって退職の意向を伝えることができています。

 

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

 

上司と関わらなくてよくなったmiyanoの場合

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

僕は前述のとおり、新卒でエンジニアとして入社して1年も経っていないにも関わらず、突然の海外出張を言い渡され、

ただでさえ少ない休日を、上司からのメールや電話で振り回されて苦しい思いをしてきました。

 

そして、

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
miyano

もうこんな上司がいるところで勤務したくない!

と強く思うことになります。

 

もしかしたら中には、

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Aさん
嫌だとしても、仕事だから仕方ないよ。
電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Bさん
苦痛を感じているのは自分だけではないし、仕事ってそういうもんだろ。
電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
Cさん
働けるだけでありがたいから、文句なんて言えないし。

と割り切って仕事をしている人も多いかもしれません。

 

でも僕は嫌でした。

上司の都合で人生を振り回されて、その時はどうにか割り切って続けたとしても、いずれ耐えられなくなる時が来るだろうと思ったからですね。

 

そして、

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい
miyano

環境を変えるしかないな、そのためにはとりあえず今の会社を辞めないと。

と決意しました。

 

もしあなたが、同じような不満や苦痛を抱いているのであれば、

一旦目を閉じて、この先ずっと割り切って仕事を続けていけるかどうか考えてみてください。

続けられないと思ったのであれば、どこかで今の働き方を変えていかなければなりませんね。

 

ただ、そんな不満だけでパッと仕事を辞められるほどハートが強くなかったんで、

まずは今の仕事を続けなければいけない理由を全て潰していこう思ったんですね。

そうすれば、『辞めない理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

 

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

 

それがこちら。

・給料が下がる不安

・親の期待や世間体

・転職しても会社や上司の都合に振り回されない仕事に就けるか不安

僕の場合は、これらの3つの不安がありました。

 

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、不安なく辞めることができるわけです。

 

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

 

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

 

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

 

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

 

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、選択の幅は広がるかもしれませんが、それで給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

 

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、Webビジネスを始めてみることにしました。

そういったスキルを身に付けていれば、転職してもプラスアルファの収入になりますし、もっと伸ばしていけば自分のビジネス専業でやっていくこともできると思ったんです。

 

ちなみに、僕がやっているWebビジネスっていうのは、具体的に言うと、このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、メルマガの読者さんに対して発信したり、他にいくつもサイトやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください笑。)

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざい

 

Yahoo知恵袋とか見ていると、「自分の好きな仕事をしたいなんて、自分を過信し過ぎやろ」という意見も結構見かけますけど、

知識も経験もなく、しかも海外で長時間労働という条件の僕でもビジネスをやることができたので、そんなことはないと思ってます。

 

ただ同時に、『独学でやってたら絶対続かなかったな。』とも思っています。

受験勉強するのにも、塾に入って指導者から学ぶ方が効率がいいように、ビジネスでも人から学んだ方が遥かに効率がいいので、興味のある人は頭の片隅に入れておくといいと思います。

 

親の期待や世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は結構親の期待や世間体を気にしてしまいました。

「せっかく入社した大企業なのに、もったいない」とか思われないか不安だったんですね。

 

そこで親に対しては、正直に気持ちを伝えてみることにしました。なんだかんだ言っても、親はよき理解者。

今の仕事が興味がなくて大変だと伝えると、「選択肢はあるんだから、自分の人生、好きに生きてみたら」と応援してもらえました。

親や家族に応援されながら仕事ができれば成果も出しやすくなるので、不安がある人は正直に伝えてみてはいかがでしょうか?

 

次に世間体。これは上で書いたWebビジネスをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があるんですが、

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

 

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみると、

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

 

転職しても会社や上司の都合で振り回されない仕事に就けるか不安

最後に、「別の会社に転職しても、結局会社や上司の都合で振り回されてしまうんじゃないか?」という不安です。

 

正直なところ、この不安は最後まで付きまとっていたんですが、

Webビジネスで稼げるようになって、会社に依存せずに生きていけそうになったことで解決しました。

 

まあ今になって考えてみると、会社員として雇われている以上、大なり小なり会社の都合で振り回されるわけですから、

それがどうしても嫌だったら独立して生きていく以外の選択肢はないんですけどね。

 

でも当時はそんなこと全く意識していなくて、

会社から速足で帰ってきて、カップラーメンをすすりながら必死でブログを更新していたら、いつの間にか独立できるだけの収入になっていた感じです。

 

ちなみに、僕のやっているwebビジネスは、別に誰かにやらされているわけではないので、おのずと主体的に取り組むことができます。

主体的に取り組めることを見つければ、「今までやりたいことなんて考えもしなかった僕」ですらワクワクしながら仕事に取り組むことができたので、「やりたいことが分からない」という人は参考にしてみてくださいね。

 

1度きりの人生、後悔しない選択を

電話, 無視, 休日, 仕事, 上司, うざいカフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で仕事を辞める不安を解消し、上司の休日連絡とは無縁の働き方にシフトすることができました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

 

もし、僕のように”誰からもやらされない働き方”に興味がある場合は、

PC1台でブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(動画講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、会社を辞められない理由をつぶすキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

【無料:miyano公式メール講座登録で今なら初心者用教科書プレゼント】

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。