Blog

Google Search Consoleの登録方法

Google Search consoleとは、Googleが提供している、検索結果上のパフォーマンスを解析することができるツールです。

主に流入キーワードを調べたり、記事のインデックス促進に利用します。

Google Analyticsとは少し役割が異なりますので、両方ともブログ立ち上げ時に導入しておくことをお勧めします。

Google Search Consoleの登録方法【2019年版】

Googleのアカウントが必要になりますので、まだ持っていない方は取得してからご覧ください。

左メニューから【新規プロパティを追加】をクリックすると”プロパティタイプの選択”画面が表示されるかと思います。

どちらでもそこまで大差ないですが、おすすめは”ドメイン”の方ですので、そちらの設定を説明していきますね。

旧Search Consoleでは、同じドメインでも

http://○○○○.com
https://○○○○.com
https://www.○○○○.com

などはそれぞれ別プロパティとして区別されていました。

”ドメイン”を使用することで、同一プロパティとして解析することができます。

  • ドメインの入力欄に自分のサイトのドメインを入力し、【続行】をクリック

※ https://は不要です。例えばこのサイトだったらmiyano39.comだけ入力します。

  • ②のTXTレコードをコピー

(この後、この画面は閉じずに別のタブでサーバー側の設定を行っていきます)

miyano
miyano

ここからはサーバー側での設定に移っていきます。

僕はエックスサーバーを利用していますので、今回はエックスサーバーでの設定例を説明していきますね。

  • エックスサーバーのサーバーパネルにログイン
  • 【DNSレコード設定】をクリック
  • 先ほどSearch Consoleで入力したドメインの【選択する】をクリック
  • 【DNSレコード追加】をクリック

ここから先の作業は、設定を間違えるとドメインが正常に利用できなくなる可能性があるので気を付けてください。

  • 種別:TXTを選択
  • 内容:先ほどGoogle Search Consoleで表示されたTXTレコードを貼り付け
  • 【確認画面へ進む】をクリック
  • 入力内容を確認して、【追加する】をクリック

そうすると、「追加が完了しました」というメッセージが表示されるはずです。

DNSレコードが反映されるまでに時間がかかる場合があります。

  • 先ほどのSearch Consoleの画面に戻って【確認】をクリック

DNSの変更がまだ反映されていない場合、この表示がでます。

その場合は、もう少し待ってから確認してみてください。(僕の場合は15分程度で反映されました)

認証作業が完了すると、このような画面が表示されます。

最後に左上のプロパティを見て、”ドメインプロパティ”が追加されていれば完了です。

miyano
miyano
これでGoogle Search Consoleの登録は完了です。

使い方に関しては別途講義にしていますので、必要に応じでご覧ください。

ブログの作り方全般はこちらにまとめていますのでよかったらご覧ください。

【初心者向け】WordPressブログの始め方【動画で解説】WordPress(ワードプレス)ブログの始め方が知りたい初心者向け。本記事では動画でわかりやすくWordPressブログの始め方を解説しています。簡単にブログを作りたい方はご覧ください。...
About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール