Employee

残業代いらないから帰りたい!早く帰る方法まとめ

Aさん
Aさん

もはや残業代いらないから早く家に帰りたいんだけど、早く帰れる方法ありませんかねー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容

・残業せずに早く帰る方法まとめ

・残業100時間⇒ゼロ時間になったmiyanoの体験談

どうも、miyanoです。

社会人なら1度は「残業したくないっ!」って思ったことありますよね?僕なんかは毎日早く帰りたいって思っています(笑)。

でも現実は、急な客先からの依頼、上司からの仕事の押し付け、単純に仕事量が多い、しかも仕事終わっても飲み会と、理想とはかけ離れていて、全く早く帰れない・・・

miyano
miyano
めっちゃわかります。笑

僕も昔は無意味な残業が蔓延している職場にいたので、むしろ「残業しないとやる気のないダメな奴」という環境の中にいたのですが、起業をきっかけに毎日定時ダッシュをかまして、カフェで自分のビジネスやって楽しんでいます。

ということで今回は、そんな残業代いらないから早く帰りたい人のために、早く帰る方法をアンケートをとってまとめてみました。

残業100時間から残業10時間以内になった僕の体験談も書いていますので参考になれば幸いです。

もはやお金払ってもいいから早く帰りたい件。

上司
上司

新人のくせに残業が少ないんじゃないかぁ!?

実際に僕が新入社員だったころに言われた言葉です笑。

僕は圧倒的に「残業したくない」派なんですが、僕の入った職場は、古い工場だったこともあり、平均年齢が高く、

「若いうちは残業たくさんして、実力を身に付けなさい」という主義の人ばかりでした。

上司
上司

俺が若い頃なんか~

という決まり文句は1日10回は耳にしますし、「俺だって苦しんできたんだからお前らも当然苦しむべき!」という雰囲気がありましたね。

そんな雰囲気では、興味をもってやり始めた仕事も楽しめるわけがなく、仕事も職場の人も会社も全てが敵のように思えました。

残業しに工場に行っているようなものなので、朝起きるのが絶望でしかないし、毎朝死んだ目をしながら車を運転して出勤していました。

心の中では、

miyano
miyano

もうお金払ってでもいいから早く帰らせてくれよ・・・

と思っていましたが、周りの人も皆洗脳された人たちばかりだったので、相談できる味方がおらず、誰にも言えませんでした。

そんな職場だったので、毎日の残業続きでイライラがたまりまくって、自分以外が帰宅して1人ぼっりになった職場で、

イライラしてレッドブルの缶をグシャグシャに握りつぶして、ゴミ箱に向かって「バコーン!」と投げ捨てたりしていました笑。

僕の場合は今でこそ、プロフィールで紹介しているように、誰からもやらされない働き方でお金を稼ぐことができているので、

こんな会社都合なんか気にせずに、帰りたい時間に帰る働き方にシフトできていますが、昔の僕と同じように、早く帰りたくてイライラしまくっている人も多いと思います。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

ということでまずは、残業せずに早く帰る方法を、体験談とともにまとめてみたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

残業代いらないから早く帰りたい!早く帰る方法まとめ

身内の看病

同居している家族が重い病気にかかって苦しんでいることにしていました。

具体的には、同居している母が重病で、長女の私が一刻も早く帰って

看病をしないといけないという理由で、残業せずに早く帰ることができていました。

気が引けますが、親が痴呆になってきたとか、調子が悪いので見舞いに行くとか言い訳をすることが確実だと思います。

私の場合は実際にそうだったので堂々と早く帰りました。

他には常に家庭の事情を嘆いていると了解を得られやすいです。

事前に宣言しておく

今日は、早く帰りたいというなら、午前中から「今日は用事があるので、早く帰らせてもらいます!」と周りに行っておくのが良いです。

本来、こんなこと言わなくてもいいのですが、周りが早く帰れない雰囲気だったり、帰りづらい時には早めに伝えておくことです。

普段から周りの人間と良い人間関係を築いていれば、周りも協力してくれます。

まず、自分が残業をせず、定時で帰りたいことを周囲の人にきちんと伝えておきます。

定時で上がれるように、退社時間から逆算してスケジュール管理をし、一日の業務のタイムスケジュールに沿って、効率よく仕事をこなしていきます。

行動スケジュールを細かく立てておくことで、一日の勤務時間が有効に効率よく使えるので、定時退社が可能です。

スケジュールを立てる

私は一人事務なので、だらだら仕事をしがちだったのですが、まずは1時間単位に区切って、時間的にすることを紙に書いてみることからはじめました。

1時間にいくつも仕事ができるかといえばそうでないので、10分単位に分けて1時間に6個、所謂10分で1仕事と考えて仕事をしてみました。

10分以内で終わる仕事もあるので、その分は時間が浮いて来ます。時計とにらめっこしながら仕事をすれば無駄なく出来ます。

一週間の間にやるべき事をリストアップし、重要度と各案件の期限から優先順位を明確にします。

優先順位の高い順から処理していきます。気分転換に優先順位の低いものを間に挟むのも効率的かと思います。

そのような習慣をつけることで、時間を浪費するだけの残業は大幅にカットできると思います。

残業になりそうだけどしたくない。そんな時は、自分のスケジュールを整理してみる。

どうしても残業必至なら、期限を延ばすか人員補強しかない。

早めに期限延長を依頼するとか、周囲に声かけして手空きの人がいたら手伝って貰うとか、対応をとる。ギリギリになると厳しいので、早めの対応が良い。

必須の予定がある

旅行会社にお金を支払わなければ旅行がキャンセルされてしまうので、

本日中にお店に行かなければいけないと伝えたところ、あっさり残業せずに帰らせてもらえました。

お金などが絡んだ言い訳をするとあっさりと帰宅させてもらえるので、とても便利な方法だと思いました。

周りに流されない

残業せずに早く帰る方法は、まわりに流されないことです。

もちろん仕事をすばやくこなすことは大切ですが、周りが残業しているなかで早く帰るには、

それ以前に自分の考えで早く帰る判断をすることがもっとも大切だと思います。これができないと仕事をどんなやり方をしても残業なしにはなりません。

人に投げる

一人で仕事を抱えないということを肝に銘ずることだと思います。

私が自分でやらないと気が済まない方だったのですが、結局キャパオーバーで最後には辞めることなってしまいました。

辞められるのが会社にとっては一番迷惑だと思うので、人にお願いできることはお願いした方がいいと思います。

休み時間も仕事を進める

残業しないために早く帰る方法は、昼休みの時間に作業の出来る範囲を進めることです。

もちろん昼食は摂るのですが、デスクでも食べられるものを中心にすることと、

やるときはやるメリハリがないと集中力がもたないので気をつけて仕事をすることがいいと思います。

耳栓して集中する

私が残業せずに作業効率を上げる為に行なっていることは、片耳だけ耳栓をすることです。

必要な情報を入れるべきところと、デスクで作業をしているときは、周りの雑談などをシャットアウトすることがあります。

すると集中力が上がり作業効率が上がりました。

その日早く帰れても結局一時しのぎな件。

残業せずに早く帰るためのアイディアを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介した方々はいい感じに乗り切っていますね。

とはいえ、いくらその日は無理やり早く帰れたとしても、結局仕事量が減るわけでもないし、一時しのぎなんですよね。

Aさん
Aさん
そうそう、結局次の日とかにしわ寄せが来るだけなんだよねー。
miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

とはいえ、昨日早く帰っちゃったから、今日は頑張るしかないよなー、、、

という感じで、一時しのぎのしわ寄せを味わってきました。

でも、果たしてそんな妥協した生活がいつまで続くでしょうか?

仕事のために自分のプライベートな時間が奪われ、人の顔色をうかがいながら生きる。

それは当時の僕にとっては「死んだも同然」に思えました。

そんな生活が続くのは絶対に嫌だったので、僕はどうにか解決できる方法を模索し、今では自分の本音に素直になって常に残業なしでコントロールできるようになりました。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声がそろそろ聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

残業ゼロ時間になったmiyanoの場合。

僕の職場は、

上司
上司
俺が若いころは苦しい思いをしてきたんだから、お前も同じ苦しみを味わって当然だ!

という上司ばかりの工場で、ひたすら工場の掃除をしたり、雑務をさせられたり、無意味な残業をし続けてきました。

でも、その現状を諦めて何も考えずに、長い物には巻かれろ主義で上司に従って残業していれば、それはそれで少しは楽になったのかもしれませんが、

会社の都合で振り回されていたら、誰とも約束できないし、会社の都合に人生を支配された気がしてそれだけは絶対に嫌だと思いました。

そこで僕は、どうにか無意味な残業をしなくて済む解決策を模索することにしたんです。

そして、最終的に僕がたどり着いた方法はとってもシンプルで、残業を断れない理由を全て潰せばいい思ったんです。

言い訳やテクニックだけ身につけてもその場限りですし、理由を全て潰してしまえば、『残業する理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事で残業を断れない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・上司に罵倒される、嫌がらせを受けるかもしれない=人間関係に対する不安

・評価を下げられる・クビになるかもしれない=お金に対する不安

という2つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外残業を断れない理由ってそんなにないんですよね。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

人間関係に対する不安

人間関係に対する不安を解決して、人間関係を良好にしておけば、

miyano
miyano
今日はすいません、帰ります!

と言っても、快く

Aさん
Aさん
おう、お疲れ!

と言ってもらえると思ったんですね。

ただ、僕は以下の理由で人間関係に関しては諦めることにしました。

  • どうしても上司に歩み寄ることができなかった
  • この職場でずっと働く気がなかった

建前のコミュニケーションで自分の気持ちを押し殺すのは嫌でしたし、そもそもこの仕事も好きではなかったんですよね。

僕は無理でしたが、もしあなたがずっとその職場で働きたいと思っているなら、まずは良好な人間関係を築けるようにした方がいいですね。

いくら仕事が好きでも、人間関係が崩壊していると楽しく働くことはできません。

逆に、残業を断ったって、多少仕事でミスしたって、人間関係が良好なら許してもらえることも多いので。

人間関係の改善におすすめの本

お金に対する不安

お金に対する不安をなくして、クビになっても問題ない状況であれば、

miyano
miyano
うるせぇ!俺は断る!(クビにしたけりゃしてみろ!)

と強気の態度をとることができると思ったんですね。

人間関係が絶望的だった分、

miyano
miyano
自分で稼ぐ力を身に付けて、最悪クビになっても問題ない状況をつくるしかない!

と決意して、ブログを始めてみることにしました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

もちろん、最初からうまくいったわけではありませんが、案外ブログを書くのが楽しかったので副業として続けることができました。

具体的に言うと、こんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

補足:2019年4月会社員卒業しました。

稼げるようになってくると、どんなにつらい仕事をしていても、

miyano
miyano
クビになっても大丈夫だし、残業なんてしたくない!

と強気になれるようになって、上司の目も気にせず残業を断ることができるようになりました。

補足:2019年4月会社員卒業しました。

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、こんな無駄な残業がはびこっている職場で仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです(笑)。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

残業を断れない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で無意味な残業を解消することができました。

ちなみに、今では写真のように、カフェのテラスでドヤ顔でPCをいじるフリーランスに方向転換しました。

そして、無駄な残業に悩まされることもなく、他人に時間を奪われることもなく、何より『働くのマジで楽しい!』と思えるようになりました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のように”とりあえず会社に勤めながら、お金の不安を潰したい“と考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、残業の理由をつぶすキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、こんな働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら