Employee

【幹事,新人】職場の飲み会は集合時間何分前に行くべき?皆の意見まとめてみた

Aさん
Aさん

職場の飲み会って幹事や新人は集合時間何分前に行くのがいいんだろう?他の人の意見が知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 【幹事,新人】職場の飲み会は集合時間何分前に行くべき!?皆の意見まとめてみた
  • 僕が行きたくない飲み会とは無縁になった方法

どうも、miyanoです。

ぶっちゃけ職場の飲み会っていきたくないですよねぇ。。

そもそも楽しくないし、お酌しなきゃいけないし、気を使うし、お金もかかるし。

Aさん
Aさん

そうそう、いろいろ気を遣わなきゃいけないから面倒なんだよね。

miyano
miyano
めっちゃわかります(笑)

まず気を使うのは集合時間ですよね。

幹事や新人であれば集合時間より前についているほうがいいかと思いますが、みんなどうしているのか気になります。

ということで今回は、職場の飲み会で幹事や新人が集合時間の何分前に行くのが良いか、アンケートを取って意見をまとめてみました。

【幹事,新人】職場の飲み会は集合時間何分前に行くべき!?皆の意見まとめてみた

5分前

あまりに早すぎてしまっても逆に失礼に当たるので、5分前くらいがちょうど良いと思います。

もし早くついてしまっても、近くで時間を潰して調節してから向かえば間違いないです。

5分前に集合場所に向かったのですが、ちょうど他の方々も集まり出していた時間帯だったので、紛れることができ特に目立つこともなく良かったです。

このくらいがちょうど良いと思いました。

10分前

新人が職場の飲み会に参加するときは、集合時間の10分前にはいた方が良い。

幹事の手伝いをしたり、上司に挨拶したりと早く会場にいることでメリットが大きいと思うし、顔も覚えてもらえるから。

飲み会幹事は、飲食店に10分前には到着し、店員にプランや時間、席順などの再確認をすべきだと思います。

飲み会前は乗り気ではなかった参加者が、余計な気を遣わずに楽しく飲食を出来たことで、また参加したいという気持ちになってもらえたという経験がありました。

15分前

15分前が最適です。それ以上早く行くと時間を持て余してしまいます。

逆にそれ以上遅いと、先に誰かが来ている可能性があり、文句を言われることがあります。

しかし私の経験上、たとえ15分前に行って誰かが先に来ていても、「もっと早く来いよ。」と言われたことはありません。

15分前には店の前に集合しておいたほうがいいでしょう。

場所にもよりますが、お店の邪魔にならないようであれば別の人が来るまで店の入り口の前で待っていたほうがいいです。

先に店に入って席に座っているよりも、誰かを出迎えるために待ってましたよとアピールしたほうが好印象です。

基本的には15分前には到着は必須だと思っています。

職場のメンバーや社風にもよりますが、早めに集合すると、お店が予約されている場合は、席も早めに好きなところが選べる等もあってその点では利点に感じています。

ギリギリの時間に到着すると、上司から時々遠回しに指摘される事があり、以後気を付けています。

20分前

まずは前日にお店の場所を確認し、迷子になるリスクを無くします。

その上で、20分前くらいにはお店に入っておいた方が良いです。

そうすれば、「あいつは飲み会でも時間にしっかりしている」と評価が上がります。

30分前

幹事は集合時間の30分前、新人は15分前に行くべきです。

幹事は余裕を持って慌てずにすぐ飲み会を始められるように準備ができます。

新人は幹事の手伝いをする気持ちを持って早めに行くことで楽しい飲み会になります。そのような集合時間前に行くことで余裕を持てるのがよかったです。

職場の飲み会で幹事や新人は集合時間の何分前に行くべきか?、私は30分前だと考えます。

時間に対する意識の強い人は30分前位から集合してくるからです。

特に年配者に多かったと思いますが、一番乗りの人が30分までに集合していました。

職場の飲み会の幹事や新人は、30分前に集合場所に待機をしておくべきです。

集団で飲み会が行われる場合は、必ず遅刻してくる人がいるので、先に集まった人を店に送ってから、遅れた人にも場所が分かるように再度迎えに行きます。

気持ちよく飲みたいので、遅れた人にも配慮する事が大切だと思いました。

1時間前

職場の雰囲気にも寄りますが私は自分が幹事の場合は1時間前には着くようにしています。

早い人だと30分以上前に着く人がいるからです。

実際に出張後そのまま来られたようで40分以上早く着いた先輩がいました。

30分前は早すぎる

まだ私が新人だった時に、初めての飲み会で集合時間の30分前についてしまって、お店の準備もできておらず席にも座ることができなかったことがありました。

皆が来るまでずっと1人で、お店の人にもチラチラ見られるし本当に恥ずかしかったです。

早くお店に行き過ぎるのも問題だなと思いました。

ざっくりまとめてみると

上司たちが席についている状態で後から入店するのが最悪のケースです。

年配の方が多い場合10分前には着いていた方がいいですね。

それ以上早い場合、お店の準備ができていない可能性もあります。

居酒屋で働いていたことがあるのでなんとなくわかりますが、開店してから1組目であれば早めについても大丈夫です。

でも、前の団体と入れ替わりの場合、早く行っても店側の準備ができていないことが多いですね。

その場合は5分前くらいに行って様子を見るのがいいと思います。

とは言え、ぶっちゃけ飲み会行きたくないんですよね。

集合時間について意見をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

Aさん
Aさん

ん~やっぱ気を遣うのって面倒くさいよね~。。。ぶっちゃけ職場の飲み会って行きたくないんですよね。

miyano
miyano
めっちゃわかります。(笑)

僕も昔は、

miyano
miyano

まあこれも仕事の一環だし、我慢するしかないよな、、、

という感じで、自分の気持ちを押し殺して参加してきました。

でも、果たしてそんな妥協した生活がいつまで続くでしょうか?

他人のために自分のプライベートな時間が奪われ、人の顔色をうかがいながら生きる。

それは当時の僕にとっては「死んだも同然」に思えました。

そんな生活が続くのは絶対に嫌だったので、僕はどうにか解決できる方法を模索し、今では「仕事関係の飲み会とか行きたくねぇ。」という本音に素直に行動できるようになりました。

Aさん
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

僕が行きたくない飲み会とは無縁になった方法

僕の職場はそこまで飲み会は多くありませんでしたが、職場の人が好きではなかったので行きたいとは思いませんでした。

もしかしたら中には、

Aさん
Aさん
嫌だとしても、仕事の延長だから仕方ないよ。
Bさん
Bさん
苦痛を感じているのは自分だけではないし、人付き合いってそういうもんだろ。

と割り切っている人も多いかもしれません。

でも僕は嫌でした。

そこで僕は、どうにか無意味な飲み会を拒否できる解決策を模索したんですね。

そして、最終的に僕がたどり着いた方法はとってもシンプルでした。

飲み会を断れない理由を全て潰せばいい思ったんですね。

言い訳やテクニックだけ身につけてもその場限りですし、理由を全て潰してしまえば、『飲み会に行く理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今感じている飲み会を断れない理由や不安を全て具体的に書き出してみることに。

僕が飲み会を断れなかった理由や不安

  • 上司に罵倒される、嫌がらせを受けるかもしれない=人間関係に対する不安
  • 評価を下げられる・クビになるかもしれない=お金に対する不安

こんな感じですね。

書き出してみるとわかると思いますが、案外飲み会を断れない理由ってそんなにないんですよね。

これらの不安を潰すために僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

人間関係に対する不安

人間関係に対する不安を解決して、人間関係を良好にしておけば、

miyano
miyano

今日はすいません、飲み会行かずに帰ります!

と言っても、快く

Aさん
Aさん

おう、お疲れ!

と言ってもらえると思ったんですね。

ただ、僕は以下の理由で人間関係に関しては諦めることにしました。

  • どうしても上司に歩み寄ることができなかった
  • この職場でずっと働く気がなかった

建前のコミュニケーションで自分の気持ちを押し殺すのは嫌でしたし、そもそもこの仕事も好きではなかったんですよね。

僕は無理でしたが、もしあなたがずっとその職場で働きたいと思っているなら、まずは良好な人間関係を築けるようにした方がいいですね。

いくら仕事が好きでも、人間関係が崩壊していると楽しく働くことはできません。

逆に、飲み会を断ったって、多少仕事でミスしたって、人間関係が良好なら許してもらえることも多いので。

人間関係の改善におすすめの本

お金に対する不安

お金に対する不安をなくして、クビになっても問題ない状況であれば強気の態度をとることができると思ったんですね。

miyano
miyano

うるせぇ!俺は喪にかいなんて行かねぇ!(クビにしたけりゃしてみろ!)

こんな感じですね。

人間関係が絶望的だった分、

miyano
miyano

自分で稼ぐ力を身に付けて、最悪クビになっても問題ない状況をつくるしかない!

と決意して、ブログを始めてみることにしました。

今考えると割と極端な選択だったと思いますが、当時割と追い込まれていた僕は、それくらいしないと現状を変えられないと思ったんでしょうね。

そして、今ではこの選択をして本当に良かったと思っています。

もちろん、最初からうまくいったわけではありませんが、案外ブログを書くのが楽しかったので副業として続けることができました。

具体的に言うと、こんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

補足:2019年4月会社員卒業しました。

稼げるようになってくると、どんな人に飲み会に誘われても、

miyano
miyano
クビになっても大丈夫だし、無駄な飲み会なんて行きたくない! 

と強気になれるようになって、上司の目も気にせず飲み会を断ることができるようになりました。

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、こんな他人のために無駄な時間を使うような職場で仕事を続けていては、墓場に金を持って行くようなもんです。

自分で主体的に稼いで、やりたいことをやって生きていきたいからこそ続けている部分も多いんです。

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

飲み会を断れない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で、行きたくない飲み会とは無縁の生活になることができました。

ちなみに、今では写真のように、カフェのテラスでドヤ顔でPCをいじるフリーランスに方向転換しました。

そして、他人に時間を奪われることもなく、何より『働くのマジで楽しい!』と思えるようになりました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひあなたも後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、働き方を変えるキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら