田舎に転勤したら孤独で辛い。孤独を解消する方法と体験談まとめ

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

 

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Aさん

田舎に転勤したら、知り合いはいないし、周りに何にもないし、独身だから家族もいないし、すごい孤独なんだけど、孤独を解消する方法ないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

 

この記事でわかること

・田舎に転勤して孤独で辛い人に贈る、孤独の解消方法と体験談まとめ

・一時しのぎにならないための共通ポイント

 

どうも、miyanoです。

 

今まで都市に住んでいたのに、ある日急に田舎に転勤になると、すごく孤独を感じることってありませんか?

初めて来る地だから知り合いもいないし、家族もいない、どこに行くにも車が必要だし、そもそもお店や遊べるところも少ないし、

結局、仕事終わりや休みの日は1人で部屋で孤独にYoutube見て過ごしてしまう・・・

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
めっちゃわかります。

 

僕も昔は、周りにスーパーとコンビニとパチンコ屋くらいしかないような田舎で勤務していて、知り合いも会社の数名の同僚くらいしかいなかったので、

とりあえず昼まで寝て、お腹がすいたら唐揚げ弁当を買って、部屋で食ってまた寝る、という不摂生で孤独な生活をしていました。

 

今でこそ、たまーに海外に行ってリゾート気分を味わったり、

 

普段は、こんな感じで複数のブログやメディアを運営して、収入を得ながら割と有意義に過ごせているので、孤独を感じなくなりましたが、

 

昔の僕のように、田舎に転勤して孤独を感じて辛い、という人も多いはず。

ということで今回は、田舎に転勤して孤独を感じて辛い人独身社会人のために、孤独の解消方法についてアンケートをとってまとめてみました。

 

 

田舎で働くの孤独過ぎて辛い件。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

社会人になると、同僚や上司から

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Aさん

休みの日何してるの?

って聞かれることがめっちゃあるんですよね。

確かに、その人のことを当たり障りなく知っていく会話として、その人の趣味とか、休みの日の過ごし方を聞くのはありがちなんですけど、

 

そう聞かれても僕は、

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
あー、寝てますねー。
辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Aさん
そ、そうなんだ・・・

みたになやり取りしかできないわけですよ。

 

だって、寝て、飯食って、Youtube見てたらいつの間にか日曜日終わってるんですもん笑。

 

当時入社した会社で田舎に配属されたこともあって、何かしに行くには車に乗ってそれなりの距離を移動しなきゃいけないんですよね。

そもそも、知り合いも会社の同僚くらいしかいないし、家族もいない、お店や遊べるところも少ないし、結局休みの日でも部屋で1人孤独に過ごすことが多かったんですね。

 

それに比べて、東京で働いている学生時代の友達は

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Aさん
同期と紅葉のきれいな山に写真撮りに行ったー。
辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Bさん
~の映画めっちゃよかった!

といった感じで、充実っぷりをSNSでアップしているわけですよ。なんでょうね、この差は。

 

まあ別にあえて遠出しようとも思わないんですが、さすがにここまで人と話す機会が少ないと、孤独を感じるというか、

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano

俺って何のために生きてるんだろう、このままずーーーっと同じ毎日を繰り返して死んでいくのかな・・・・

みたいに、唐突に人生の意味について考えだして、さらに孤独感が増すんですよね(笑)。

 

今でこそプロフィールにも書いているように、夢中になれるものを見つけて充実度が高い毎日を送っていますが、

昔の僕のように、田舎で孤独感に悩まされている人もいると思います。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

ということでまずは、田舎に転勤して孤独で辛い人に、孤独の解消方法をアンケートをとってまとめてみましたので、ケーススタディとしてみていきましょう。

 

田舎に転勤して孤独で辛い人に贈る、孤独の解消方法と体験談まとめ

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

ダイエット

ダイエットアプリをインストールしてダイエットすると気分解消になります。

体調管理もできるし、汗をかいて気持ちもよくなるし、やせて筋肉もつくし気分転換にはぴったりです!

ALKOOといったその日に歩いた距離や歩数を数えてくれるアプリもおすすめです。

 

映画

インターネットでNetflixやAmazonプライムといった動画サイトに登録し、映画を見まくることです。

映画を見ている時は現実を忘れられますし、何より楽しい趣味です。

私はNetflixを愛用していますがNetflixでしか見られない映画もたくさんあって、月間で安いしお得感ばっちりです。

 

恋人や友達作り

ティンダーやペアーズといったマッチングアプリで出会いを求めたり、友達作りをすることがおすすめです。

田舎に住んでいるとなかなか出会えないので逆に盛り上がるかもしれません。

なかなか会えなくてもチャットするだけでも気分は上がりますし、恋や恋の一歩手前の状態というのは生活に彩りを与えてくれます。

Facebookで昔の同級生を探したり、同じ友達を持つ人に申請して新たな友人を見つけるのはどうでしょうか?

昔の同級生が今どうしているのかを知るのはなかなか嬉しいものですよ。

田舎ではなかなか友達を作るのも難しいので、ネットを利用してチャット仲間を作るのもありだと思います。

その地域の会合に参加したり、スポーツチームに入るなどして、新たな友人を作ることはどうでしょうか?

地域のことも知ることができるし、新しい仲間と知り合い、飲んだりおしゃべりすることは大きなストレス解消となります。

 

ネットでの情報発信

田舎でもインターネットはありますよね?ネットを使った新たな趣味を持ってみるのはどうでしょうか。

絵や小説を描いてサイトやブログを作って載せたり、Youtubeで音楽や動画を見てみたり、動画を作ってvimeoに載せてみたり。

開拓できる新たな趣味は身近なところにたくさんあります!

SNSを利用して同じ趣味の人と話しができるように、自分から好きなことや熱中していることを情報発信するかあるいは、こちらから話しかけていく。

好きなことが車であればネット上のオーナークラブに参加して仲良くなればオフ会で会うなどして世界を広げていける。

YouTubeやニコ生でライブ配信をする。来てくれる人と交流が持てるので孤独を感じづらくなる。

共通した背景をもっていたり配信を楽しみにしてくれるファンもできたりするので毎日が活気づき生き生きと田舎で過ごせるように思う。

 

お酒

個人的におすすめなのは、おいしいものを買ってテレビなどを見ながらお酒を飲んで寝てしまうことです。

孤独は特に夜にやってきます。夜をやりすごして朝になれば仕事があるし、やることがあり、気分も上がってきます。

 

居酒屋の常連になる

私は、大学時代にかなりの田舎にあるキャンパスに通っていました。

よくTV等で見る夢のキャンパスライフとはあまりにもかけ離れすぎていて、周りには田んぼとお年寄りばかりといった所でしたが、幸い食べ物やお酒がとても美味しい土地でした。

毎晩のように居酒屋や今までの私だったら入らなかったようなお店に入り、食べ飲み歩きました!

だんだんと飲み友達も増えていき、大学卒業時にはその土地を離れるのがとても寂しかったです。

行きつけの居酒屋を作って通うことです。田舎なので来る人も限られているため親しくなりやすいのです。

店員と顔見知りになることでちょっとした会話が生まれ、また同じ居酒屋を利用している常連客とも挨拶や会話をすることになり、

以後はその居酒屋で一人ではなく仲間たちと楽しくお酒が飲めるようになります。

田舎にも必ず飲み屋さんはあるので、何度も通って常連になり、お店の方と仲良くなれば交友関係が広がります。

性別や年齢を問わずに仲良くなっておけば、そこから知り合いが増えていくので、同年代の人とも仲良くなれるチャンスが広がります。

 

ジョギング

田舎は若い人にとっては、刺激が少なく孤独な思いに駆られる場合が多いです。私も教師の仕事の時に田舎の赴任地がとても退屈で、寂しかったです。

でも朝に思いきってジョギングしてみました。

田舎は空気が都会よりはきれいなのと、自然に親しむにはもってこいでした。

ぜひ、自分の家の周りを散歩したりしてみてください。

住民の方たちと話ができたりその土地の美味しいお店などを教えてくれます。友人ができることもありますよ。

 

その時孤独を解消できても、結局一時しのぎな件。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

孤独を解消するためのアイディアを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介した方々はいい感じに解消していますね。

 

とはいえ、いくらその時はどうにか孤独を解消できたとしても、結局一時しのぎなんですよね。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Aさん
そうそう、結局次の日とかにまた寂しくなったりするんだよねー。
辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
めっちゃわかります。(笑)

 

なんていうんでしょうね。

「その場しのぎで孤独を解消しても将来性が感じられないし、田舎を脱出できるわけでもない」というか、

「結局同じ日常の繰り返しだし意味なくね?」っていう感覚があるんでしょうね。

 

僕も昔はそんな虚しさを感じていましたが、今ではプロフィールに書いたように、夢中になれる働き方を見つけることができています。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

 

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
Aさん
じゃあ俺はどうすればいいのよ?

という声が聞こえてきそうなので、そんな方に僕の体験談を紹介していこうと思います。

 

孤独とは無縁になったmiyanoの場合

辛い, 転勤, 田舎, 孤独土曜日の午前中からカフェのテラス席でドヤりながら仕事する僕。笑

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
あーやることねーなー・・・

 

当時入社1年目の僕は、前述の通り、せっかくの土曜日にもかかわらず、

6畳一間の部屋でコーラを飲みながら、ダラダラとYoutubeのお笑い動画を見て孤独を紛らわしていました。

 

というのも、配属された事業所があったのは茨城県のど田舎。

近所にはスーパーとコンビニと「ほっともっと」が一軒ずつ、あとは大通り沿いに田舎特有の大型パチンコ店があるくらいで、 暇をつぶすのに苦労する環境だったんです。

 

そのころの僕の休日といえば、

朝はだらだらと適当に起きて、腹が減ったら、部屋着のスウェットのままサンダルをはいて「ほっともっと」に行って唐揚げ弁当を買い、ついでにセブンイレブンのアイスコーヒー片手に帰宅。

冷房キンキンの部屋で唐揚げをほおばりながら、映画を見て現実逃避をする、といった過ごし方が定番になっていました。(我ながら終わってますね笑)

 

そんなある土曜日のこと、

いつものように「おろしチキン竜田弁当」が好きな同期のT君と一緒に「ほっともっと」にお弁当を買いに行ったんですが、お弁当を待っている時にふとT君が

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
T君
あー、こんな生活をあと40年以上も続けなきゃいかんのかー

とつぶやきました。何気ない一言ですが今でも印象に残っています。

 

一気に現実に戻された気分になって、

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
あれ、こんな生活をあと40年以上も続けるの?
辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
あれ、こんなはずじゃなかったんじゃないの?

こんな問いかけが頭の中から離れなくなりました。

 

もちろん、転勤や結婚で別の環境になることもあるかもしれませんが、それらも含めて、僕には何にも代わり映えのない生活に思えてなりませんでした。

 

今までの人生、「皆進学しているから大学に行く」「皆大企業志望しているから大企業に就職する」といった感じで、自分の意志で人生を選択してきたことがなかった僕ですが、この時初めて自分の人生について強く意識するようになりました。

 

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
このままじゃだめだ

そう思っていろいろと考え、僕がたどり着いた答えは、

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
何か新しい事を始めよう、そしてどうせやるなら将来性のあることをやろう。

 

もちろん、僕がWebビジネスを始めたきっかけは他にもいろいろありましたが、単に孤独を解消したい、というよりも、何か新しいことをして現状を打破していきたいという理由で起業しています。

 

何も趣味がない人でも「不満を解消するために何かに取り組む」ってなれば、結構モチベーション湧いてくるもんですよ。

なのであなたもまずは、自分の今の生活に対する不満をずらーーっと書き出してみるといいですね。

 

さて、僕が最初に取り組んだのは、ブログに広告を貼って収入を得る「アフィリエイト」という手法だったんですが、当時、ビジネスの知識もスキルも経験もなかったですし、仕事の拘束時間も長いということもあって、一筋縄でうまくいったわけではありませんでした。

 

正直、プライベートな時間をほとんど作業に費やしても、最初の頃の報酬はたった15円で、「バイトより全然時給低いじゃん!」と嘆いたこともありましたが、残業終わりに家に帰ってからの数時間でできるビジネスなんて他に知りませんでしたし、

辛い, 転勤, 田舎, 孤独
miyano
ここで変われなければまた憂鬱な月曜日を迎えてしまう・・・

という思いだけで、残業100時間の中でも歯を食いしばって必死で作業を継続してました。

 

独学で取り組んでいたころは、環境の変化に追いつけず1度挫折したこともありましたが、運よく素晴らしい指導者の下でコンサルティングを受けながら取り組む機会があり、適切な指導を受けながら、ひたすらカタカタキーボードをたたき続けてました。

 

そして残業100時間を突破した翌月には、月収10万円を稼ぐことができるようになっていました。

 

実際、10万円という金額よりも、自分で主体的に取り組んで成果が出たことで忘れかけていた学生時代のワクワク感が戻ってきた気がして、それが嬉しかったことを覚えています。

稼げるようになってくると、休みの日は早起きして、ついついカフェに行ってサッとPCを広げて作業してしまいます。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独モーニング食べてる僕。

 

そして今は、このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、

メルマガの読者さんに対して発信したり、他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

たまーーに、ちょいと贅沢して南国でリゾート気分を楽しんだりもしています。

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

休日に孤独を感じまくっていたあの頃が懐かしいです。

ということで、どうしようもない田舎で孤独を感じまくっていた日々が、超有意義な毎日に変わった男の物語でした(笑)。

 

1度きりの人生、後悔のない選択を

辛い, 転勤, 田舎, 孤独

ということで僕の場合は、

現状の不満を解消するために何かに取り組む

という方法で有意義な時間を過ごす頃ができるようになりました。

打ち込めるものを見つけるのには案外時間がかかるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

 

もし、僕のように”PC1台でできる働き方で毎日の充実度を上げていきたい“と考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“(動画講義60本以上)を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げていますので、僕と同じように、休日を充実させるキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールにも飛べるので、休日を充実させるヒントにしてみてくださいね。

【無料:miyano公式メール講座登録で今なら初心者用教科書プレゼント】

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。