Business trip

海外出張に必要な英語力の目安はないです【TOEIC何点でもOK】

Aさん
Aさん

海外出張に必要な英語力の目安が知りたいなー。TOEICだと何点くらい必要なんだろう?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 海外出張に必要な英語力の目安はない理由
  • 英語力より仕事の技術、コミュ力、適応力の方が大事
  • 就職、転職目的ならTOEICを勉強するのもあり
  • 海外出張を乗り切りたいならTOEICではなく英会話を勉強しよう

どうも、miyanoです。

海外出張が控えている人や、これから海外で働ける会社に入りたいと思っている人にとって、『実際どれくらいの英語力やTOEIC点数が必要なんだろう?』というのは気になる部分ですよね。

miyano
miyano

めっちゃわかります。

僕も突然海外出張を命じられた時は、俺の英語力で大丈夫なんだろうか…と不安になりました。

ただ、結論から言うと、海外出張に必要なTOEICのスコアや英語力の目安や基準はありません。

今回はその理由と、必要なスキル、その学習法についてお伝えしていきます。

ちなみに僕の経歴

新卒1年目でアメリカで累計半年間勤務し、その後もタイなど、海外のプロジェクトで何度も出張を経験しています。

海外で働く日本人にも数十人以上会ってきているので、その経験も踏まえて書いていきますね。

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

海外出張に必要な英語力の目安はないです【TOEIC何点でもOK】

結論から言うと、海外出張に必要なTOEICのスコアや英語力の目安はありません。

一般的には、TOEICのスコアが400点以下だと、

  • 簡単な会話もままならない。
  • 日常会話でもビジネスの現場でも、実質的には意思疎通が難しいレベル。

と言われています。

それくらいのスコアの人とも海外で仕事をしたことがありますが、確かに、お世辞にも日常会話が十分できていると言えません。

ただし、”日常会話ができるかどうか”と、”海外出張の目的を達成できるかどうか”は関係ありません。

海外出張の目的は英会話することではないですからね。

確かに、海外に長期駐在や赴任するような立場であれば、それ相応の英語力も必要になります。

でも、海外出張ベースで、仕事上の目的を達成するためであればTOEICの点数が低くても大丈夫です。

TOEICを受けたことない人でも、海外出張で活躍してる人はたくさんいます

僕の元上司Tさんの事例

僕の元上司のTさんは50代で、いまだにガラケーを使っている職人気質の人でした。

TOEICは受けたことすらないそうです。

僕もTOEICスコアは630点程度しかないので偉そうなことは言えないですが、お世辞にも日常会話が流ちょうにできているとは思いません。

でも、技術はある人なので、ジェスチャーも交えてアメリカ人とスムーズに仕事をこなしていました。

馴染みのアメリカ人と『おう久しぶり!』と言い合う仲にもなっていましたね。

初めて海外出張したSさんの事例

Sさんが初めて海外出張した時のこと。

Sさんも全く英語に縁のない生活を送ってきたそうで、最初は戸惑っていました。

でも、説明することを紙に書いたり、英語を調べながらしっかり仕事をこなしていました。

出張が終わるころには、アメリカ人とFacebookで友達になっていました(笑)。

英語に馴染みがないという意味では難易度が上がりますが、それでも出張の目的はしっかり果たすことができています。

英語力より仕事の技術、コミュ力、適応力の方が大事です

この2人に共通しているのは、

  • 仕事の技術がある
  • コミュ力がある
  • 適応力がある

ということです。

まず、いくら英語が話せても、仕事上のスキルがないと見下されます。

逆に、英語が話せなくても、実際に仕事をやって見せればリスペクトされます。

それに、コミュ力があれば、ちょっとくらい失敗したり、英語が話せなくても笑ってフォローしてもらえたり、協力してもらえますね。

まあ、これは日本でも同じですね(笑)。

いくら頭良くてもコミュ力ないとチームプレイはできません。

あとは、適応力がないと、そもそも海外で仕事をするという行為自体が向きません。

いくら英語が話せても、僕みたいに海外の仕事でストレスがたまりまくって結局退職してしまうこともありますからね。

なので、海外出張をどうにか乗り切りたい人は、まずは仕事の技術や知識を磨きましょう。

コミュ力や適応力はすぐに身につけられるものではないので。

海外出張の仕事の資料を英語でガッツリ準備しておく、プレゼンを練習しておくなど、出来ることはたくさんあります。

英会話は、それらが準備できてから取り組んでも遅くありません。

TOEICは海外出張のためではなく、就職、転職のためのツールです

極論ですが、TOEICスコアなんかは、英語力を上げるテストと言うよりは、就職や転職で有利になるためのツールですね。

企業の採用面接では、英語力を客観的に図る指標があまりないので、目安にされるのはしょうがないです。

確かに、TOEICスコア800点以上とってるような人は、明らかに英語力は高いですし会話もしっかりできる人が多いです。

というか、もともと帰国子女や留学で海外経験が豊富で英会話もできる人が、TOEICを受けたらハイスコアになった、ということも多いので当たり前なんですけどね。

なので、TOEICの勉強だけしまくって高い点数をとっても、実際に話した経験が乏しければ、海外出張においては、スコア低い人と大差ないです。

せいぜい知っている単語が多いくらいです。

相手が言ってる意味はだいたい分かるけど、キャッチボールはできないみたいな感じですね。

miyano
miyano

僕もTOEICのリスニングはほとんど間違えないくらい得意でしたが、現地に行ったら全く聞き取れなかった経験があります。

就職、転職目的ならTOEICを勉強するのもありです

もしあなたが今、

海外で働きたくて、海外出張の多い企業に就職したいと考えている

のであれば、TOEICは就職するための手段だと割り切って、点数を取るために頑張るのもありですね。

転職でもそうですが、新卒採用においては明確にスコアで足切りしている企業も多いです。

僕の見てきた例だと、海外の業務が多い企業の場合、

  • 新卒なら技術系でもスコア730点以上
  • 文系職ならスコア800点程度、かつ一定レベル海外経験

くらいは求められます。

そもそも、日本で採用せずに、現地採用しているケースもありますが、いづれにしてもTOEICの点数が高いに越したことはないです。

TOEICの点数を伸ばすには

公式の問題集を繰り返しやるのが一番いいと思います。

とは言え、これは問題集なので、ある程度ベースの英語力がある前提ですね。

はじめて受ける場合、もしくはスコアが600点以下の場合は、こちらの方がおすすめです。

TOEICってリスニング、リーディング、文法、単語など、試験の各パートで出題形式が違うので、それぞれ対策する必要があります。

なので、普通は各分野の参考書を何冊も買ってやるんですが、これは1冊で全パート網羅することができます。

600点狙い、730点狙いと2段階のレベルになっているので、自分のレベルに合わせて取り組むことができます。

海外出張を乗り切りたいならTOEICではなく英会話を勉強しよう

もしあなたが、

仕事で海外出張に行くことになって、自分の英語力が低いのではないかと不安になっている

のであれば、TOEICではなく、即効性のある英会話フレーズを覚えることに全力を尽くしましょう。

もちろん、海外出張の仕事の準備はしっかりできている前提ですが、頻出フレーズや専門用語など、覚えておくと海外出張の難易度がぐっと下がるのでおすすめです。

miyano
miyano

僕は確か、1~2週間くらいで英会話を本でがっつり勉強してから出張に行きました。

それだけ短期でも、勉強した内容で8割の会話は乗り切ることができましたね。

逆に勉強してなかったらその8割は話せなかったわけで、出張の難易度はぐっと上がったはずです。

Aさん
Aさん

でも、具体的にどうやって勉強したらいいか分からない!

という方もいると思いますので、そんな方に、おススメの勉強法を具体的な5ステップにまとめて記事にしてみました。

僕の経験をもとにかなり具体的に書いていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

英語話せないのに海外出張!エンジニアのための短期勉強法【事前準備編】英語が話せないのに急に海外出張が決まってしまった人向け。本記事では、海外出張まで残り1か月を切ったエンジニアの為に、短期英語勉強法をお伝えします。...

まとめ:海外出張に必要な英語力の目安はありません【TOEIC何点でもOK】

出張中にホテルの中庭でブログ書いてた時の写真

本記事のまとめ
  • 海外出張に必要な英語力の目安はないです
  • 英語力より仕事の技術、コミュ力、適応力の方が大事です
  • 就職、転職目的ならTOEICを勉強するのもありです
  • 海外出張を乗り切りたいならTOEICではなく英会話を勉強しよう

ということをお伝えしました。

僕も初めて海外出張した時は右も左も分からず苦労しましたが、この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いです。

miyano
miyano

さて、なんとなくいけそうな気になってきたでしょうか?

その希望を打ち砕くようで悪いのですが、実は海外出張って一般の人がイメージしているほど華やかなものではありません。

そんな僕の体験談をまとめた記事がありますので、「海外出張の現実を知りたい」というチャレンジ精神のある方は覗いてみてください笑。

海外出張ってカッコイイ!と思っているあなたに現実を突きつける記事『海外出張ってなんかカッコいい!英語とか話して、観光とかもするんでしょ?憧れるなー!』という幻想をぶち壊す記事です(笑)。本記事では、海外で働くことにカッコイイイメージを持っている人の為に「ぶっちゃけ海外出張ってこんな感じだぜ」という現実をお伝えしたいと思います。...
ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら