上司に反撃した方法と20の体験談まとめ

方法, 反撃, 体験談, 上司, まとめ

 

どうも、miyanoです。

 

理不尽なことで叱ってくる上司、

言ったこととやってることが違う上司

何も教えてくれない上司などなど

普段からそんな上司に対していらだっている人も多いと思います。

 

ということで今回は、そんな上司たちに反撃した方法と

20の体験談をまとめてみました。

 

 

上司に反撃した方法と20の体験談まとめ

大量の書類で反撃

実績を上げろとプレッシャーをかけてきた上司にイライラしていました。

取引先との取引を進める上で上司から承認をもらう必要のある稟議書があり、この稟議書を書きためました。

後日、一気に大量の稟議書を提出させ、上司に長時間の残業をさせました。スッキリです。

 

取引先の人にお願いして反撃

取引先の仲の良い顧客がおり、上司と同行した際、上司の文句を言ってもらうことにしました。

顧客から上司に対して、担当者である部下の働きを評価しない振る舞いに苦言を呈してくれました。困り顔の上司を見て、スッキリしました。

 

チクっと嫌味で反撃

いつも嫌味やブラックジョークばかり言う上司がいて、精神的ストレスがすごかったです。

ある日、天然ボケのふりをして、「すごいブラックジョークですね。」とサラッと言ったら、嫌な顔をしていました。

少しでも嫌な思いをさせられていい気分でした。

 

とにかく無視して反撃

とにかく部下を見下す上司だったので、反撃と言えるかどうかわかりませんが、何を言われても無視まで行かずとも何日間かずっとムスッとしていました。

少しでも効果があったかどうかは見えませんでしたが、何もしないよりはスカッとします。

 

自分の中でこそっと反撃

私は小心者なので、面と向かって反撃することはできませんが、

例えばバレンタインの時などに、高い方と安い方があったら、迷わず安い方を買います。

自分の中だけですが、ちょっとは復讐した気分になっていいですよ。

 

安いコーヒーをいれてこそっと反撃

ムカつく上司には朝のコーヒーを淹れるときに、安いコーヒーを淹れます。

最初は豆から挽いていましたが、あまりに我慢に耐えきれず、一番安いドリップコーヒーになり、今では顆粒のインスタントコーヒーにしています。

 

上司が聞こえる声で相談

以前、職場にいた上司は気に入らないことがあると暴言を吐く所謂パワハラ上司でした。

事あるこどに怒鳴られたので、私も疲弊していたのですが、やられっぱなしじゃ気が済まないと思っていました。

そこで、私が取った行動は、部長にパワハラのことをあえて上司が聞こえるような大きい声で相談しました。上司は顔をひきつっていたので、どことなくすっきりしました。

 

急に休んで反撃

上司は何を言っても聞く耳を持たないタイプでしたので、結果として上司が困るような反撃方法を考えました。

具体的には体調不良を装って急に休むようにしました。

出勤した後に同僚に上司の反応を尋ねると困っていた様子であることがわかったので、少し反撃ができたかなあと思いました。

 

上司の上司に不満をぶつけて反撃

ムカっときて上司より更に上の人に辞める意思を伝えました。退職の申し出をしても忙しいからとなんだかんだ理由をつけて受け付けてくれませんでした。

なかなか退職を上に上げてくれない上司に対してイライラしてしまった私は

直接上司の更に上の人に直談判をして上司の不満を言った上で退職をしました。

 

早上がりして反撃

私は飲食店で働いているのですが、店長と私の2人で、残りはバイトという形で店を回しています。

そしてたまに社員が2人いると、どちらかが早上がりをすることができるのですが、その際にいつも店長が早上がりをして、私は早上がりをできない状態でとてもむかつきました。

そこで私は反撃の方法として、バイトに店長に私を早上がりさせてもらうように頼んでもらいました。やっと私が早上がりできました。反撃成功です。

 

会社の物で嫌がらせ

嫌がらせや暴言が酷い上司が嫌になり会社を辞める際、フォークリフトを倉庫の中に仕舞わずに道端へ放置したまま帰ったことです。

そのまま携帯の連絡先をブロックしたのでその後のことは分かりませんが、少し清々しました(笑)

 

先輩より上司になって反撃

入社当初に教育係であった先輩に教えてもらっていたが、何かと嫌味ったらしくて嫌いでした。

3.4年経ち、自分があっという間に責任者の立場となって、その人の上司になりました。

一緒に働く機会があったので、あれこれしてくださいと、コキを使ってやりました。

仕事の仕方とか改めて教えたりしました。10年以上も後輩にそんな事をされて悔しそうな顔をしてたから、反撃出来て少し嬉しかったです。

 

社内でコンプライアンス申告

毎晩飲みに誘ってくる上司がいました。飲みに行くともっぱら仕事とはという精神論と武勇伝ばかり。しかも終電が過ぎても帰してもらえず、会社に寝泊まりさせられます。

飲みを断ると、社会人として付き合いのできないやつは…という説教をし始める始末。

被害者が多数いたため、社内のコンプライアンス申告書に同時多発的に無理な飲みの誘いの改善を書き込み、後日社内報で展開され、上司からの誘いが減りました。

 

時間外労働を完全拒否

自分のことばかり大事にする上司がいまして、自分が病院に行くときは、すぐに休みをとり、部下のことなどなんら管理しません。

そこで、こちらも時間外を完全に拒否して上司に反撃しました。本社から上司が起こられている姿をみると楽しくなります。

 

おつかいで反撃

中年太りの嫌いな上司に、昼休憩にコンビニにおつかいを頼まれた時の話です。

上司はシーチキンマヨネーズのおにぎりを3つ買ってくるように私に言ったのですが、私は敢えて昆布や鮭などを買って帰りました。帰って上司にシーチキンは売り切れていたと言いました。

スッキリしました。

 

退職して反撃

仕事をどんどん押し付けられいっぱいいっぱいになったことがあります。

あまりにも酷いのでその旨を伝えたのですが変わることがなかったので退職すると伝えました。引き止められましたがきっぱりと退職しますと言い切りました。

 

重たい荷物を押し付けて反撃

いちいちやることに小言を挟んでくる上司がいてイライラしていた。

私は消耗品注文の担当で、ちょうど数も減っていたので有給前にコピー用紙を5箱(1箱20kg)注文して休みに入りました。

自分がいないので重たいコピー用紙の箱を上司が一人で担いで収納したようです。戻ってきた時に文句を言われたが、すっきりしました。

 

上司が嫌いなものを買って反撃

有休を使って旅行に行った時、職場用のお土産に上司が嫌いなお菓子を買ってきました。

「地元では有名で行列に並ばないと買えないお土産なんですよ」とプレミアム感を強調しながら配りました。上司は食べられず、恨みがましい目をしていました。地味な嫌がらせです。

 

勢いで反撃

人が辞めて部署内の人数が減っていました。そのためオーバーワーク気味になっていました。

ある会議の時に、さらに仕事を増やすというのです。人数は変わりません。

そのため勢いで、人を増やしてくださいよと怒り気味で言ってしまいました。興奮して少し後悔したのですが、後で上司に呼ばれて意見を言ってくれてありがとうと言われました。

 

上司に根回しして反撃

反撃の方法は、上の力を使うことです。

上司が忙しいことを理由に申請の代理処理を私に任せていましたが、ある日、業務時間中にゲームをやっていたことがわかりました。

ムカついたため、時間は掛かりましたが、さらに上の上司に根回しをして強制的に上司の仕事に戻してやりました。

 

 

反撃したいくらいウザイ上司と関わらないようにするには・・・

方法, 反撃, 体験談, 上司, まとめ

20の体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介した方々はうまく対応されていますよねー。

 

ただ、昔の私もそうだったんですが、

「こんなクソ上司がいる会社なんて辞めてやりたい!」と思っていても、

 

働かないと生活が成り立たないし、

転職したとしても今よりいい条件の会社が見つかるかどうかも分からないし、

毎日遅くに帰ってきて、たまにある休みの日にそんな活動する体力なんてなくて、

結局文句を心の中でとどめて、毎朝死んだ目で駅に向かっている人も多いと思います。

方法, 反撃, 体験談, 上司, まとめ

 

時には「本当は俺ができないのが悪いんじゃないか・・・」と自分を責めてしまったこともありましたが、悪いのはあなたではなく、クソ上司です。

 

でも、感情表現が苦手だった私にとって、そんな上司に歯向かったり、やり過ごしたりするのって

ぶっちゃけかなり勇気や自信が必要で、全然歯向かえずにいました。

 

「言ったこととやってることが全然違う」上司や、

何も教えないくせに「そんなことも分からないのか!」と言ってくる上司、

そんな奴らに言い返すことができず、大きなため息をつきながらトイレで頭を抱えて絶望する日々を送っていました。

 

でもある日、堪忍袋の緒が切れて

「会社に依存せずに自分で稼ぐ力を身に付ければ、最悪クビになっても大丈夫だし、

こんなクソ上司に縛られない自由を手に入れたい!」

と思い立って、Webビジネスを始めまてみました。

 

ちなみに、私がやっているWebビジネスっていうのは、具体的に言うと、

このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、メルマガの読者さんに対して発信したり、

他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

当時は、仕事以外の時間はひたすらブログを更新して、

もちろん飲み会も断り、時には睡眠時間を削っても作業を継続していました。

 

これは思いがけない収穫だったんですが、

稼げるようになってくると寝ている間も自分の分身が稼いでくれている安心感があるので、

上司にちくちく言われても精神的な辛さが減ってきました。

 

そして本気で取り組み始めてから約3ヵ月後、月収10万円を稼ぐことができました。

そして今では「最悪クビになっても大丈夫」な状態で、もはや反撃せずに

何を言われても無視してますし、残業もしないで定時ぴったりで帰宅してます(笑)

 

今は、こんなクソ上司に縛られず、何倍も稼いで見返してやるため

更に稼ぐための仕組み作りを続けています。

 

もちろんお金を稼げるからやっている部分もあるんですが、それだけでやっているわけではないんですね。

例え副業で稼げたとしても、こんな上司がいる環境では自分の感情なんてこれっぽっちも出せず、堅苦しい思いをするだけなんです。

自分で主体的に稼いで、こんな上司に縛られずに感情の赴くままに生きていきたいからこそやっている部分も多いわけです。

 

そして同じ境遇の人の気持ちが分かるからこそ、

転職以外の選択肢として、「今の仕事を維持しながらできることもある」ことを伝えたい想いがあります。

 

なので今回、私が行っている会社に依存せずPC1台でできるWebビジネス初心者用の教科書をつくりました。

この教科書は、動画講義60本以上を収録していて、ビジネスのノウハウはもちろん、取り掛かる前の準備や基礎からお伝えしていますので、忙しくても、全く経験ゼロでも取り組むことができるようになっています。

よかったら手に取って学んでみてくださいね。

【当ブログからのプレゼント:残業100時間でもできる初心者用教科書】

ABOUTこの記事をかいた人

miyano

長野県出身の27歳。
グローバル社畜の傍ら、Webメディア運営やマーケティングなど、インターネットを使ったビジネスをしてます。【好き】読書×映画×1人カフェ【嫌い】甘ーいもの
プロフィールはこちらから