boss

会社の上司からの評価が低くても気にしない方法11選

Aさん
Aさん

上司からの評価が低いんだけど、気にしない方法ってないかなー?

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容
  • 絶望的に低い!会社の上司からの評価を気にしない方法まとめ
  • 『いつでも辞められる状態』で上司の評価が気にならなくなったmiyanoの場合。

どうも、miyanoです。

社会人として働いていると、上司からの評価って重要ですよね。

Aさん
Aさん

そうそう、昇進にも関わるし、仕事内容も変わってくるし。

まあ正当に評価されていればいいんですが、中にはなかなか頑張っているのに評価されないこともあるかもしれません。

でも、愚痴愚痴言ってもしょうがないですから、あまり気にせず頑張っていかないといけませんよね。

ということで今回は、会社の上司からの低い評価を気にしない方法について、体験談とともにまとめてみました。

絶望的に低い!会社の上司からの評価を気にしない方法まとめ

アンケート調査で、いろんな体験談を集めてみました。

簡単な仕事で気が楽。と考える

評価が低いと、重要な仕事を任せられることがないため気が楽だと思うようにしていました。

評価が高い人は実際いろんな仕事を抱えていて忙しそうだし、かと言ってものすごく給料が上がるわけでもないので。

その大変そうな様子を見ているうちに、自分は評価低くて良かったかもと感じました。

miyano
miyano

ずっと気楽に仕事できれば最高ですよね。

他の人がきっと見ている、と考える

新卒で入社した会社の上司が、毎年新人の中でターゲットにする子を決めていました。

そのターゲットの子が半年もたたずに辞めてしまい、次のターゲットは私に。

理不尽なことで怒られ続け、夜になると思い出して泣いてしまう毎日で精神的にきつかったです。

だけど先輩方は私が一生懸命頑張っていることを見てくれていて、何度も飲みにつれて行ってくれたり仕事中フォローしてくれたり、すごく助けられました。

なので、上司の評価より先輩の評価を信じることにしたら気も楽になって仕事を続けることができました。

miyano
miyano

周りの人に励まされることもありますもんね。

スキルアップを意識する

上司に評価されるよりも、スキルアップを意識するようにしています。

多くの人に認められるスキルがあれば、より良い条件の会社に転職できます。

そうすれば結果として、上司からの評価も気にしなくなります。

miyano
miyano

確かに、手に職をつけていれば最強ですね。

いつでも辞められると考える

いつでも辞められる、と思って自分の仕事に結果を出すことです。

嫌な上司に当たると会社に行くのが嫌になるものですが、それは今の会社にいるからです。

就職先なんていくらでもあると考えてみると、どうでもよくなります。

私はそう思うことで気持ちを整理できて、結果を出せました。

miyano
miyano

僕も経験がありますが、いつでも辞められる状態って最強ですよね。

悔しさをバネにする

以前、自分がしている仕事を誰でもできる仕事といわれ、悔しい思いをしたことがあります。

でもそれをバネに、一生懸命勉強して過去最高の売上を叩きつけて、上司の鼻をおり、自分の自信にも繋げました。

仕事はモチベーションが下がったら終わりです。

そういった障害を糧により頑張れば結果は見えてきます。

miyano
miyano
悔しさをバネにできたら一番いいですよね。

冷静に客観視する

人は「自分はこんなに頑張っているのに周りは評価してくれない。」という「自己中心性バイアス」が働きます。

誰しもが、他人がしたことよりも自分のしたことを過大評価しがちになります。

その部分は差し引いて考えると、多少評価が低くても仕方ないのかなと捉えられます。

冷静になって自分を客観視出来れば、ちょっと位評価が低くても腹も立たないのではないでしょうか。

私はそうすることで評価をあまり気にしてません。

所詮上司も人間

上司からの評価が低いことを気にしない方法は「所詮、上司も一人の人間だから」と考えることでした。

私も上司も人間で完璧ではないのだから、自分がそうでないように、上司も私の全てを理解してくれなくて当然と思うようにしました。

評価が低いことをずっと考えていると、日々の行動でさえネガティブになってしまいます。

また、上司が理解してくれなくても案外周囲は見てくれています。

数年後には上司の評価も気にならないくらいには昇進できました。

上司にしっかり説明する

私の会社は年一度、人事査定があります。

この際、自分で立てた目標などの自己評価をし、一次査定、二次査定、役員査定と三段階あります。

たいがいは自己評価より低い評価になります。

当然納得もいきませんが、まずは弁明の機会を与えてもらいます。

ここで自分はどう考えているか知ってもらいます。

たとえダメでも自分の言い分を聞いてもらうだけでもすっきりします。

副収入をつくる

私自身評価は全く気にしていません。

それは、ある程度副業で稼げているからです。

評価=給与の評価となるので気にしている方が大半だと思いますが

別で収入があるという安心感から評価をそこまで気にしなくなりました。

得意なことを見つける

私は、仕事で商品をラッピングするのが苦手で、とても苦戦していました。

他の人はてきぱきと作業していたのに、私だけ能力が低かったので、上司から雑用の仕事に変えられてしまいました。

とても凹みましたが、その代わりに雑用の仕事を猛スピードでこなしました。

苦手な作業もあるけど、得意な事もあるのだと自分に言い聞かせて、気にしなくなりました。

評価よりも実績

上司から云々言われることは聞き流し、ひたすら自分のやり方を信じて売り上げを上げました。

最終的には数字が物を言う世界ですので、数字が出てしまえば上司もアレコレ言えなくなってしまいます。

毎日の売り上げを視認できる状態にし、日々上がっていく数字をモチベーションにして頑張りました。

ここからは僕のエピソードも紹介していきます。

『いつでも辞められる状態』で上司の評価が気にならなくなったmiyanoの場合。

miyano
miyano

終わらねぇぇぇ!!

当時、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に心底イライラしていました。

イライラしていたのは、

  • 仕事の難易度
  • 誰も教えてくれないし、誰もサポートしてくれない理不尽な環境
  • 仕事内容は教えてくれないくせに、チクチク文句やダメ出ししてくる上司

この辺が原因でした。

僕がいたのはそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

上司
上司
俺が若いころなんてもっときつかったんだぞ
上司
上司
大学出てるのにこんなこともわからんのか?

といった発言の多い職場だったんですよ。

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけです。

そして、そんなスタンスで仕事をしていたら上司からの評価が低くなるのも当然なわけです(笑)。

でも、評価を上げるために媚びを売りたくもないし、悶々とする日々を送っていました。

『いつでも辞められる』は最強です。

当時、上司からの評価とは別に、仕事への不満で理由で会社を辞めようと思っていました。

ただ、パッと仕事を辞められるほどハートが強くなかったんで、まずは今の仕事を続けなければいけない理由を全て潰していこう思ったんですね。

そうすれば、『辞めない理由がない。』という無敵状態になれるだろうと思ったんですよ。

ということでまずは、今の仕事を続けなければならない理由を全て具体的に書き出してみることに。

僕の場合は、

・給料が下がる不安

・世間体

・転職してもやる気の出る仕事に就けるか不安

という3つの不安がありました。

書き出してみるとわかると思いますが、案外今の仕事を続けなければいけない理由ってそんなにないんですよね。

そして、それらを全て潰していけば、今の仕事を続ける理由はなくなって、不安なく環境を変えることができるわけです。

後から考えると、意図していたわけではないですが『いつでも辞められる状態』になることで結果的に上司からの評価も気にならなくなったんです。

これらの不安を潰すために、僕がやってきたことをそれぞれ紹介していきます。

給料が下がる不安

まず1つ目に、『転職したときに給料が下がるんじゃないか?』という不安がありました。

でも不安が漠然としていたので、当時の僕は、まずお金や収入について軽く勉強してみることにしたんです。

その中で、給料や収入ってその人の市場価値、つまり「世の中にどれだけ価値を与えることができるか」で決まってくるということに気付きました。

であれば、スキルを身に付けて自分の価値を上げていけば収入が下がる心配もないだろうと思ったんです。

例えば、弁護士や医者なんかは、多くの人が持っていない知識や技術や経験を持っていて、それが世の中に大きな価値を提供できているから、給料が高いわけですよね。

でも現実問題、何かちょっとした資格を持っていたとしても、それで給料が大幅に上がるかと言うとそうでもないですよね。

それに、貴重な資格を取得しようと思ったら、予備校に通ったりするお金や、膨大な時間がかかります。

だったら資格とか遠回りせずに、自分で直接お金を稼げるスキルを身に付ければいいのでは?と思い立って、ブログを始めてみることにしました。

ちなみに、具体的にはこんなことをやっています。

  • 記事を書いて情報を発信
  • メルマガの読者さんに対して発信
  • 他のブログやメディアのメンテナンス

プロフィールに書いてあるように、半年のアメリカ出張があったり、残業100時間だったりした中でも、20万円くらいは稼げるようになりました。

(その過程はプロフィールで赤裸々に語ってますのでよかったら見てみてください。)

PROFILEはじめまして。 "やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。"をコンセプトに活動しているmiyanoと申します。 ...

世間体

気にしない人もいると思いますが、僕は割と世間体を気にしてしまいました。

でも、これは上で書いたブログをしていく中であっさり解決しました。

自分でビジネスをやっていると、同じようにビジネスに取り組んでいる人達にも出会う機会があります。

そういった人たちと話していると、転職どころか、会社に勤めていなくても世間に流されず自由に生きている人がいるということをリアルに感じることができたんです。

例えば、もしあなたが転職したいけど何かしら不安を抱えているのであれば、実際に転職した人に体験談を聞いてみるといいですね。

転職した未来をリアルに感じることができて、不安も解消するのでお勧めです。

転職してもやる気の出る仕事に就けるか不安

最後に、「違う仕事をしても、やる気の出る仕事に就けるんだろうか?」という不安です。

そもそも「自分がやる気を持てて、ワクワクしながら取り組める仕事って何だろう?」ということですよね。

恥ずかしながら僕は今まで、「何も考えずにレールの上を歩いてきた」ので、どんな仕事に興味が持てるのかわからなかったんですね。

これは、自分の強みを診断して把握することで解決しました。

自分の強みを把握→強みを活かせる働き方へシフト

こんな感じですね。単純なことですが、結構重要です。

というのも、自分の強みや得意なことを活かせない仕事では、イキイキと働くのは難しいです。

例えば、自分が『初対面の人と話すのが苦手』なのに、飛び込み営業の仕事をしていたら、絶対に続かないです。

あとは、『物事を深く掘り下げるのが苦手』な人が研究職をしても、力は発揮できないはずです。

このように、自分に向いていないことを無理やりやろうとしても苦しいだけなんですよね。

miyano
miyano

今の仕事に不満があるなら、それはあなたの強みが発揮できていないのが原因かもしれないです。

僕も、自分と向き合えたおかげで、こんな感じでブログを書いて生活する働き方に移行することができました。(このブログも仕事の一環です)

なので、あなたにも強みや得意なことを活かしてイキイキ働ける仕事があるはずです。

『俺って今の仕事向いていないんじゃないか?』って方は、まずは自分の強みを見つけることから始めてみましょう。

自分の強みを見つけるための本

1度きりの人生、後悔しない選択を

カフェのテラス席でドヤ顔でブログ更新中の僕。

ということで僕の場合は、

今の仕事を辞められない理由を全て書き出して、全て潰す。

という方法で『いつでも辞められる』状態になることができました。

結果的に上司からの評価も気にならなくなりました。

ちなみに、今では写真のように、カフェのテラスでドヤ顔でPCをいじるフリーランスに方向転換しました。

そして、無駄な仕事に悩まされることもなく、他人に時間を奪われることもなく、何より『働くのマジで楽しい!』と思えるようになりました。

1つ1つ潰していくのは大変な道のりになるかもしれませんが、1度きりの人生、ぜひ後悔のない選択をしていってください。

もし、僕のようにPC1台で”誰からもやらされない働き方”で生きていこうと考えている場合は、

ブログから始める”やらされない働き方実現のための初心者用教科書“を、ここまで読んでいただいたお礼に、今なら無料で差し上げています。

僕と同じように、働き方を変えるキッカケにしてみてください。

※『miyanoって普段どんな生活してんのよ?』という方は↓の方からプロフィールに飛べるので、やらされない働き方を手に入れるヒントにしてみてください。

ABOUT ME
miyano
miyano
【1990年生まれ/長野県出身】敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代→就職→飛行機乗ったことがないのに半年アメリカに飛ばされる→起業→独立。 ”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。 ≫詳しいプロフィールはこちら

”誰にもやらさらない働き方”に変えるための、初心者向け無料メルマガ講座&教科書ができました。

✅副業で月収5万円以上稼ぐブログ運営ステップ
✅好きなことを仕事に変える方法
✅誰にもやらされない働き方を創る戦略 などなど

≫詳細はこちら