Affiliate

【初心者向け】アフィリエイト記事の書き方の基本まとめ

Aさん
Aさん
アフィリエイト記事ってどうやって書くんだろう?一通り全部知りたいなー。

こんな方に役立つ記事です。

miyano
miyano
どうも、miyanoです。

僕は今まで自分で数百記事程度書いてきて、その過程で記事の書き方をつかんできました。

ただ、割と我流でやってきたので、今になって『もっと早く知りたかったー』って思うことも結構出てくるんですよね。

なので初心者の方は、最初に一通り記事の書き方の基本形を身につけた方が効率的にやっていけると思います。

ということで今回はそんな初心者向けに、アフィリエイト記事の設計や本文執筆方法、細かいSEO対策の設定まで網羅的にまとめてみました。

この記事の内容を実績していただければ、初心者の方でもしっかりした記事が書けるようになります。

アフィリエイトの記事の書き方1:記事設計をする

アフィリエイトの記事の書き方1:記事設計をする
  1. キーワード設定
  2. 読者のニーズ設定
  3. 記事構成決め
  4. マネタイズ・行動設計
  5. タイトルと見出し決め

まずはこの手順で記事の設計をしていきます。

いきなり本文を書きたくなるかもしれませんが、この設計で記事の大部分が決まるのでしっかり設計していきましょう。

① キーワード設定

  1. キーワード設定 ←今ココ
  2. 読者のニーズ設定
  3. 記事構成決め
  4. マネタイズ・行動設計
  5. タイトルと見出し決め

まずは記事で書くキーワードを決めます。

とは言え、僕の講座通りに進めていただいているのであれば、この時点で既に書くキーワードは決まっていると思います。

具体的には、記事ネタ洗い出し→キーワード選定→ライバルチェックという手順を踏みます。

Aさん
Aさん
キーワード選定って何?

という方は、まずはキーワード選定の理論から学んでみてください。

アフィリエイトのキーワード選定理論キーワード選定とは、”どんなキーワードで検索上位を狙うか”を選定する作業のことです。 まずはこの講義で、キーワード選定の概要とキー...

最初はライバルチェックまでできなくても大丈夫ですが、記事執筆に慣れてきたら取り入れてみてください。

アフィリエイト記事のライバルチェック方法いくらいい記事を書いても、検索結果上位に表示されなければ意味がありません。 今回は、検索結果の上位表示に役立つライバルチェックの方...

② 読者のニーズ設定

  1. キーワード設定
  2. 読者のニーズ設定 ←今ココ
  3. 記事構成決め
  4. マネタイズ・行動設計
  5. タイトルと見出し決め

次に読者の検索ニーズを設定していきます。

書きたいことを書くのではなく、まず読者の悩みや知りたいことがあって、それに対する答えを書くのが記事です。

僕の講座の流れで進めていただいた方は、ライバルチェックした際にある程度、狙ったキーワードで検索してくる読者のニーズを把握した状態かと思います。

ポイントは、顕在ニーズだけではなく、潜在ニーズも考えておくことです。

顕在ニーズ:読者が自覚しているニーズ。『この悩みを解決したい』と明確になっているものです。

潜在ニーズ:読者が自覚していないニーズ。『言われてみれば確かに知りたかった、欲しかった』というものです。

例えば、

読者:『英会話 本 おすすめ』と検索

記事:英会話学習におすすめの本を紹介する

では顕在ニーズだけを満たす100点の記事です。

それに加えて、『どうやって手に入れるか』や『安く入手する方法』も書けば、

Aさん
Aさん
おすすめのものは分かったけど、どうやって手に入れるか知りたい
Bさん
Bさん
できれば安く、無料で手に入れたい

という潜在ニーズも満たすことができるので、読者の期待値より価値がある120点の記事になります。

潜在ニーズに正解はありませんが、ライバルチェックで顕在ニーズを把握するついでに考えてみてくたさい。

例えば、『泣ける映画 ランキング』というキーワードで書こうと思ったら、

キーワード:泣ける映画 ランキング

顕在ニーズ:泣ける映画のおすすめをランキング形式で知りたい

潜在ニーズ:どうやったら観られるか、安く見る方法があれば知りたい

といった潜在ニーズが設定できます。

潜在ニーズを考えるポイントがあります。

それは、基本的に検索してくる人はできれば無料で、今すぐに、簡単に悩みを解決したいと思っている、ということです。

見ず知らずの筆者からいきなり高い商品をお勧めされても『買いたい!』なんて思わないですよね。

③ 記事構成決め

  1. キーワード設定
  2. 読者のニーズ設定
  3. 記事構成決め ←今ココ
  4. マネタイズ・行動設計
  5. タイトルと見出し決め

次に記事の構成を決めていきます。

書く内容(見出し)とその順番を決めていくということです。

読者のニーズへの答え+ライバルチェックで抽出した最低限のコンテンツ

記事構成はこの2つを組み合わせればOKです。

読者のニーズへの答えから考えた記事構成

キーワード:泣ける映画 ランキング

顕在ニーズ:泣ける映画のおすすめをランキング形式で知りたい

潜在ニーズ:どうやったら観られるか、安く見る方法があれば知りたい

記事構成:

■泣ける映画ランキングTOP○○

■お得に映画を観る方法

■まとめ

もしくは、

記事構成:

■泣ける映画ランキングTOP○○

 ー各作品ごとにレビュー、見る手段、お得に見る方法を記載

■まとめ

こんな感じで、各ニーズへの答えを見出しにすればいいだけです。

そこにライバルチェックで抽出したコンテンツを付け加えていきます。

例えば、検索順位1~10位までのほとんどのライバルサイトが、ランキングの中でAという作品を共通して挙げていたのであれば、自分も記事に含めた方がいいですね。

ライバルはみんな書いているのに、自分だけ書いていないコンテンツがあると情報量不足とみなされかねません。

・結論から書くこと

『泣ける映画 ランキング』と検索した人に対して、いきなり『映画で感動できる理由』とか『私が泣いた体験談』を書くのはダメです。

『そんなことより早く結論を教えてくれよ』と思いますよね。

記事構成ができたら、一旦、設定した読者ニーズ目線でチェックしてみるといいですね。

・できるだけ網羅すること

『100選』みたいな記事ばかりの中で、『これだけでOK』みたいな逆張りの記事を書いて評価される場合もありますが、基本的に情報は網羅した方がいいです。

④ マネタイズ・行動設計

  1. キーワード設定
  2. 読者のニーズ設定
  3. 記事構成決め
  4. マネタイズ・行動設計 ←今ココ
  5. タイトルと見出し決め

次に考えるのは『最終的に読者にどう行動してほしいか』です。

ここは慣れてきたら、③と同時に考えながら設計していきましょう。

  • この記事で悩みが解決されなかった→記事を閉じて検索結果に戻る
  • この記事で悩みが解決された→ページを閉じる
  • この記事で悩みを解決できるサービス・商品を知った→サービスに登録・商品を購入
  • この記事で悩みが解決されて、更に知りたいことが出てきた→内部リンクから自分のサイトの別の記事へ

Google AdSense主体の記事であれば特に成約は考えず、内部リンクに流せばいいですね。

記事を書いている中で『ここを補足するのにこんな記事があればいいなー。』と思ったらそれを書いて自然な流れで内部リンクすればOKです。

Amazon、楽天の商品の広告を貼る場合も同様に、”その悩みを解決するのに役立つもの”を自然な流れでおすすめすればOKです。

例えば、英会話学習の記事の中で、

参考書を選ぶポイントを伝える

→『ちなみに僕はこれを使いました』

という流れで本のリンクを貼るとかですね。

自分が過去にその悩みを解決した際に、買ってよかったものを紹介するのが一番導線が近くて自然です。

あとは、

『この問題に取り組む前に、前提知識としてこれ読んどくといいです。』

→本の紹介

あたりが導線の距離的にギリギリかなと思います。

導線の距離:読者の悩み→商品の成約までの距離。遠いほど成約が難しい。

導線が近い例

読者の悩み:リンゴが食べたい!

提案:リンゴどうぞ

導線が遠い例

読者の悩み:痩せたい

提案:

痩せるにはカロリーを減らすのがいいです。

→でもカロリーを減らしたらお腹すきますよね。

→リンゴはカロリー低くてお腹も満たせて栄養も豊富な食品なんです。

→だから痩せたいならリンゴを食べるのがいいんです。

→リンゴどうぞ!

導線が遠いところから商品を成約させたい場合、各種ライティングテクニックを使っていきます。

しかし、そこまで苦労してAmazonや楽天の商品を売っても、金額はたかが知れているので効率が悪いです。

ゴリゴリの成約型広告で攻める場合は別記事でまとめていますのでそちらをご覧ください。

成約型記事の戦略と書き方まとめ【コンサル生限定コンテンツ】 商品の成約を狙う2つの記事投入戦略 商品の成約を狙って記事を投入していく場合、2つの戦略があります。 成約に...

⑤ タイトルと見出し決め

  1. キーワード設定
  2. 読者のニーズ設定
  3. 記事構成決め
  4. マネタイズ・行動設計
  5. タイトルと見出し決め ←今ココ

以下のポイントを意識して記事タイトルと見出しを決めていきましょう。

記事タイトルのポイント

キーワードの並び順は変えない

『新宿 池袋 行き方』と『池袋 新宿 行き方』では検索結果は変わってきます。なので選定したキーワードの並び順は変えないほうがいいですし、できるだけキーワードの間に余計な単語も入れない方がいいです。

32文字以内

PCで検索結果を見た時に、記事タイトルは32文字までしか表示されないので、それ以内におさめましょう。

興味を引く要素を入れる

  • 数字を入れる:5分でわかる、0円
  • 疑問形にする:なぜ~?、~分かりますか?
  • その他:理由、方法、まとめ、比較、失敗談

見出しのポイント

見出しにもキーワードを入れる

少なくとも”見出し2”にはタイトルに入れているキーワードを入れましょう。

アフィリエイト記事の書き方2:本文執筆

アフィリエイト記事の書き方2:本文執筆

ここまでで記事設計ができていればほとんど終わったようなものです。

前書きの書き方

前書きではこの3点をおさえて書けばOKです。

  • 読者のニーズ(+共感)
  • この記事で解決できること
  • (その根拠や実績)

読者のニーズ(+共感)

「冬になると背中がかゆくてたまらないけど、どうにかならないかなー?」こんな方向けの記事です。

どうも、miyanoです。

世間では”たかが”背中のかゆみと思われがちですが、実際想像以上に辛いですよね。

こんな感じです。

自分のブランディングを押し出して、何かCVさせたいものがある場合は共感の文章を強めに書くといいです。

この記事で解決できること

そんな方のために、この記事では冬の背中のかゆみを止める方法を、シチュエーション別にまとめてみました。

こんな感じで、この記事を読むことで顕在/潜在ニーズを満たすことができる、ということを書きます。

その根拠や実績

主張に対して根拠や実績があれば、それも軽く書き加えた方が信頼性が上がりますね。

本文の書き方

各見出しごとにPREP法で文章を書いていきます。

PREP法とは?

Point:結論・主張

Reason:理由

Example:具体例

Point:結論・主張

の順番で書く文章校正。簡潔で説得力のある文章に用いられます。

例えば、

見出し:

アフィリエイト初心者は質より量を重視しよう

P:

アフィリエイト初心者のうちは、質より量を重視して、記事をたくさん書いた方がいいです。

R:

なぜなら、いきなり質を高めようと思っても、量をこなさないとスキルとして身につかないからです。

E:

例えば、学校の教科書を1度読んだだけではテストで実力を発揮できないですよね。

ひたすら問題を解いて量をこなすことで、実力として身につくはずです。

P:

なので、アフィリエイトでも同じように、まずは質より量を重視して記事をたくさん書いていく方がいいです。

こんな感じで書くだけです。

オリジナリティを出して差別化を図るためには、Eの具体例の部分で自分の体験談、経験談、実際のデータを書くと効果的です。

また、Eの後に”反論への一定の理解を示す文章”を入れるのもよく見かける型ですね。

全ての見出しにおいてPREP法がきれいに当てはまるわけではないですが、かなり使い勝手がいいので意識してみてください。

初心者であればそこまで意識しなくてもいいですが『共起語』という概念があります。

一通り記事を書くことに慣れたら、興味があればググって記事執筆に取り入れてみてください。

その際に意識してほしいのは、読者に最適な流れで記事を書いたうえで、無理のない範囲で共起語を含めて書く、ということです。

共起語を主体に書いて不自然なコンテンツになっては本末転倒なので。

アフィリエイト記事の書き方3:各種SEO対策・設定

アフィリエイト記事の書き方3:各種SEO対策

あとは細かい設定をすればOKです。

パーマリンク

パーマリンクの表示例

ブログの各記事のURLの末尾部分のことです。

ユーザビリティの観点から、できるだけシンプルで、論理的で人が理解できるアドレスが良いとされています。

パーマリンク設定のポイント
  • 半角英数字で入力(日本語入力はやめたほうがいいです)
  • 記事で狙うキーワードを入力

例えば、「WordPress 設定」というキーワードをタイトルに入れる場合、パーマリンクは「wordpress-setting」と入力します。

カテゴリー

記事の内容に合った適切なカテゴリーを作成、選択すればOKです。

ビッグキーワードを関連記事を網羅することで狙うのであれば、キーワードをカテゴリーに設定した方がいいと言われています。

それに関しては成約型広告の記事で説明していきますので、初心者のうちは意識しなくても大丈夫です。

成約型記事の戦略と書き方まとめ【コンサル生限定コンテンツ】 商品の成約を狙う2つの記事投入戦略 商品の成約を狙って記事を投入していく場合、2つの戦略があります。 成約に...

タグ

タグとは記事の小カテゴリみたいなイメージです。

昔はここにキーワードをぶち込みまくるとSEO上効果がある説が主流でした。

しかし今は、明確にユーザーの利便性を高められる設計にしないのであれば、基本的に設定しなくてOKです。

タグを設定すると、”○○のタグが付いた記事一覧ページ”みたいに、タグの数だけ内部ページが増えます。

でも、もしそこに1記事だけしか記事が入っていなかったら逆に評価を下げることになりかねません。

記事の分類はカテゴリーですればOKです。

詳しく知りたいマニアックな方は「タグクラウド SEO」とかでググってみてください。

メタキーワード

メタキーワードとは、ページがどのようなキーワードと関係しているのか、クローラーに伝える役割があるものです。

基本的に設定しなくてOKです。

昔はここにキーワードをぶち込むとSEO上効果がありました。

ですが、皆がキーワードをぶち込みまくって悪用された経緯から、現在はGoogleのクローラーはこのメタキーワードを無視しているので、SEO上効果はないと言われています。

Aさん
Aさん
いずれGoogleがメタキーワードを検索順位の評価基準として復活させる日が来るかもしれないから、それに備えて設定しておきたい!

というマニアックな方のために簡単に設定方法を書いておきます。

「All in One SEO Pack」導入している方は↑の画像の赤枠部分に入力します。

テーマ「JIN」を使っている方は↑の画像の赤枠部分に入力します。

入力例

「アフィリエイト、記事、書き方」「アフィリエイト、初心者」という2つのキーワードを狙う場合。

単語間は半角スペース、キーワード間は半角カンマで区切ります。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは検索結果で表示される記事の概要です。

メタディスクリプションの例

上記画像の赤枠の部分ですね。

PCだと約120文字程度が表示されます。

ユーザーに表示される部分で、クリック率に関わってきますので適切に設定していきましょう

  • 記事内容
  • 行動喚起

の2点を書いておけば大丈夫です。

例えば、

記事内容:初心者向けのアフィリエイト記事の基本的な書き方を分かりやすく紹介しています。

行動喚起:一通り記事の書き方を学びたい方はご覧ください。

こんな感じ。

All in One SEO Pack使用時の入力欄

「All in One SEO Pack」導入している方は↑の画像の赤枠部分に入力します。

JIN使用時の入力欄

テーマ「JIN」を使っている方は↑の画像の赤枠部分に入力します。

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は記事のサムネイル画像のようなものです。

記事に関連した画像を設定しておけばいいですね。

無料で使える画像素材サイトをこちらにまとめてみたので参考にしてみてください。

無料で使える画像素材サイトまとめこんにちは、miyanoです。 今回は、オススメの無料画像素材サイトをまとめてみました。 今まで数々の素材サイトを使ってきま...

noindexとnofollow

普段は両方とも設定する必要はありません。

noindex

noindex設定したページは検索結果に反映されません。

質の低いページ、キーワードを狙っていない記事、検索結果に載せたくないページなどに使います。

nofollow

設定すると、外部リンクした際にリンク先にページ評価の受け渡しを無効化できます。

信頼できないコンテンツへのリンクに対して設定するのが本来の使い方ですので、基本的には設定する必要はありません。

All in One SEO Packの入力例

「All in One SEO Pack」導入している方は↑の画像の赤枠部分に入力します。

JINを使用している際の入力例

テーマ「JIN」を使っている方は↑の画像の赤枠部分に入力します。

アフィリエイト記事の書き方まとめ

アフィリエイト記事の書き方まとめ

一通りの基本を詰め込んだらそこそこのボリュームになってしまいました。

最初から全て意識して書こうとすると時間がかかるかもしれませんが、慣れれば早くなりますので焦らずいきましょう。

僕も最初は1500文字の記事を書くのに3時間くらいかかっていましたが、今では倍以上のスピードになりましたので。

アフィリエイト全般はこちらにまとめていますので併せてご覧ください。

アフィリエイトの始め方完全ガイド【初心者向け】アフィリエイトの始め方が知りたい初心者向け。本記事では 動画でわかりやすくWordPressブログの始め方を解説しています。簡単にブログを作りたい方はご覧ください。...
About me
miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

なーんにも考えずに大学院まで卒業し、社会人になったいわゆる『敷かれたレールを歩いてきた』ゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのにいきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。
『受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…』と後悔したが、どうにか現状を変えるためにブログを始める。

現在はフリーランスとして独立し、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営などの活動が中心。
”誰にもやらされない働き方”で生きていくための情報を発信しています。

≫詳しいプロフィール