Google AdSense審査攻略のポイント【2017年3月】

WordPress, Google AdSnese

 

こんにちは、miyanoです。

 

今回は、Google AdSense審査の攻略法について

解説していきます。

 

Google AdSenseの審査は

年々厳しくなっていて、

特に2016年後半からは、審査用に対策していないと

ほとんど通らないレベルにまで厳格化されました。

 

アドセンスで稼いでいくためにはまず

突破しなければいけないステップですので、

ポイントをおさえてスムーズに審査を突破してくださいね。

 

 

 

 

Google AdSense審査攻略のポイント【2017年3月】

 

アドセンス審査では、基本的に以下のポイントを

すべて満たしたブログにしてください。

 

基本的にAdSenseヘルプフォーラムのトピックから抜粋した

最低限のポイントになります。

 

そのため、これをすべて満たすのは必須として、

それ以外の諸所のポイントで申請に通らない場合もあります。

 

 

 

1. 独自ドメイン

従来は無料ブログでも審査を受けることができたのですが、

現在では独自ドメインを利用したブログでないと審査を受けることができません。

 

独自ドメインとは

****.com

といったサイトのURLのことですね。

 

これに対して、サブドメイン形式やサブディレクトリ形式

とよばれるドメインでは、審査申し込みができなくなっています。

 

サブドメイン形式とは

*****.example.com

のような形式で、

 

example.comという独自ドメインのサブとして

****の文字がぶら下がっている感じですね。

無料ブログはこれに該当してしまいます。

 

サブディレクトリ形式とは、

example.com/****

のような形式で、

 

example.comという独自ドメインの中の分類の1つとして

****の部分がぶら下がっている感じですね。

 

これらに該当しない独自ドメインでブログを作成してみてください。

 

 

2. 1000文字以上の記事を30記事以上

こちらはヘルプフォーラムで推奨されていた数字になります。

 

ボリュームに関しては諸説あるようですが、

他サイトの情報なども調べてみると

 

1000文字以上は必須レベルで

記事数は幅があるが20~30記事程度は欲しい

 

という感じになります。

もし20記事で審査に落ちた場合は記事数を増やして申請してみるといいと思います。

 

 

3. 見出しをしっかりつける

これはアドセンス申請にかかわらず、

ブログ執筆の基本ですが、見出しにはルールがあります。

 

WordPress, Google AdSnese

 

Googleのクローラー(プログラム)は、

この見出しのタグを参考にして記事内容を読み取っていくため

内容に沿って正しく見出しを付けていく必要があるということですね。

 

 

4. 段落や改行(ユーザビリティ)

これはユーザビリティ(読みやすい記事)にかかわる部分です。

 

全く段落分けや改行をしない文章というのは

かなり読みにくいですよね。

 

自分が読んでみて読みやすい構成にすれば大丈夫です。

 

 

5. 権利的に問題のある画像や動画を使用しない

画像や動画は使用した方がユーザビリティは上がりますが、

権利の侵害がポリシー違反にあたって不合格になるリスクがあるため

 

出来るだけ画像や動画は使用しない方が安全だといえます。

 

 

6. 文章をコピペしない

これは上の画像や動画に関連してきますが、

文章に関しても権利の侵害にあたる可能性がありますので

コピペするのはやめましょう。

 

 

7. AdSenseプログラムポリシーに違反する内容のコンテンツにしない

NGワードやNGネタはやめましょうということですね。

 

Google 広告が掲載されるページで、次を含めること、または次にリンクすることはできません。

・ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ

・暴力的なコンテンツ

・差別的な発言(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好 / 性同一性に基づく特定の個人や集団への差別や暴力を助長するコンテンツを含む)や、嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ(個人や集団に対する攻撃を奨励するコンテンツ)

・不適切な表現

・ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ

迷惑ソフトウェアに関するポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ

・不正なソフトウェアやアドウェア

・違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ

・絶滅危惧種を原材料とする商品を奨励、販売、宣伝するコンテンツ

・ビールやアルコール度の高い酒類の販売

・タバコやタバコ関連商品の販売

・処方箋医薬品の販売

・武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売

・授業や講義の課題、または論文の販売や配布

・報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ

・その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

AdSenseプログラムポリシーより引用)

 

気を付けていれば大丈夫だとは思いますが、

該当していなくてもこれらに関連するような内容にするのは避けた方がいいかもしれませんね。

 

意外と、アルコールやタバコ系もアウトなので避けた方が無難だと思います。

 

 

8. 読者の役に立つ内容にする

これはかなり重視される要素になってきているようです。

 

・独りよがりの日記的な記事

・ただ情報をまとめただけの記事

・過剰なタイトルやキーワードを詰め込んだ記事(中身がない)

 

などは価値がないとみなされてしまいますので避けてください。

 

問題解決の助けになるような内容に

自分自身の主観を混ぜてオリジナリティを出したような記事がおススメです。

 

 

9. 外部リンクは貼らない

「貼ってはいけない」というわけではありませんが、

 

リンク先のサイトがアドセンスのポリシーに違反したようなサイトだった場合、

自分のサイトもポリシー違反とみなされる可能性があるので

外部リンクは貼らない方が無難、ということです。

 

 

Google AdSense審査攻略のポイントまとめ

今回上げたポイントは、あくまで最低限のポイントになります。

 

これらを満たしていただいて、

あとは「読者に価値のあるコンテンツ」を作るという意識で

ブログを構築していくのがいいと思います。

 

【初心者向けアフィリエイト教科書を期間限定で無料プレゼント中!】